茶会でお茶をいただく。いけばなを愛でる。雅楽に酔いしれる。能や狂言、歌舞伎の舞台を鑑賞する―。
伝統文化・伝統芸能の奥深い世界を覗いてみましょう。

  1. トップ
  2. 伝統文化・伝統芸能
  3. 茶道
  4. 茶会へ行こう
  5. 茶会の流れ 茶席に入るまで(一例)

茶道

茶会へ行こう

茶会の流れ 茶席に入るまで(一例)

席入りの時間が決まっている茶会であれば、少し前に到着します。会場に着いたらまず、受付であらかじめ購入した茶券を渡します。芳名録などに記帳する場合は、丁寧に書くよう心がけます。

控えの部屋では、足袋(たび)やソックスに履き替えるなどの身支度を済ませます。洋服の場合も白いソックスに履き替えるような心構えが必要です。ここでは指輪やアクセサリー類、腕時計などを外し、茶席で必要でない荷物は風呂敷などに包んで預けます。
茶席に入る順番を待つ場所を待合(まちあい)といいます。待合では客の座る場所の決まりはありません。掛物(かけもの)など床の飾り付けを拝見し、また当日の茶会記、道具の箱書(はこがき)などが置いてあれば拝見します。

待合にて

著者紹介

茶道資料館

茶道具や美術工芸品の鑑賞と茶道体験を通じて日本の文化を体感できる美術館。
茶室「又隠(ゆういん)」うつしの展示や茶道関係の図書を閲覧できる今日庵文庫も併設。
初心者、流派を問わず、誰でも気軽に入館し、茶の心に触れることができる。

茶道
華道
雅楽
狂言
歌舞伎