古都京都では、貴重な文化財に触れ合う機会がたくさんあります。
ここでは現地で役立つ文化財を知りましょう。

  1. トップ
  2. 文化財
  3. 絵画
  4. 画家を知る
  5. 狩野山楽と海北友松

絵画

画家を知る

狩野山楽と海北友松

「狩野山楽(かのうさんらく、1559-1635)」と「海北友松(かいほうゆうしょう)」。どちらも武士の血が流れています。

山楽は木村重頼といい、少年時代は後に永徳(えいとく)の弟子となって、秀吉お抱えの絵師となります。伏見城の障壁画の多くはこの山楽が手がけています。しかし徳川の世となってから山楽は居場所をなくしますが、後に許され、狩野宗家の探幽(たんゆう)らと共に仕事を徳川家から与えられることもありました。しかし山楽は養子の山雪(さんせつ)と共に京に留まり、後に「京狩野」と呼ばれるようになり、主に寺院からの仕事を請け負うようになります。

また海北友松は元、浅井家の重臣筋の生まれで、浅井家滅亡の後は出家して、少年時代を東福寺で過ごし、後に画家として大成し、建仁寺や妙心寺など禅宗寺院に数多くの作品を残しています。また友松は明智光秀(みつひで)の重臣、斎藤利三と親友で、山崎の合戦後はその娘「ふく」を引き取り、親代りに面倒を見たそうです。その「ふく」こそが、後の「春日局(かすがのつぼね)」です。

妙心寺龍虎図屏風

著者紹介

小嶋一郎

京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員。京都検定1級初代合格者。
京都の文化財や文化などをPRする「宣京師」として講演・執筆活動中。
著書に『もっと京都がわかる250問』(淡交社刊)ほか。

寺院
神社
庭園
仏像
茶室
絵画