茶会でお茶をいただく。いけばなを愛でる。雅楽に酔いしれる。能や狂言、歌舞伎の舞台を鑑賞する―。
伝統文化・伝統芸能の奥深い世界を覗いてみましょう。

  1. トップ
  2. 伝統文化・伝統芸能
  3. 茶道
  4. 茶会へ行こう
  5. 茶会と茶事 濃茶と薄茶について

茶道

茶会へ行こう

茶会と茶事 濃茶と薄茶について

お茶を連客で回し飲みをする(ドロっとした濃いお茶を飲む)、みなさんがよく思われているお茶は、濃茶(こいちゃ)とよばれるものです。

現代では抹茶を一服飲むことを中心とする会を茶会といい、料理(懐石=かいせき))や濃茶まで含む正式な会を茶事(ちゃじ)といいます。

茶事では喫茶と食事を含みます。喫茶とは、濃茶と薄茶(うすちゃ)のことです。濃茶は客の人数分の抹茶を一つの茶碗に練った濃い茶を連客で回し飲みをして頂きます。主客の絆を深めあい、千利休(せんのりきゅう、1522-1591)から連綿(れんめん)と続く茶の縁(えにし)を感じながら、「一期一会(いちごいちえ)」を楽しむことができます。茶事は稽古を重ねた人同士が行う儀式的な要素のある会です。

通常、茶会でいただくお茶とは一般に「薄茶」「抹茶」「お薄」と呼ばれているお茶のことで、1人1碗でいただきます。

濃茶(上)と薄茶(下)

著者紹介

茶道資料館

茶道具や美術工芸品の鑑賞と茶道体験を通じて日本の文化を体感できる美術館。
茶室「又隠(ゆういん)」うつしの展示や茶道関係の図書を閲覧できる今日庵文庫も併設。
初心者、流派を問わず、誰でも気軽に入館し、茶の心に触れることができる。

茶道
華道
雅楽
狂言
歌舞伎