古都京都では、貴重な文化財に触れ合う機会がたくさんあります。
ここでは現地で役立つ文化財を知りましょう。

  1. トップ
  2. 文化財
  3. 絵画
  4. 画家を知る
  5. 狩野永徳と長谷川等伯

絵画

画家を知る

狩野永徳と長谷川等伯

織田信長や豊臣秀吉など天下人の象徴、城内の障壁画群、また彼らが修理を命じた御所の障壁画群。「狩野永徳(かのうえいとく、1543-1590)」が家督を継いでからは、主な発注はほとんど狩野派で占めていました。祖父の築いた職業技能集団としてのシステマティックな仕事ぶり、つまり分業制による障壁画の制作が、大量注文の受注を可能にしたのです。

遅咲きの天才絵師と言われる「長谷川等伯(はせがわとうはく、1539-1610)」も最初は、狩野派の絵師でした。しかし、歯車的に仕事をこなす狩野派の方針について行けず、独立し長谷川派を立ち上げます。おそらく面識のあった千利休のとりなしでしょうか、豊臣秀吉から大きな仕事を任されました。愛児鶴松の菩提を弔うために建てた「祥雲禅寺」の金碧障壁画。そう今に伝わる智積院(ちゃしゃくいん)の国宝障壁画です。息子や門人と共に長谷川派総出で完成させたのですが、その直後、後継ぎの久蔵(きゅうぞう)が26歳で若くして亡くなってしまいます。

また画檀のシェア争いをしていたライバルの狩野永徳も48歳の働き盛りでこの世を去ります。等伯は晩年江戸の将軍家に呼ばれ、その帰りの旅の道中で亡くなりました。享年72歳。

智積院楓図※5月まで出品中

著者紹介

小嶋一郎

京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員。京都検定1級初代合格者。
京都の文化財や文化などをPRする「宣京師」として講演・執筆活動中。
著書に『もっと京都がわかる250問』(淡交社刊)ほか。

寺院
神社
庭園
仏像
茶室
絵画