京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi
2018年8月の京都観光   
 催し
ゆかたdeなでしこ
平成30年8月4日(土) 13:30~17:30(受付〜13:00)
ゆかたを着て,美しく自分を魅せる様々な所作をプロのモデル講師から学び,楽しむイベントを開催します。
lesson1 着くずれなし!?自分でかんたん着付け&トレンドゆかたアレンジレッスン
lesson2 プロのモデル講師直伝 ゆかた美人にグッと近づく所作レッスン
lesson3 所作実践編!1回きりのゆかたモデル体験&プロのモデルSHOW
close ここだけのフォトジェニックな空間を楽しもう!

参加人数:女性限定 50名
参加費 :1,000円(税込)
申込方法:ワコールスタディホール京都のwebサイトより申込ください。
https://www.wacoal.jp/studyhall/event/yukata-de-nadeshiko.html

→チラシはこちら

都草・京の四方山ばなし 講演テーマ「新撰組と幕末の京都」
平成30年8月4日(土) 14:00~15:30
井筒八ツ橋本舗 京都まちなか案内文化サロン「都草・京の四方山ばなし」は、井筒八ツ橋本舗とNPO法人京都観光文化を考える会・都草が共催する市民講座です。
世界的な歴史都市・観光都市である京都には、千年以上にわたって育まれた奥深い歴史とともに、現在でも様々なしきたりや祭行事などが、暮らしのなかに連綿として息づいています。そしてその中には多くの情報が蓄積されています。「都草・京の四方山ばなし」は、通常の観光情報では得られないお話を織り交ぜながら、市民や観光客のみなさんに京都の魅力をお伝えする市民講座です。講師:林 寛治

事前予約制(井筒八ッ橋本舗京極一番街あて(075-255-2121))
当日来所も受付※ただし、定数(約40名)を超える場合は、立ち席又はお断りすることがございます。

京の七夕 ゆかたショー
平成30年8月4日(土)~5日(日) 午後2時,午後4時
京都の夏を彩るきものイベントです。
本格的な舞台で,プロのモデルと一緒にゆかたショーに参加してみませんか?
この夏の思い出づくりに,お友達・ご家族で,思いきってチャレンジしよう!

→チラシはこちら

夏の七夕企画 特別講座 「水墨画の美に親しむ」vol.2
平成30年8月5日(日)  ①10:00~12:00 ②14:00~16:00 ※西日本豪雨の影響により7月7日から日程を変更しております。
お軸や日本画でよく目にする墨の表現。それは常に墨と筆、紙の特性を活かして描かれています。今回は実際に和紙にいろいろな濃さの墨で描いてみながら、筆と墨の感覚を味わってみましょう!
題材は風に涼やかにたなびく「青もみじ」。ワークショップ形式で、最後には水墨画で扇子に絵付けをして、お持ち帰りいただけます。制作の楽しみと合わせて、美術館などでの水墨画の観賞ポイントなどをわかりやすくご紹介します。墨の世界、今までよりもずっと美しく見えます。
定 員 20名(要予約・先着順)
講 師 村田隆志(大阪国際大学 准教授)

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event-0707/

→チラシはこちら

五条坂 陶器まつり
平成30年8月7日(火)~10日(金) 9時~22時
陶器市(まつり)は陶磁器業が集まり、陶祖大神を祀る祭礼・若宮八幡宮大祭の催事のひとつです。
規模が大きく、大正初期に始まったという古い陶器市としても知られ、京焼発祥の地の五条坂で開催。五条坂の両側に約400軒もの店が並び、期間中全国から約50万人もの人が訪れます。最大の特徴は京焼をはじめ、有田・唐津・信楽など各地の焼物が揃い、しかも市価の30~50%で買えることです。

京の七夕 京友禅フェア
平成30年8月4日(土)~10日(金) 15:00~21:00(受付〜20:00)
京の七夕期間中に、職人さんによる実演と制作体験で京友禅」とふれあうイベントです。
○制作実演
紋上絵工程8月4,5日 型彫工程 8月6,7日
手描友禅彩色工程 8月8〜10日
○体験コーナー(無料)
手描染ハンカチ 8月4〜10日 所要約1時間
型染テーブルセンター 8月4〜10日 所要約20分

※各体験は1日約40枚(先着順)

京の七夕(たなばた)
平成30年8月4日(土)~10日(金) (堀川会場)
過去から受け継がれてきた「一年に一度、願い事をする」という行事「七夕」。全国からさまざまな願いを募り、京都ならではの七夕まつり「京の七夕」を行います。
【会 場】 (昨年例)
● 堀川(御池通~一条戻橋付近)
● 鴨川(仏光寺通~御池通)
● その他周辺施設(元離宮二条城、西陣織会館等)
竹と光の演出で作るアート作品の展示などと、京都の寺院、神社での七夕飾りや夜間特別拝観及びライトアップなど。

第56回企画展 結ぶ 贈答の美 展
平成30年4月23日(月)~8月10日(金)
「結び」の場である贈答の機会を、人生の通過儀礼と季節の贈答に大別し、それぞれの内容を表現した袱紗やふろしきを中心に、人の縁を結ぶ品々、そして結ぶことで生まれた形である水引飾りを、当社所蔵のコレクションより選出し、展示いたしました。
「結ぶ」ことで生まれる多様な美をご覧頂く企画です。

→チラシはこちら

清水幹子 陶展 ~やさしいうつわ~
平成30年7月27日(金)~8月11日(土) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
清水幹子さんは、やさしい魅力あふれる器を作られています。
まず、たたら成形で形をつくられますが、軟らかい板状の土が型に沿って曲げられて生まれる形は、柔らかなやさしみが魅力です。 また、御本(土の中の鉄分によって自然に発色する斑紋)の淡い赤色と、絵付けの穏やかな色調のハーモニーも素敵です。
清水さんの、やさしいうつわの世界から、お気に入りの品を探しにお越しくださいませ。

清水幹子 陶歴

1970年 京都府出身
1991年 京都芸術短期大学卒業
     森俊山製陶所にて修業
1997年 京都府立陶工高等技術専門校
図案科卒業
1998年 独立
2004年 伝統工芸士に認定

入選  京展、全関西展、朝日陶芸展、女流陶芸展

京鹿の子絞 体験教室
平成30年8月10日(金)~12日(日) 13時30分~16事30分(受付終了16時00分)
京鹿の子絞ハンカチ・黒谷和紙で作るうちわ又は風鈴体験
先着20名、定員になり次第終了

→チラシはこちら

第41回京都こども美術展
平成30年8月10日(金)~12日(日) 10:00~17:00(入場は16:30まで)
(※最終日のみ入場16:00まで、16:30閉館)

京都府下の小学生・幼児による想像力あふれる作品を募集し、21世紀を担うこども達の豊かな感性と無限の可能性を期待して、毎年開催している児童絵画展です。

七夕笹飾りライトアップ
平成30年7月1日(日)~8月15日(水) 日没~20時頃
参拝者の願いをしたためた短冊が青笹に吊るされ、優しい光に浮かびます。

五山送り火
平成30年8月16日(木) 20時点火
夏の夜空を彩る「五山送り火」は、お盆の精霊を送る伝統行事。 東山に大の字が浮かび上がり、続いて、松ケ崎に妙・法、西賀茂に船形、衣笠に左大文字、そして、嵯峨に鳥居形が点ります。(点火時間は各山とも約30分間。気象条件によっては点火時刻を変更する場合もあります。)

□大文字(東山如意ヶ嶽)
 点火時間:20時
★護摩木の受付(無くなり次第終了)
 銀閣寺門前
 15日 正午〜19時 16日 6時〜14時

□妙法(松ケ崎西山・東山)
 点火時間:20時5分

□船形(西賀茂船山)
 点火時間:20時10分
★護摩木の受付(無くなり次第終了)
 西方寺駐車場
3日〜16日 8時〜16時(16日は〜10時)※4日・8日は受付なし

□左大文字(大北山大文字山)
 点火時間:20時15分
★護摩木の受付(無くなり次第終了)
 金閣寺門前
6日9時〜14時30分 15日9時〜15時 16日7時〜14時

□鳥居形(嵯峨曼荼羅山)
 点火時間:20時20分
★護摩木の受付(無くなり次第終了)
 右京区嵯峨鳥居本小坂町府道50号線八体地蔵付近
13日〜15日 10時〜16時 16日 9時〜15時

問合せ:京都総合観光案内所(JR京都駅2階)
京なび 電話 075-343-0548
https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

----------------------------------------------------------------------

■2018年京都五山送り火オリジナルグッズ
期間:平成30年7月中旬頃より発売予定
●内容
・絵はがき(5枚1組) 200円
・扇子 2,200円
・手ぬぐい 650円 (価格はすべて税込)
京都総合観光案内所・京都市河原町三条観光情報コーナー・京都市交通局市バス地下鉄案内所・市内百貨店 (大丸・髙島屋のみ)などで発売
https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/goods.html(京都五山送り火HP)

嵐山灯篭流し
平成30年8月16日(木) 19時〜21時頃(小雨決行) 受付:12時〜20時30分
灯篭流しは19時~21時頃迄(受付は10時30分~20時30分)、嵐山中ノ島公園にて行われます。「鳥居形」と灯篭流しを同時に見ることができます。どなたでもご自由に参加できます。
灯籠 1基 1,000円

清水寺千日詣り・宵まいり
平成30年8月9日(木)~16日(木)  9時~17時(受付終了)
14日~16日は夜間拝観が可能(21:00 受付終了)

1日のお参りで千日分のご利益があるといわれる観音さまの最大の功徳日。本堂の内々陣でご献灯ができ、8月14~16日には、11時と20時に法要が営まれます。千日詣りに併せ、宵まいりが実施され、夜の特別拝観と本尊ご宝前での献灯ができます。

納涼古本まつり
平成30年8月11日(土・祝)~16日(木) 10時~17時30分(最終日は16時まで)
西日本から約40店舗もの古書店が参加。80万冊以上の古本が販売されます。

遍照寺灯籠流し
平成30年8月16日(木) 19時頃~
各霊を回向し、灯籠を池に流します。
灯籠 1基 1,000円

夜間特別拝観 燈明会
平成30年8月1日(水)~18日(土) 日没~21時30分(受付終了)
秀吉の命日8月18日にかけて行われる燈明会です。伽藍や庭園が闇に照らされ、参道には、約900張の燈明会提灯が灯されます。

映画村ナイターまつり
8月上旬~中旬の土日祝を中心に開催 17時~21時
夕暮れ時から幻想的にライトアップされたオープンセット。時代劇イベントはもちろん、ナイターまつりならではのイベントなど、見どころ満載!

「なでしこ」日本女性の繊細美 -写真と書の表現-
平成30年8月15日(水)~21日(火) 11:00~19:00(最終日16:00まで)
イタリア、ミラノ在住プロフェッショナルフォトグラファーFlavio Gallozziの新シリーズ「なでしこ」の日本初公開のご案内です。
今回は、Gallozzi独特の視点で日本女性の美を捉えたモノクローム写真と、書家・華翔のコラボレーション。Gallozzi自らが影響を受け選んだ、日本文学作品の文章の一節を、華翔が開放感溢れる創造的な表現で創る、書が加わります。日本女性の奥深い艶かしさ、美しさを、二人のアーテイストがそれぞれの感性で表現する日本女性の繊細美、写真36点・書21点を展示いたします。

https://www.nishiri.co.jp
http://www.flaviogallozzi.com/art

→チラシはこちら

京都dddギャラリー第217回企画展 TDC2018(巡回展)
平成30年7月3日(火)~8月21日(火)
東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2018」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。今年も洋の東西や世代を越えた幅広いジャンルの作品が集まり、タイポグラフィシーンの最前線を感じさせるバラエティに富んだラインナップとなりました。

■ギャラリートーク
亀倉雄策賞を受賞し注目される講師は、映像作品 「エイドリアンーよむきくをまぜる試み」でTDCのRGB賞を受賞。「わかる!」という快感が脳に広がる楽しいレクチャーをご体験下さい。
講師:中村至男(グラフィックデザイナー)
日時:2018年7月6日(金)17:00-18:00
会場:京都dddギャラリー
参加無料、定員50名、要予約
6月8日(金)より受付を開始します。
参加ご希望の方はギャラリーHPよりお申込みください。

■オープニングパーティ
日時:2018年7月6日(金)18:00-19:00
会場:京都dddギャラリー

■中村至男 子供向けワークショップ「どっとこワークショップ-ドット絵を作ってみよう!」
体の全てがドットだけでできた動物のいる不思議な動物園。そんな世界を舞台にした絵本 「どっとこどうぶつえん」を読んで、自分なりの絵を作り、発表してもらいます。
講師:中村至男(グラフィックデザイナー)
日時:2018年7月7日(土)14:00-16:30
会場:京都市右京ふれあい文化会館 https://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/
参加無料、定員12名、要予約 
応募対象 : 4歳〜9歳(保護者ご同伴でお願いします)
※6月8日(日)より受付を開始します。
参加ご希望の方はギャラリーHPよりお申込みください。
※お名前欄に参加されるお子様のお名前のみご記入ください。
作品や制作風景はTDC展会期中、会場にてご紹介します。

■講演会 文字を見る、文字で伝えるーデザインの国際賞「東京TDC」とタイポグラフィ
講師:照沼太佳子 (東京TDC事務局長)
日時:2018年7月12日(木) 16:30-17:30 
会場:同志社女子大学 京田辺キャンパス ラーニングコモンズ イベントスペース
参加対象:在学生および一般 定員150名(申込不要、入場料無料)
主催:同志社女子大学 メディア創造学科
協力:公益財団法人 DNP文化振興財団

→チラシはこちら

画像:design by Katsuhiko Shibuya

京都市共催企画「きものを知る」 第2回 ‒秋の装い‒のご案内
平成30年8月25日(土) 10:00~12:00
日本文化の象徴「きもの」。それをはぐくむ時代ごとの人の営みや、素材の背景を学ぶ講座を実施します。京都の老舗呉服 おぎわら様を講師に招き、着物の選び方や素材について説明し、着付けのデモンストレーションも行います。様々なきものを実際に目の前に着物の選び方を身につければ、和の世界がもっと身近になります。今回のテーマは秋。紅葉や二十四節気のうちの重陽の節句にちなんだ菊の柄の着物をたくさんご覧いただきながら、それらの持つ深い意味を学びます。

定 員   20名(要予約・先着順)
講 師   荻原 真衣
協 力   呉服おぎはら

以下URLより講座詳細をご確認いただけます
https://murin-an.jp/events/event-20180825/

→チラシはこちら

八瀬えいでん《駅》地ビール祭り
平成30年8月25日(土)
八瀬比叡山口駅に停車した電車を「ビアトレイン」、ホームを「ビアホーム」と名付け、普段とは違った雰囲気の中でおいしい地ビールとフードをお楽しみいただけます。

https://eizandensha.co.jp/event/detail703/

→チラシはこちら

愛宕古道街道灯し(ふるみちかいどうとぼし)
平成30年8月23日(木) 18時~21時頃
8月24日(金)、25日(土) 19時~21時頃

化野念仏寺千灯供養の日に合わせ、お地蔵様に見立てたジャンボ提灯がたてられます。また、家々の軒先には子供達が描いた提灯が、訪れた人々を懐かしい時代に誘います。

文化財鑑賞と朝がゆ体験
平成30年7月7日(土),7月14日(土),8月25日(土) 
~頭に智慧,心に栄養を~
早朝のさわやかでゆったりとした空間の中で,京都が世界に誇る文化財を鑑賞し,「朝がゆ」をいただきます。
いにしえから伝わる京都の文化財にふれ,心を潤す至福のひとときをお過ごしください。

●平成30年度 開催日程(全3回)
◇第1回 7月 7日(土)
金戒光明寺(左京区)定員80名
◇第2回 7月14日(土)
知恩院(東山区)定員80名
◇第3回 8月25日(土)
萬福寺(宇治市)定員80名

※ 開催時間は、各回とも午前7時30分~10時(開始15分前にご集合ください)。
※ 文化財鑑賞と講和,朝がゆ体験(萬福寺では坐禅体験があります)。

詳しくは コチラ

KID’S ACADEMY!!
ホテルのお仕事&京都の伝統工芸を体験!!

平成30年7月21日(土)~8月26日(日) ※期間中でプログラムごとに開催日の設定があり。
夏休み期間中に小学生を中心にホテリエを体験できるプログラム「ホテリエになろう!」、子ども向けのお料理教室「シェフになろう!」を開催。同行の お父様、お母様は、ホテルに到着したお客様として、またチェックインするお客様として、さらに、ちびっこシェフの腕前を味わうレストランのお客様として体験に参加。お子様の奮闘ぶりを間近に見ることができます。また、今回は京都の伝統工芸に携わる職人さんをお招きし、子供向け体験教室も開催いたします。お食事はプログラムごとのレストランをお楽しみいただけます。

https://www.tokyuhotels.co.jp/kyoto-h/information/36192/index.html

→チラシはこちら

「無鄰菴ティースクール」vol.3 -お茶で心を和ませる人になりましょう- を開催します!
平成30年8月26日(日) 14:00~16:00
この講座では、普段なかなか目にすることのない有機栽培や自然栽培のお茶を積極的に取り入れ、煎茶からウーロン茶まで、シーンに合せて日本茶を上手に選び、味わい、愉しむための知識とスキルを学びます。
毎回、講座の始めにはサイレントテイスティングの時間を設けます。
庭園のせせらぎやお茶をそそぐ水音に耳をすませて、感覚を研ぎ澄ませます。
回を重ねるごとに新たなお茶の世界が広がり、今までと違った愉しみ方と共に上手な時間の過ごし方を身につけます。

定 員 20名(要予約・先着順)
講 師 ハーブレヒツ淡月庵 ティアス宗筅

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event-0826/

→チラシはこちら

匠と舞
舞妓舞台 8月19日(日)
芸妓舞台 8月26日(日)
両舞台とも14時~、14時30分~、15時~(各回約15分)

舞妓さん・芸妓さんの舞台をお楽しみいただけます。

職人による製作実演もございます。詳しい予定はHPにて。
8/21(火)、8/22(水)は休館日。

http://kmtc.jp

京都料理芽生会『現代の京の伝統野菜のあり方を考える』
平成30年8月28日(火) 午前11時~午後3時(受付10時30分より)
昭和61年頃から、当時の京都料理芽生会は 若手生産者の方々と共に「復活させよう、京の伝統野菜」という運動を盛んに行いました。それによって、曖昧だった「京の伝統野菜」が定義づけられ、今日に至ります。

約30年後の今、伝統野菜を取り巻く環境はどのように変化しているのでしょうか。伝統野菜の現状を知り、今後の歩みについて考えていきます。


■内容:
 パネルディスカッション
  髙橋英一氏 南禅寺 瓢亭 14代
  田鶴 均氏  京野菜生産者
  山本謙治氏 株式会社グッドテーブルズ 代表取締役社長
        農畜産物流通コンサルタント/農と食のジャーナリスト
  ファシリテーター
   髙橋義弘氏 南禅寺 瓢亭 15代

 食事
  京都料理芽生会東地区代表の1日限定の特別懐石
  店舗による京野菜をふんだんにつかった夢のコラボレーション懐石料理をお楽しみいただきます。

  割烹 いがらし/いそべ/いづう/圓堂/二軒茶屋 中村楼/瓢亭/美濃吉/八千代
  ※スケジュール・内容は都合により変更となる場合がございます。

■会場:京懐石 美濃吉本店 竹茂楼
    京都市左京区粟田口鳥居町65

〔主催〕 京都料理芽生会
〔後援〕 京都府 京都市
     公益社団法人 京都府観光連盟
     公益社団法人 京都市観光協会
〔協賛〕 竹本油脂株式会社
〔協力〕 文化庁 地域文化創生本部
     京都料理芽生会 賛助会 美濃吉
〔企画協力〕 株式会社ぐるなび
〔京都料理芽生会東地区会員〕
 割烹 いがらし、いそべ、いづう、いもぼう平野家本家、ぎをん 梅の井 陶泉房、圓堂、菊水、菊乃井、岡崎 つる家、なか一、二軒茶屋 中村楼、はり清、瓢亭、ぎをん 萬養軒、美濃吉、杢兵衛、八千代

チケットの購入、詳細はこちら
https://gurusuguri.com/shop/kyoto365/ev20180828/
※予定人数に達しましたら、お申込を終了させていただきます。

→チラシはこちら

北浦真保 陶展 ~生きとし生けるもの~
平成30年8月17日(金)~29日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
北浦真保さんは、これまでカタツムリなどの生き物をモチーフに、生命感あふれる造形を制作されてこられました。 最近では「生き物」の考えの幅が広がりつつあるようです。
本展では、特に「信仰や民俗の中に生きているもの」をモチーフに、アジアの古美術に見られる陶芸のフォルムを研究しながら造形された作品が並びます。 長い歴史の中で人々に考えられ、伝えられてきたものには深い魅力があります。それらを彼女の造形力で再解釈した作品は、また新しい魅力にあふれています。
北浦さんの創り出す「生きとし生けるもの」の世界観を、是非お楽しみ下さいませ。

北浦真保 陶歴

1994年 大阪に生まれる
2013年 四日市萬古陶磁器コンペ2013 審査員特別賞
2015年 グループ展「SEE MORE」(京都嵯峨芸術大学)
「碗・わん・ONE展」 (京都陶磁器会館)
2017年 京都精華大学 芸術学部 素材表現学科 陶芸コース 卒業
グループ展「March!」
(ギャラリー恵風)
「碗・わん・ONE展」
(京都陶磁器会館) 優秀賞
「2017 京都花鳥館賞奨学金」
優秀賞

現在、同大学 前期修士課程2年 在籍中

京の里山マルシェ
平成30年7月12日(木),19日(木),26日(木),8月23日(木),30日(木)
京都の北部には,豊かな自然と長い歴史により培われた生活・文化が根付いています。そんな北部山間地域の特色を活かした「ものづくり」を営む職人らによる物販を二条城で行います。
 北山杉を加工した木工品をはじめ,里山の魅力が詰まった作品を販売します。是非お越しください。
【出展者一覧】
・㈱K・Kファーム
・工房仙太
・葵工芸
・京北銘木生産協同組合
・井口木材
・革工房TAKU
・よろず庵
・道の駅ウッディ―京北

京都伝統産業ふれあい館ギャラリー企画展 「京都手描友禅協同組合作品展 絢爛(けんらん)たる“きもの”の饗宴(きょうえん)」
平成30年7月5日(木)~8月31日(金) 午前9時~午後5時 ※8月21日(火)、8月22日(水)は閉館
代表的な手描友禅作品である“きもの”を中心として作品の展示を行います。展示は約2週間で入替を行いますので,期間によって様々な作品をお楽しみいただけます。京友禅の“きもの”の華やかさに加え,専門職人の感性や多彩な「匠の技」の奥深さを感じていただければ幸いです。

初タイアップ企画!夏限定!
無鄰菴・旧三井家下鴨別邸・岩倉具視幽棲旧宅
明治のプライベート空間をめぐりましょう

平成30年7月20日(金)~8月31日(金)
日本が近代化に走る中、明治という時代を築いた人々は、一体どのような暮らしをしていたのでしょうか。この夏、激動の明治の幕開けを語る史跡「岩倉具視幽棲旧宅」、江戸期の大店から一大財閥へと成長した豪商が贅を尽くした建築「旧三井家下鴨別邸」、そして西欧各国との外交盛んな時期に現れた近代日本庭園「無鄰菴」の3つのプライベート空間をめぐりましょう。
涼やかな木陰に目をこらせば、すぐそこに、まだ、当時の人々の生活の息づかいが感じられます。各施設では無料で施設のガイドを行っております。

以下URLより詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/combination-ticket2018/
どうぞよろしくお願い申し上げます。

→チラシはこちら

  • 明治のプライベート空間をめぐりましょう
  • 明治のプライベート空間をめぐりましょう


夏の京都水族館夜間延長営業!
平成30年7月後半~8月末日(受付19時まで) 当日中であれば再入場もOK!
爽快なイルカパフォーマンスや「京の海」大水槽、「ペンギン」でごはんのようすを見ることができるフィーディングプログラムなど、京都水族館の夏はお楽しみがいっぱい!

WOW!金魚あそび
平成30年7月7日(土)~9月2日(日)
京都水族館は、金魚の新感覚展示を3つの体験を通じて楽しめる「WOW!金魚あそび」を開催します。人の動きに合わせて金魚や水の波紋が変化する今話題のテクノロジー、太古の京都の森と泉を再現した水槽、そして金魚のルーツを学ぶ展示など、これまでにない「見る・知る・感じる」体験を通じて金魚の文化や不思議な魅力を知ることができます。

詳細はコチラ http://www.kyoto-aquarium.com/news/2018/06/kingyoasobi.html 

営業時間:10時~18時 入場、チケットおよび年間パスポートの購入・手続きの受付は閉館の1時間前まで。
期間中の7月14日(土)~7月16日(祝・月)、7月21日(土)~8月31日(金)は営業時間を10時~20時まで延長。
8月11日(祝・土)~8月15日(水)は営業時間を9時~20時まで延長。

ジャルダン・デ・ルミエール -光の庭園-
平成30年7月28日(土)~9月2日(日)の土・日・祝日と8月7日(火)、13日(月)~16日(木)
受付:10時~20時(点灯は日没~)

庭園や陶板画をキャンドルやイルミネーションでライトアップ、ロマンチックな夜が演出されます。またカフェテラスからは琵琶湖、京都市街の夜景が一望のもとに。

下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ
平成30年8月17日(金)~9月2日(日)
参拝時間後の糺の森の参道沿いの木々をライトアップし、また参道から楼門内までに無数の光る球体を設置。全てが、呼応するインタラクティブアートを展開します。

第49回 装研会
平成30年8月31日(金)~9月2日(日)
京都表装協会青年部が表装の新たな形式や技術またはその可能性を求めた研究作品を発表する会

※9月2日(日)15時より出品者による説明会を実施

→チラシはこちら

京都日吉製陶協同組合 青年会展
平成30年8月31日(金)~9月12日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
京都日吉製陶協同組合青年会の展覧会を開催いたします。
「日吉」地区は、東山の智積院の南側に位置し、100余年の歴史を有する製陶地域で数多くの窯元が軒を連ねています。地区の中には「京都日吉製陶協同組合」があり、本展はその青年会の展覧会です。2階ギャラリーには各々の作品を、1階展示場には酒器を展覧いたします。また、京都日吉製陶協同組合の組合員の作品も併せて展覧いたします。
お気に入りの逸品を探しに、ご高覧下さいませ。

出品者

市川正吉  伊藤竜也  巌田健
加藤邦起  高島慎一  髙野洋臣  土谷聡

La・La・Fin CIRCUS~第1章「友情」~
平成30年7月21日(土)~9月21日(金) 営業時間:10時~18時
※入場、チケットおよび年間パスポートの購入・手続きの受付は閉館の1時間前まで。
※期間中の7月21日(土)~8月31日(金)は営業時間を10時~20時まで延長。
8月11日(祝・土)~8月15日(水)は営業時間を9時~20時まで延長。

国内水族館で初めてエイベックスが演出を手掛けるイルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」~第1章「友情」~が開催される。プログラムは年間を通して、全4章(予定)で構成され、京都水族館の「イルカスタジアム」を舞台に、1回約20分の劇場型イルカパフォーマンスが楽しめます。

http://www.kyoto-aquarium.com/news/2018/07/lalafincircus1.html

→チラシはこちら

嵐山の鵜飼(うかい)
平成30年7月1日(日)~8月31日(金)19時~21時(乗合船は19時、20時) ※8月16日(木)運休
9月1日(土)~9月23日(日・祝)18時30分~20時30分(乗合船は18時30分、19時30分)

歌人(在原業平)の歌にも詠まれ、古来より行われていた嵐山の鵜飼は伝統の“夏の風物詩”。嵐山に流れる大堰川に船を浮かべ、かがり火の中、古式漁法の鵜飼の見物を楽しみます。ゆったりとした屋形船の中で料理をいただく贅沢、そして鵜匠の手綱さばきを眺める楽しい一夜です。

≪乗合船≫
時間 19時、20時(9月1日以降は18時30分、19時30分)
料金 1,800円(大人) 900円(小人:4歳~小学生まで)

≪貸切船(予約制)≫(乗船時間二時間以内・食事持込み可)
料金 40,000円 10人乗
   70,000円 20人乗

「世界遺産 二条城の夏」の実施について
平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
世界遺産二条城では,二条城の価値・魅力を多くの方々に実感いただくため,朝や夕方の涼しい時間帯にゆったり城内を観覧いただけるよう,今夏,入城時間を拡大します。
期間中,初の取組として,期間限定で国宝・二の丸御殿『遠侍二の間特別入室』を実施いたします。また,通常非公開の香雲亭で特別朝食の提供を行います。

(1)国宝・二の丸御殿遠侍(通称:虎の間)二の間特別入室
期間:7月4日(水曜日)~8月6日(月曜日)※火曜日は観覧不可。
観覧受付時間:前8時45分~午後6時10分(入城は午後6時まで)
内容 通常は廊下からのところ,遠侍二の間に特別に入室いただき,障壁画(竹林群虎図)や天井画,欄間彫刻を間近で鑑賞いただけます。

(2)清流園・香雲亭で朝御膳(完全予約制)
期間:7月1日(日曜日)~9月30日(日曜日)
時間:午前8時30分~午前9時30分
※午前8時20分に香雲亭にお越しください。
場所:清流園内の香雲亭(通常非公開)
内容:清流園を眺めながら朝食をお召し上がりいただきます。
    京料理いそべ「季節の一品付 京のゆば粥御膳」(1日40食限定)
料金:3,000円(税込)※入城料が別途必要です。
申込:6月1日(金曜日)から受付開始
前日午後4時までに御予約ください。
(予約希望日,氏名,人数,連絡先,アレルギー等をお伝え下さい)
電話:075-551-1203(受付時間午前10時~午後4時)

(3)重要文化財・二の丸御殿障壁画原画公開 松と花鳥~式台の間,2つの時代の障壁画~
期間:7月12日(木曜日)~9月9日(日曜日)
入館受付時間:午前9時~午後4時30分(閉館は午後4時45分)
場所:二条城障壁画 展示収蔵館
入館料:100円


画像:二の丸御殿遠待二の間、朝食

「世界遺産 二条城の夏」の実施について(第2弾)
平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
世界遺産二条城では,二条城の価値・魅力を多くの方々に実感いただくため,朝や夕方の涼しい時間帯にゆったり城内を観覧いただけるよう,今夏,入城時間を拡大します。
期間中,親子向けの星空探訪や城内のガイドツアー,早朝ネイチャーヨガを実施いたします。

(1)二条城で星空探訪(親子向け)
期間:平成30年7月20日(金曜日),9月15日(土曜日)。
時間:午後7時30分~午後8時30分(受付:午後7時~午後7時15分)
内容 小中学生とその保護者を対象に, 望遠鏡や双眼鏡を使って,夏の夜空を観察していただきます。 雨天時は,プロジェクターを使って ,夏の夜空について解説を行います。
参加申込:各日20組40名
参加料:1組500円(入城料不要)
申込方法:京都いつでもコールに電話,FAX,メールのいずれかで,参加全員の氏名(ふりがな),電話番号をお伝えください。
申込期間:7月2日~7月11日

(2)二条城で親子ガイドツアー(親子向け)
内容 小学校5年生~中学生とその保護者を対象に,二条城の城内を巡り,歴史等を学んでいただけるツアーです。
期間:平成30年7月28日(土曜日),29日(日曜日),8月4日(土曜日),5日(日曜日)
時間:午前9時~午前10時30分(受付:午前8時30分~午前8時45分)
参加申込:各日15組30名
参加料:1組1,000円(別途,入城料必要,市内にお住いの小中学生,市内の小中学生に通学の方は本人入城料無料)
申込:(1)同様
申込期間:7月12日~22日

(3)二条城で早朝ネイチャーヨガ 内容 早朝に爽やかでゆったりとした空気が流れる城内で,ネイチャーヨガを体験できます(対象18歳以上)。
期間:平成30年8月19日(日曜日),9月9日(日曜日)
時間:午前7時30分~午前8時30分(受付:午前7時~午前7時15分)
参加申込:各日150名
参加料:1,500円(入城料含む)
申込:(1)同様
申込期間:7月12日~22日
注意事項:ヨガマット等は各自で持参してください。更衣室はありませんので着替えてご来城ください。

 


しょうざん渓涼床 (けいりょうゆか)
平成30年4月27日(金)~9月30日(日)
清流のせせらぎを感じ、涼風をうけながら楽しむ食事。
山里で、街中で、それぞれの趣を楽しむ京都の夏の風物詩。

洛北・鷹ヶ峯の広大な日本庭園の中を流れる清流・紙屋川にせり出した床で、京料理と市中の喧噪を離れた静かなひとときが満喫できます。

→ 納涼床ページはこちら

京町家 夏のしつらえ ~町家の衣替え~
平成30年6月1日(金)~9月30日(日)(予定) 9時~17時
現在ではあまり目にしなくなった、すだれやあじろ。町家では、京都の蒸し暑い夏を少しでも涼しく過ごそうとする先人の知恵が、今も生きています。夏の一日、クーラーを忘れて、自然の風を感じてみてはいかがでしょう。

京都伝統産業ふれあい館企画展「芸妓舞妓のよそおい展」
平成30年8月1日(水)~9月30日(日) 午前9時 ~ 午後5時
歩く伝統工芸とも言われる,花街の「芸妓」「舞妓」の装いは,頭からつま先までそのすべてが伝統産業の職人による逸品ばかり。
芸妓と舞妓の衣裳の比較や,季節の行事で使う特別な衣裳の展示,五花街のおどりのポスターの展示など,花街文化の紹介と芸妓舞妓を支える匠の技の光る逸品を是非この機会に御覧ください。

第43回京の夏の旅キャンペーン
平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
恒例「京の夏の旅キャンペーン」も43回目を迎えます。毎年テーマに沿って夏ならではの定期観光バス特別コースの運行や、普段は非公開の文化財特別公開を実施いたします。
キャンペーン期間中は京都「千年の心得」「食遊菜都」などのイベントも、盛りだくさんに開催されます。お楽しみに!!

詳細はコチラ https://www.kyokanko.or.jp/natsu2018/

【文化財特別公開】
「明治150年」「京のお屋敷」「旧花街・島原」をテーマとし、普段は見学できない文化財を期間限定で特別公開します。各箇所ではご案内も行っております。

○公開箇所:■角屋 ■輪違屋 ■長楽館「御成の間」■大雲院 祇園閣 ■旧邸御室 
■旧三井家下鴨別邸 ■上賀茂神社 本殿・権殿 ■下鴨神社 本殿・大炊殿 計8か所
〇公開期間:平成30年7月7日(土)~9月30日(日)
*祭典・法要や悪天候等、都合により拝観・見学できない日や時間帯が生じる場合があります。

〇公開時間:10:00~16:00(受付終了)
*輪違屋は10:00~15:30(受付終了)
*旧邸御室は11:00~16:00(受付終了)
*旧三井家下鴨別邸〈主屋二階〉は、9:00~16:30(受付終了)

〇料 金(公開箇所により異なります・1か所につき):
■角屋、輪違屋、長楽館「御成の間」、大雲院 祇園閣、旧邸御室 上賀茂神社 本殿・権殿、下鴨神社 本殿・大炊殿、
個人 大人 600円/小学生 300円
■旧三井家下鴨別邸(通常公開部分の料金含む)
個人 大人 600円/中高生 400円/小学生 300円
*通常見学料金免除の方については特別公開料金との差額のみで見学いただけます。

○公開箇所の概要:
■角屋~近世の饗宴の場 重要文化財の揚屋建築~ 7/19~9/14のみ公開
揚屋建築の唯一の遺構で「松の間」「網代の間」、新選組の刀傷や、西郷隆盛が行水に使用したたらいが残されています。(1階のみ公開)
*3/15~7/18まで及び9/15~12/15は角屋もてなしの文化美術館として通常公開(月曜休館、祝日の場合は翌日休館、料金は異なる)
◇所在地:下京区西新屋敷揚屋町32
◇アクセス:京都駅からJR嵯峨野線「丹波口」駅下車
徒歩約7分、または市バス206系統「島原口」
下車徒歩約10分

■輪違屋~新選組ゆかりの島原に現存する唯一の置屋~
襖に太夫道中傘を貼りこんだ「傘の間」や「紅葉の間」など、斬新な意匠の座敷があるほか、新選組の近藤勇の屏風が残っています。
*7/8(日)10:00~12:00見学休止
◇所在地:下京区西新屋敷中之町114
◇アクセス:京都駅からJR嵯峨野線「丹波口」駅下車
徒歩約7分、または
市バス206系統「島原口」下車徒歩約7分

■長楽館「御成の間」 ~明治期を代表する和洋折衷の住宅建築~ 
※8月8日~9月30日の公開(8月18日・19日・28日、9月2日・5日・8日・10日・11日・15日・16日・19日・22日・28日及び29日(10時〜14時)は見学休止)
「たばこ王」と称された明治を代表する実業家・村井吉兵衛の別邸。最上階の重厚な書院造の「御成の間」を特別公開。
◇所在地:東山区八坂鳥居前東入円山町 604
◇アクセス:京都駅から市バス206系統「東山安井」下車徒歩約5分

■大雲院 祇園閣 ~エキゾチックな昭和の名建築 閣上からの絶景~
大倉財閥創始者の別邸の一部で、建築家・伊東忠太設計の昭和の名建築(国登録有形文化財)。見事な眺望を楽しむことができます。*9/26(水)は拝観休止。
◇所在地:東山区祇園町南側594-1
◇アクセス:京都駅から市バス206系統「東山安井」下車徒歩約5分

■上賀茂神社(賀茂別雷神社)本殿・権殿 ~国宝本殿と権殿 御神宝特別公開~
世界文化遺産・上賀茂神社の本殿(国宝)と権殿(国宝)特別参拝と貴重な御神宝をご覧いただきます。
◇所在地:北区上賀茂本山339
◇アクセス:京都駅から市バス4系統「上賀茂神社前」下車
徒歩すぐ又は市バス9系統「上賀茂御薗橋」下車
徒歩約5分

■ 下鴨神社(賀茂御祖神社)本殿・大炊殿 ~太古の森に包まれた 国宝本殿と神様の台所~
※8月1日、9月1日 本殿は11時~の公開
世界文化遺産・下鴨神社の本殿(国宝)を特別参拝所から間近で拝観。神様のお台所・大炊殿(重文)も公開。
社家邸宅跡の鴨社資料館「秀穂舎(しゅうすいしゃ)」では明治維新150年をテーマにした特別展をご覧いただけます。
◇所在地:左京区下鴨泉川町59
◇アクセス:京都駅から市バス4・205系統「下鴨神社前」
下車、徒歩すぐ
※秀穂舎の受付は15時30分まで

■旧邸御室 ~広大な敷地に見る昭和初期の和風住宅~
国登録有形文化財の数寄屋建築で、富士山を表した欄間など意匠を凝らした座敷や約500坪の敷地に広がる庭園を公開。*8/14(火)~16(木)は見学休止
◇所在地:右京区御室岡ノ裾町5
◇アクセス:京都駅から市バス26「御室仁和寺」下車
徒歩約6分

■旧三井家下鴨別邸 <主屋二階> 8/9~28のみ公開 *8/15・22は休館
~緑に包まれた豪商の別邸 近代の名建築~
大正期の豪商・旧三井家の別邸(重文)。主屋一階と庭園に加え、通常非公開の主屋二階座敷を特別公開。二階からの庭園の眺めをお楽しみいただけます。
*期間外は通常公開、水曜休館
◇所在地:左京区下鴨宮河町58-2
◇アクセス:京都駅から市バス205系統「葵橋西詰」下車徒歩約5分又は
市バス4・17系統「出町柳駅前」下車徒歩約5分

---------------------------------------------

京都定期観光バス特別コース

~明治維新150年記念コース~
「幕末維新の志士たちゆかりの地をたずねて」
平成30年7月7日(土)~9月30日(日)
   ※毎週月曜日は運休、ただし月曜日が祝日の場合は翌日運休
○出発時間・場所:10:20(JR京都駅烏丸口のりば)
○所要時間:約6時間~6時間30分
○料  金:大人9,200円/小児6,410円
○対象箇所
■角屋【特別公開】■輪違屋【特別公開】■幕末維新ミュージアム霊山歴史館■御香宮神社■清和荘【昼食】

京の旧邸の美をたずねて
○期  間:平成30年8月18(土)・19(日)・25(土)・26日(日)、9月3(月)~7(金)・10(月)・12(水)~14(金)・17(月・祝)・18(火)・20(木)・21(金)・24(月・祝)・25(火)・29(土)・30日(日)
○出発時間・場所:12:30(JR京都駅烏丸口のりば)
○所要時間:約4時間
○料  金:大人5,500円/小児3,120円
○対象箇所
■旧邸御室【特別公開】■大雲院祇園閣【特別公開】■長楽館「御成の間」【特別公開】

夜の特別コース「宮廷鵜飼と夕景の嵐山」
○期  間:平成30年7月1日(日)~9月23日(日・祝)
※8/16(木)は運休 ※増水等により鵜飼船欠航の場合はコースも運休
○出発時間・場所:7月1日(日)~8月31日(金)16:40
9月1日(土)~23日(日・祝)16:10
(JR京都駅烏丸口のりば)
○所要時間:約4時間30分
○料  金:大人 9,000円/小児 6,560円
○対象箇所 
  ◆嵐山宮廷鵜飼(鵜匠による鵜飼の説明付き)◆夕景の嵐山散策◆渡月亭(夕食)

朝の特別コース「朝の禅寺 坐禅体験と世界遺産 上賀茂神社特別参拝」
○期  間:平成30年8月18(土)・19(日)・25(土)・26日(日)、9月3(月)~7(金)・10(月)・12(水)~14(金)・17(月・祝)・18(火)・20(木)・21(金)・24(月・祝)・25(火)・29(土)・30日(日)
○発車時刻:8:00(所要約3時間30分)
○料  金:大人 5,000円 小児 3,650円
○対象箇所
◆大徳寺 大慈院/朝の坐禅体験◆泉仙【朝食】/精進料理の名店で朝ごはん◆上賀茂神社本殿・権殿【特別公開】



貴船の川床(かわどこ)
平成30年5月1日(火)~9月30日(日)
清流のせせらぎを感じ、涼風をうけながら楽しむ食事。 山里で、街中で、それぞれの趣を楽しむ京都の夏の風物詩。

※期間はお店により異なる場合があります

京の奥座敷、「貴船の川床」は清流貴船川のせせらぎを間近にして料理が楽しめます。市中よりもより一層さわやかな空気に包まれ、新緑の渓谷美も堪能。

《主な床のお店》
左源太 TEL 075(741)2146
藤清 TEL 075(741)2939
右源太 TEL 075(741)2146
仲よし TEL 075(741)2000
貴船茶屋 TEL 075(741)2148
ひろや TEL 075(741)2401
㐂らく TEL 075(741)2037
ふじや TEL 075(741)2501
べにや TEL 075(741)2041
※台風の影響については各店のHPにてご確認ください。

→ 納涼床ページはこちら

鴨川納涼床(のうりょうゆか)
平成30年5月1日(火)~9月30日(日)
清流のせせらぎを感じ、涼風をうけながら楽しむ食事。
山里で、街中で、それぞれの趣を楽しむ京都の夏の風物詩。

夏の兆しが感じられる5月。鴨の河原(鴨川)の水辺には“京の夏の風物詩 ― 納涼床”が早くも始まります。鴨川の納涼床は、歴史も古く、桃山時代に始まると伝えられています。鴨川西岸、二条から五条の間の料亭・旅館など約100店余りが、河原に「床」を組んで営業。

《主な床のお店》
幾松 TEL 075(231)1234
先斗町いづもや TEL 075(211)2501
梅むら TEL 075(231)3383
開陽亭 TEL 075(221)3607
がんこ高瀬川二条苑 TEL 075(223)3456
もち料理 きた村 TEL 075(351)7871
弘 木屋町店 TEL 075(213)5000
銀水 TEL 075(351)6600
かのこ TEL 075(351)0709
こま井亭 TEL 075(251)0351
雪月花 TEL 075(342)1777
仙鶴 TEL 075(341)7511
多から TEL 075(211)8945
田鶴 TEL 075(341)3376
本家たん熊 TEL 075(351)1645
ちもと TEL 075(351)1846
鶴清 TEL 075(351)8518
先斗町 禊川 TEL 075(221)2270
モリタ屋 木屋町店 TEL 0120(770)298

→ 納涼床ページはこちら

京都dddギャラリー第218回企画展
田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue

平成30年8月28日(火)~10月23日(火)
1960年代から半世紀以上ものキャリアを誇り、今も尚トップランナーとして、そのキャリアの頂点を極めている田名網の現在を紐解こうとするものです。
田名網が、これまで制作をしてきた作品は、デザイン、イラストレーション、アニメーション、実験映画、立体作品、絵画と多岐にわたります。そこには、可変的な創造者であろうとしてきた田名網敬一の等身大の姿があります。現在、田名網が世界中のアーティスト、デザイナー、ミュージシャン、ファッションデザイナーから集めている尊敬は、あらゆる境界、領域を超えて創作活動を続けてきた歴史の重みに比例するものです。
近年、田名網は、自身の記憶や夢を原風景にして、その80年以上もの歴史を記したいわば
"曼荼羅図"の制作に取り組んでいます。一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える田名網の近作ですが、そこに描かれているものは田名網の実体験に基づく様々な記憶です。
アメリカンコミックを引用したアメリカの爆撃機、その中で光を放つ擬人化した爆弾、威嚇するように蠢めく鶏や金魚などは、田名網が幼少期に実際に体験した戦争の記憶に深く関係をしています。また、田名網が敬愛するアーティストたちの作品や、SF雑誌、漫画のキャラクターなどの引用も数多く画面に発見することができます。こうした引用は、田名網とポップアートとの関係性を示す一方で、作品を通して自身の記憶をポジティブなものへと変換しようとする作家の自然な姿を映し出しています。
本展は、約20点の新作プリント作品、アニメーション、立体作品から、ファッションブランドとのコラボレーションアイテム、出版物、プロダクトアイテムなどを網羅する予定です。

■ギャラリートーク
田名網敬一氏、現在美術家の宇川直宏氏をお迎えして、ギャラリートークを開催します。
宇川氏が師匠と仰ぐ田名網氏とのトークをお楽しみください。

田名網敬一+宇川直宏(現在美術家 / 京都造形芸術大学教授)
日時 8月28日(火)16:30-18:00
会場 京都dddギャラリー、 入場無料、 要予約
参加ご希望の方はギャラリーHPよりお申込みください。

■オープニングパーティ
日時:2018年8月28日(金)18:00-19:00
会場:京都dddギャラリー

主催:公益財団法人 DNP文化振興財団
協力:NANZUKA

→チラシはこちら

画像キャプション:Design by Keiichi Tanaami

狸谷不動明王300年祭特別記念洞窟内陣参拝
平成30年5月3日(木・祝)~11月3日(土・祝) 9時~16時
三つの峰に囲まれた狸谷霊山。木食(もくじき)上人は、その深い谷に二丈四方の洞窟を発見し、木食行実践の為その石窟(現在の本堂内陣)に入山します。
時、享保三年(一七一八)。その谷の名は「狸谷」。
入山まもなくして、木食正禅朋厚は現世利益のために、その洞窟に狸谷不動明王を安置したのです。
300年前と変わらぬ、不動明王を間近で参拝いただけます。

http://www.tanukidani.com

ビックスマイル京都保津川ラフティングツアー
平成30年4月1日(日)~11月30日(金) ※未開催日あり
保津川でラフティングツアーを開催します。

https://www.gekiryu.com

開催場所住所:亀岡市篠町馬堀駅前2-208-8

平成30年特別展  比叡山至宝展 ー比叡の秘められし仏像が今、一堂に集結すー
前期 平成30年8月1日(水)~9月30日(日)
後期 平成30年10月3日(水)~11月30日(金) 9時~16時

元亀の焼き討ちを逃れた西塔瑠璃堂の御本尊の薬師如来像をはじめ、これまで公開されていない里坊の仏像・仏画など貴重な文化財の数々を一堂に展観します。

高雄の川床(かわどこ)
平成30年4/1~11/30【昼】、6/1~9/23【夜】
清流と渓谷美の里・高雄。緑あふれる自然美を体いっぱいに感じながら京料理を賞味する、高雄ならではの「床」プランを御堪能下さい。

《床のお店》
もみぢ家 TEL 075(871)1005
もみぢ家別館 TEL 075(871)1005
高雄観光ホテル TEL 075(871)2991
高雄錦水亭 TEL 075(861)0216
※台風の影響については各店のHPにてご確認ください。

→ 納涼床ページはこちら

まいまい京都2018
平成30年3月3日(土)~12月16日(日)
京都の住民がガイドする、京都のミニツアー。
全700コースのミニツアー「まいまい京都2018」

ガイドは、バラエティに富んだ総勢100名以上。呉服屋店主、植木屋の親方、お坊さん、花街のお姐さん、占い師、廃河川探検家、妖怪の子孫、植物園名誉園長など、多彩な顔触れがそれぞれ専門のテーマでガイドします。
各1.5~3.0kmに設定されたまち歩きコースを、2~3時間かけて、少人数でじっくり堪能します。

1.コース一例 以下の項目に変更願います。
●京都・パンまつり!かわいい町家パン屋さんの工房見学付き
●ブラタモリ記念、タモリさんを案内したガイドと御土居凸凹ツアー!
●御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い
●東山がいちばん華やぐ時、誰にも教えたくない穴場の桜めぐり
●芸妓さん舞妓さんとお茶屋遊び入門、花街の達人のレクチャー付き
●飼育員さんと歩く京都市動物園、バックヤードにも潜入
●魔界伝説、平安京のゴーストバスターズ!一条戻橋から北野天満宮まで

定員:各コース15~20名(要予約・先着順)
主催:まいまい京都実行委員会/(一財)京都ユースホステル協会

嵯峨野トロッコ列車 運転開始
平成30年3月1日(木)~12月29日(土) 水曜日運休(祝日・行楽シーズンを除く)
トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅まで8つのトンネルを抜ける全長7.3キロ、約25分の列車旅。3月13日までストーブ列車運行!

京の「匠」ふれあい事業 ~京の職人さんによる実演~
平成30年7月23日(月)~平成31年3月17日(日) 10:30~16:30 (休館日:平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木))
(但し,平成30年12月28日(金),平成31年1月4日(金),5日(土)は,実演を行っておりません)

京都市では,伝統産業に携わる職人さんの雇用創出及び市民や観光客などへの伝統産業のPRを目的として,集客施設や小学校等において,職人さんによる体験教室や実演を実施しています。
現在,西陣織工業組合協力のもと,西陣織会館において,西陣織や京友禅など,帯やきものに関する業種の職人さんによる実演を実施しています。普段目にすることができない,伝統産業の希少な工程,職人さんの匠の技を是非御覧ください。

 伝統行事
醍醐寺万灯会
平成30年8月5日(日) 18時~20時30分(予定)
参道におかれた灯籠、奉納された提灯に灯が入り、醍醐寺境内は、幽玄なムードに包まれます。

夏越神事(なごしのしんじ)
平成30年8月6日(月) 18時30分~
一年の厄を払い、無病息災を祈る神事です。古来、下鴨神社の祓い所である御手洗(みたらし)池に立てた斎串(いぐし)を男たちが奪い合う勇壮なお祭りです。

六道まいり
平成30年8月7日(火)~10日(金) 6時~22時
期間の4日間、同寺に詣で、冥土にも届くといわれる「迎え鐘」をついて、先祖の亡魂・精霊を迎えます。
期間中、松原通に23時頃まで夜店が出ます。

若宮八幡宮大祭
平成30年8月7日(火)~10日(金) 9時~22時
陶器まつりとも呼ばれ、8日には陶器を飾り付けた神輿が巡行し、和太鼓の奉納もあります。

◆市バス206「清水道」「五条坂」

三千院 万灯会
平成30年8月12日(日)
一万本の灯明を灯して、先祖の精霊を回向(えこう)。千年の祈りの万灯会法要。
1灯の料金 1,000円(万灯会参拝料無料・18時~21時)

※観賞バスが運行される予定です。

花脊(はなせ)松上げ
平成30年8月15日(水) 松明点火:21時頃(小雨決行)
川原に立てられた約千本の松明に一斉点火。高さ20メートルの大笠に向かってその松明を投げ上げ、大笠に火をつける。点火を競い、手投げの松明を投げ入れる様は壮観です。

交通:「出町柳」より京都バス広河原行(約90分)「花背交流の森」
(路線バスでの日帰りはできません)


**********************

★花脊松上げ観賞バス
17時頃 京阪電車「出町柳」駅前出発
21時頃~ 松上げ観賞
23時10分頃 京阪電車「出町柳」駅前到着
※雨天の場合は中止
※いずれも電話申込予約制
申込先着順200名様 7月9日(月)より受付開始
料金 2,300円(大人)、1,200円(小人)
問合せ:京都バス(株)運輸部 電話 075-871-7521(平日9時~12時 13時~17時45分)

お精霊迎え・送り
平成30年8月7日(火)~15日(水)7時~20時
平成30年8月16日(木)7時~18時

迎えは7日~15日、送りは16日。14日には、19時より六斎念仏もあります。

万灯祭
平成30年8月14日(火)~16日(木) 9時~20時
紙灯籠(1面500円)に願い事などを書き込み灯します。家内安全や大願成就を祈る人々で賑わいます。

六波羅蜜寺万灯会
平成30年8月8日(水)~10日(金)20時~、16日(木)16時30分~
万灯会は数多くの灯明を人形文字“大”のかたちに点火し、先祖の精霊を迎えます。送り万灯点灯法要は16日18時。

孟蘭盆(うらぼん)万灯供養会
平成30年8月9日(木)~16日(木) 日没~21時頃
本堂前に約1000個の灯籠に蝋燭球が点灯され、9日・16日には六斎念仏の奉納が行われます。

市原ハモハ踊り・鉄扇
平成30年8月16日(木) 20時頃~ ※雨天中止(小雨決行)
静市市原に伝わる盆踊り。ハモハ踊りは太鼓や鉦に合わせて踊り、鉄扇は口説き調の音頭が特色です。

◆地下鉄烏丸線「国際会館」→ 京都バス「小町寺」

東大谷万灯会
平成30年8月14日(火)~16日(木) 18時頃~21時
大谷祖廟、大谷墓地へ夜間でもお参りができるように、境内に一万灯の提灯を灯します。
献灯志 1灯 2,500円

精霊迎えと六道まいり
平成30年8月8日(水)~12日(日)・16日(木) 7時~20時
精霊を迎え、16日に送ります。本尊釈迦如来坐像のご開帳があります。

送り鐘
平成30年8月16日(木) 8時~20時
同寺の梵鐘は「送り鐘」と呼ばれ、送り火の日には多くの参拝者が訪れます。

◆市バス17「河原町三条」

宵弘法(万灯会)
平成30年8月20日(月) 17時~(予定)
万灯会法要、お施餓鬼、嵯峨の送り火など、さまざまな行事が催されます。
拝観料 無料(予定) 献灯などは別途有料

久多宮の町松上げ
平成30年8月23日(木) 20時~21時 (燈籠木の準備は当日9時~)
約10mの高さの柱松に手松明を投げ上げます。地元では「チャチャンコ」と称し、地蔵盆の行事として行われます。松上げの準備は22日9時から。当日まで展示されます。

交通:JR湖西線「堅田」→江若バス細川行「梅ノ木」→約6km
※ 路線バスでの日帰りはできません。

六地蔵めぐり
平成30年8月22日(水)~23日(木)
街道の市内6ヵ所のお地蔵さんを巡拝。お地蔵さんのある所は、昔の「京の都」の街道の入口にあたります。地蔵を巡り家内安全、無病息災を祈願。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと、厄病退散、福徳招来するといわれています。800年も続いている伝統行事です。

伏見六地蔵(奈良街道) 大善寺 JR奈良線「六地蔵」、地下鉄東西線「六地蔵」
鳥羽地蔵(大坂街道) 浄禅寺 市バス18「地蔵前」
桂地蔵(丹波・山陰街道) 地蔵寺 市バス33「桂消防署前」
常盤地蔵(周山街道) 源光寺 市バス75「常盤・嵯峨野高校前」
鞍馬口地蔵(鞍馬街道) 上善寺 地下鉄烏丸線「鞍馬口」
山科地蔵(東海道) 徳林庵 JR東海道線「山科」、地下鉄東西線「山科」

久多花笠踊り
平成30年8月24日(金) 20時~23時30分頃
五穀豊穣の成就に感謝して、上の宮神社から大川神社を巡り、志古淵神社境内で奉納されます。

交通:JR湖西線「堅田」→江若バス細川行「梅ノ木」→約6km
※ 路線バスでの日帰りはできません。

千灯供養(せんとうくよう)
平成30年8月23日(木)~24日(金) 17時30分~20時30分(受付終了)
化野は古くより鳥辺野などと並ぶ葬送の地。境内から出土した多くの石仏・石塔を一カ所に集め、それらを供養するための浄土を形づくっています。その約8000体の石塔、石仏に灯明を捧げるこの行事は、参拝者によって点火され、幻想的な世界を演出。夏の嵯峨野の風物詩です。
入山料(行事協力費) 1,000円(中学生以上)

広河原(ひろがわら)松上げ
平成30年8月24日(金) 松明点火:20時30分頃(小雨決行)
愛宕神社への献灯により火災予防、農作物の豊作、家内安全を祈願。また、先祖供養も。

◆市バス4「出町柳駅前」→京都バス広河原行「下の町」
※路線バスでの日帰りはできません。

******************

★広河原松上げ観賞バス
17時頃 京阪電車「出町柳」駅前出発
20時30分頃~ 松上げ観賞
23時15分頃 京阪電車「出町柳」駅前到着
※雨天の場合は中止
※いずれも電話申込予約制
申込先着順200名様 7月9日(月)より受付開始
料金 2,700円(大人)、1,400円(小人)
問合せ:京都バス(株)運輸部 電話 075-871-7521(平日9時~12時 13時~17時45分)

雲ヶ畑(くもがはた)松上げ
平成30年8月24日(金) (小雨決行) 松明点火:20時頃
愛宕明神に火災予防と五穀豊穣を祈願する行事。山上に木で文字型を組み、松明に点火すると、夜空に文字が浮かびます。

◆地下鉄烏丸線「北大路」→雲ケ畑バス~もくもく号~雲ヶ畑 岩屋橋行「高雲寺前」「出谷」「福蔵院前」
※路線バスでの日帰りはできません。
※駐車場無し

小塩の上げ松
平成30年8月25日(土) (小雨決行)20時頃~
15mの燈篭木の先端に付けた「もじ」と呼ばれるカゴ(直径2m高さ4m)に松明を投げ入れます。

◆JRバス「周山」→京北ふるさとバス「小塩中ノ町」
※路線バスでの日帰りはできません。

六斎念仏踊り一般公開
平成30年8月9日(木)~9月2日(日)
※竹林禅寺は右京ふれあい文化会館にて開催

日時 保存会名(○芸能六斎/●念仏六斎)場所/行事 ◆交通 寺社 電話番号
8月
9日(木)20:00 ○壬生六斎念仏講中 壬生寺/精霊迎え ◆市バス26「壬生寺道」075-841-3381
11日(土・祝)14:45 ●上鳥羽橋上鉦講中 清水寺/盂蘭盆奉納 ◆市バス206「清水道」075-551-1234
11日(土・祝)15:30 ○中堂寺六斎会 清水寺/盂蘭盆奉納 ◆市バス206「清水道」075-551-1234
14日(火)19:00 ○千本六斎会 千本ゑんま堂/盂蘭盆奉納 ◆市バス206「千本鞍馬口」075-462-3332
16日(木)20:30 ○中堂寺六斎会 壬生寺/精霊送り ◆市バス26「壬生寺道」075-841-3381
16日(木)21:00 ●西方寺六斎念仏保存会 西方寺/送り火法要 ◆市バス9「神光院前」075-492-5889
18日(土)20:30 ○小山郷六斎保存会 上御霊神社/例大祭奉納 ◆地下鉄烏丸線「鞍馬口」075-441-2260
20日(月)20:00 ○小山郷六斎保存会 干菜山光福寺/奉納 ◆市バス4「出町柳駅前」075-781-4681
22日(水)19:00 ○西院六斎念仏保存会 高山寺/地蔵盆 ◆市バス26「西大路四条」075-312-2317(会長宅)
22日(水)19:30 ●上鳥羽橋上鉦講中 浄禅寺/六地蔵めぐり ◆市バス18「地蔵前」075-691-3831
22日(水)20:00 ○小山郷六斎保存会 上善寺/六地蔵めぐり ◆地下鉄烏丸線「鞍馬口」075-231-1619
23日(木)20:00 ○嵯峨野六斎念仏保存会 阿弥陀寺(嵯峨)/地蔵盆 ◆京都バス72・73「有栖川」075-881-2316
24日(金)20:00 ○京都中堂寺六斎会竹 林禅寺※/地蔵盆 ◆JR嵯峨野線「花園」075-801-1240
25日(土)19:00 ○久世六斎保存会 長岡天満宮/祭礼 ◆阪急バス「長岡天満宮前」075-951-1025
25日(土)20:00 ○吉祥院六斎保存会 吉祥院天満宮/夏季大祭 ◆市バス42「吉祥院天満宮前」075-691-5303
26日(日)19:00 ○梅津六斎保存会 梅宮大社/嵯峨天皇祭 ◆市バス28「梅宮大社前」075-861-2730
31日(金)19:30 ○久世六斎保存会 蔵王堂光福寺/八朔祭法楽会 ◆市バス42・78「久世橋西詰」075-921-3625
9月
2日(日)16:00 ○嵯峨野六斎念仏保存会 松尾大社/八朔祭 ◆市バス28「松尾大社前」075-871-5016

※交通の基本はJR京都駅を起点としています。(一部異なる場合があります)※日時、内容、料金等は都合によって変更されることがありますので、お出かけの際はご確認ください。

民俗芸能を愉しむ 六斎念仏
平成30年8月9日(木)~9月2日(日)
六斎念仏は、鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能で、重要無形民俗文化財に指定されています。長い歴史に培われ、毎年お盆を中心に精霊送り、六地蔵巡りなどの行事に併せて行われます。
京都の六斎念仏には、古風で素朴な干菜系(ほしなけい)の念仏六斎と、娯楽性をもった空也系の芸能六斎の二つの系統があります。
(念仏六斎は★印)
※公開日時は予定です。
※所要時間は約1時間~1時間半位です。

[壬生六斎念仏]
8月9日(木)壬生寺
 精霊迎えと同時に行われ、20時頃開始。
交通:市バス26「壬生寺道」
TEL 075(841)3381

★[上鳥羽六斎念仏]
8月11日(土・祝)清水寺
 14時45分頃頃開始。
交通:市バス206「清水道」
TEL 075(551)1234

[中堂寺六斎念仏]
8月11日(土・祝)清水寺
 15時30分頃頃開始。
交通:市バス206「清水道」
TEL 075(551)1234

[千本六斎念仏]
8月14日(火)千本ゑんま堂
 精霊送りとして19時頃開始。
交通:市バス206「千本鞍馬口」
TEL 075(462)3332

★[西方寺六斎念仏 (念仏六斎)]
8月16日(木)西方寺
 京都五山送り火のひとつである船形送り火の後、21時頃開始。
交通:市バス9「神光院前」
TEL 075(492)5889

[中堂寺六斎念仏]
8月16日(木)壬生寺
 精霊送りとともに、20時30分頃開始。
交通:市バス26「壬生寺道」
TEL 075(841)3381

[小山郷六斎念仏]
8月18日(土)上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)
 境内で奉納される「奉納六斎」は、20時30分頃開始。
交通:地下鉄烏丸線「鞍馬口」
TEL 075(441)2260

[小山郷六斎念仏]
8月20日(月)干菜山光福寺
 六斎念仏の総本寺として知られ、20時頃開始。
交通:市バス4「出町柳駅前」
TEL 075(781)4681

[小山郷六斎念仏]
8月22日(水)上善寺
 京都六地蔵巡りのひとつで、20時頃開始。
交通:地下鉄烏丸線「鞍馬口」
TEL 075(231)1619

★[上鳥羽六斎念仏 (念仏六斎)]
8月22日(水)浄禅寺
 六地蔵めぐりと併せて行われます。20時頃開始。
交通:市バス18「地蔵前」
TEL 075(691)3831

[西院六斎念仏]
8月22日(水)高山寺
 19時頃開始。
交通:市バス26「西大路四条」
TEL 075(312)2317(会長宅)

[嵯峨野六斎念仏]
8月23日(木)阿弥陀寺(嵯峨)
 地蔵盆の行事として一山打ちの奉納。19時30分頃開始。
交通:京都バス71・72・73「有栖川」
TEL 075(881)2316

吉祥院(きっしょういん)六斎念仏
8月25日(土)
吉祥院天満宮
 菅原道真公を祭神とする古社の夏期大祭で奉納されます。20時頃開始。
交通:市バス42「吉祥院天満宮前」
TEL 075(691)5303

[梅津六斎念仏]
8月26日(日)梅宮大社
 ゆかりの深い嵯峨天皇の例祭の奉納六斎として行われ、19時頃開始。
交通:市バス28「梅ノ宮神社前」
TEL 075(861)2730

[久世(くぜ)六斎念仏]
8月31日(金)蔵王堂光福寺(ざおうどうこうふくじ)
 八朔祭法楽会で奉納されます。20時頃開始。
交通:市バス42・78「久世橋西詰」
TEL 075(921)3625

[嵯峨野六斎念仏]
9月2日(日)松尾大社
 八朔祭の16時頃から奉納されます。
交通:市バス28「松尾大社前」
TEL 075(871)5016

 美術展
シリーズ展2 「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示 近世京都の寺社参詣」
平成30年7月14日(土)~8月19日(日)
開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日のときは翌日休館)



京のさきがけ
平成30年5月26日(土)~8月19日(日)
開催場所:清水三年坂美術館
休館日:月・火曜日(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始(12月25日~1月2日)

明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいました。

このたびの展覧会では、京薩摩や京七宝、刺繍絵画などの美術染織をはじめ、絢爛豪華な金属工芸や漆器など、京都復興を彩った作品の数々を展示致します。

[主な出品作家]
錦光山宗兵衛(京薩摩)/並河靖之(七宝)/西村總左衛門(美術染織)/飯田新七(美術染織)/駒井(金工)/象彦(蒔絵)

蛇足庵のコレクション 江戸のなぞなぞ -判じ絵-
平成30年6月9日(土)~8月19日(日)
開催場所:細見美術館
休館日:毎月曜(祝日の場合翌日)



開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒
平成30年6月30日(土)~8月26日(日)
開催場所:樂美術館
休館日:毎月曜(但し祝祭日開館)



絞り染め 守護四神展
平成30年5月8日(火)~8月31日(金) ※休館日 6月1日・7月2日・8月1日・8月13日~16日
開催場所:京都絞り工芸館
休館日:会期中無休

風神(青龍)雷神(白虎)水神(玄武)火神(朱雀)の四柱の神を絞り染めの技を駆使して染め上げ、巨大な几帳に仕立てた大作を公開します。

2018年通年特別展「大西郷展」
第3期 薩長同盟から大政奉還へ

平成30年5月15日(火)~9月2日(日)
開催場所:幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
休館日:毎月曜(但し祝日のときはその翌日)
年末年始

倒幕から王政復古、江戸城無血開城と主導的役割を果たした西郷隆盛に焦点をあて、多くの資料でその生涯を辿ります。西郷をとりまく龍馬や新選組の資料も豊富に展示します。

おさるのジョージ展
平成30年8月4日(土)~9月2日(日)
開催場所:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
休館日:会期中無休



サム・フランシスの色彩 -夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション
平成30年7月28日(土)~9月2日(日)
開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館)
年末年始・祝日の翌日



ビッグコミック50周年展~半世紀のビッグな足跡~
平成30年6月9日(土)~9月2日(日) ※7月18日・25日、8月の水曜日は開館
開催場所:京都国際マンガミュージアム
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月26日~1月4日、2月4日~8日)

創刊50周年を迎えたマンガ雑誌「ビッグコミック」。「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いたこの雑誌の50年間の歩みとマンガ文化における意義について、創刊から現在までの誌面を飾ってきた名作たちの原画とともに紹介します。

特集展示 謎とき美術!最初の一歩
平成30年7月21日(土)~9月2日(日)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)

お寺の襖に描かれた龍や虎、着物にデザインされた松竹梅など、京都の街なかでもよく見かける、あの生き物や植物には、どんな意味が込められているのでしょう。お子さまや海外からお越しの方など、初めて日本美術にふれる方にお薦めの展示です。

平安博物館回顧展―古代学協会と角田文衞の仕事―
平成30年7月10日(火)~9月9日(日)
開催場所:京都府京都文化博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)



特集展示 百萬遍知恩寺の名宝
平成30年8月7日(火)~9月9日(日)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)



へうげものランキング30
平成30年5月17日(木)~9月17日(月・祝)
開催場所:古田織部美術館
休館日:12月29日~1月4日

漫画「へうげもの」で一躍脚光を浴びた古田織部。「へうげもの」とは、彼が好んだ異様な焼き物の作風を表した言葉です。本展では館蔵品の中から選りすぐりの「へうげもの」20点をランク付けし、普段、一堂に会することのない織部好みの茶陶を展示します。
また、来年のICOM京都大回のプレイベントとして9/1~17まで「光悦七種」本阿弥光悦作 赤筒茶碗「有明」を特別展示いたします。

西尾維新大辞典~京都篇~
平成30年7月7日(土)~9月17日(月・祝)
開催場所:京都府京都文化博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)

「京都の二十歳、西尾維新」というキャッチフレーズでデビューした小説家・西尾維新。本展は、京都が舞台にもなっているデビュー作「クビキリサイクル」にはじまる戯言シリーズ、初のアニメ化作品となった<物語> シリーズ、初の実写ドラマ化作品となった忘却探偵シリーズの3つのシリーズを主軸として、西尾維新の小説世界を紹介します。

いま明治を考えるプロジェクト
特別展 明治150年 京都、写真の時代

平成30年6月29日(金)~9月18日(火)
開催場所:京都市歴史資料館
休館日:月曜・祝日休館

京都における写真の歴史やレトロな貴重カメラ等約80点を展示します。日本伝来前から昭和30年代までの、写真画像、カメラ本体、写真師などを通じて、京都と写真の交わりを感じとっていただく内容となっています。

サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ~江戸の名品勢ぞろい~
前期 平成30年7月3日(火)~8月5日(日)
後期 平成30年8月8日(水)~9月30日(日)
開催場所:相国寺承天閣美術館
休館日:年末年始

浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたダークス氏のコレクションを公開します。

蘭島閣美術館コレクション  京の日本画家が描く情景
平成30年6月28日(木)~9月30日(日)
開催場所:京都府立堂本印象美術館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)、年末年始

広島県呉市にある蘭島閣美術館の著名な近代絵画コレクションから昭和期を中心とする京都画壇の代表作を展観。昭和期に活躍した福田平八郎、小野竹喬、山口華楊から、中路融人、竹内浩一といった現代の作家まで、京都では目にする機会の少ない作品を多数紹介します。

2014~2016年度 新収蔵品展
平成30年6月23日(土)~10月1日(月)
開催場所:京都市学校歴史博物館
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)

京都の学校史をたどる ー小学校編ー

新島襄のかお
平成30年8月1日(水)~10月7日(日) ※休館日:月曜日・祝日・8/11~17
開催場所:ハリス理化学館同志社ギャラリー
休館日:日曜日(ただし、企画展開催中は開館)、月曜日、祝日、夏期休暇、年末年始。
(ホームページをご確認ください。)

同志社では、創立者である新島襄を描いた肖像画を15枚所蔵しています。今回の展示では、新島襄の肖像画のうち、12枚を一堂に集めて展示します。作者や制作の背景によって様々な表情を見せる新島襄を見比べることができる初めての機会です。
そのほかにも、彼が実際に着用した洋服や生活道具、学生時代の落書き入りの教科書やノートなど、新島襄を身近に感じることができる約70点の資料を紹介します。

バウハウスへの応答
平成30年8月4日(土)~10月8日(月・祝)
開催場所:京都国立近代美術館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)



生誕110年 東山魁夷展
平成30年8月29日(水)~10月8日(月・祝)
開催場所:京都国立近代美術館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)



万華鏡あれこれ展
平成30年7月14日(土)~10月26日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)
年末年始(12月25日~1月4日)

作家、素材、種類、いろいろな万華鏡が並びます。

企画展〈印籠・緒締・根付〉
平成30年8月25日(土)~11月18日(日)
開催場所:清水三年坂美術館
休館日:月・火曜日(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始(12月25日~1月2日)

「印籠(いんろう)」は、もともと判子・印肉や薬の入れ物でしたが、江戸時代に人々のお洒落への欲求が高まると、装身具としても流行します。「緒締(おじめ)」は印籠の蓋の開閉をするためのもの、「根付(ねつけ)」は印籠の紐を着物の帯に通し腰元に吊り下げる際、滑り止めの役割を果たすものです。印籠は緒締・根付と一緒に用いられることが常でした。明治時代に入ると、日本人の洋装化等の影響により、印籠は実用性にこだわらない鑑賞品としても発展しました。本展覧会では、当館収蔵の印籠を緒締・根付とともに約90点展示します。彫刻・七宝・蒔絵・象嵌の細かな細工と併せて、印籠・緒締・根付、三者の取り合わせの妙もお楽しみください。

●主な出品作品

《蘭陵王蒔絵印籠》蒔絵:梶川、金工:濱野矩隨/緒締:秋草虫図 真彦/根付:秋草蟷螂図 無銘

《雨宿図蒔絵印籠》塩見政誠

《風流八橋図蒔絵印籠》山本春正

《栗根付》森田藻己

市バス100・206・207「清水道」下車

特別展示「お公家さんのうつわ―京都御苑出土の古伊万里を中心に―」
平成30年7月14日(土)~11月25日(日)
開催場所:京都市考古資料館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館・翌平日休館)



企画展 宮廷社会の食文化
平成30年6月14日(木)~12月1日(土)
開催場所:古典の日記念 京都市平安京創生館
休館日:毎火曜(祝日の場合翌日)
年末年始



草間彌生 永遠の南瓜展
平成30年5月3日(木)~平成31年2月28日(木) 10:00~18:00(最終入館17:30)
開催場所:フォーエバー現代美術館祇園京都
休館日:無休(年末年始を除く)

開館1周年を迎え、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張しグランドオープンいたしました。オープンを記念して「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催。展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介しています。「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきた南瓜作品35点を「南瓜の間」にて公開しています。 また、展示室名「花の間」「富士の間」にちなんだ作品や貴重な初期作品など全123点を展示紹介しています。

http://www.fmoca.jp

 コンサート
アンサンブル・ミューズ 夏に聴く弦楽四重奏
平成30年8月4日(土) 14時~

開催場所:京都市生涯学習総合センター


休館日:火曜日(祝祭日の場合はその翌平日)および年末年始(12/29~1/3)



田隅靖子館長の“おんがくア・ラ・カルト♪”第27回
「シューベルト×リスト~ふたりのフランツ~/小ホール

平成30年8月10日(金) 11時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



アクラム・カーン振付『Chotto Desh/チョット・デッシュ』/ノースホール
平成30年8月11日(土・祝)15時~ ・12日(日)11時~、15時~

開催場所:ロームシアター京都



土岐英史 真夏の4DAYS
平成30年8月9日(木)~11日(土・祝)19時30分~、12日(日)18時~


観世青年研究能
平成30年8月12日(日) 13:00
演目:田村  (狂言)伯母ヶ酒  野守

プレイ!シアター in Summer/全館
平成30年8月14日(火)~15日(水) 10時~17時

開催場所:ロームシアター京都

《公演・コンサート》
★ユリイカ百貨店の「STAR BOX PRESENT!」/サウスホール
 日時:平成30年8月14日(火)13時~・16時~、15日(水)10時~・14時~
◆料金 〈無料・申込不要・全席自由・年齢制限なし〉
★京都市交響楽団
 0歳からの夏休みコンサート/メインホール
 日時:平成30年8月14日(火)11時~・14時30分~(各回60分を予定)
※7月31日申込〆切
◆料金 〈無料・要申込(先着順)・全席指定・年齢制限なし〉
======================
《オープンシアター》
★劇場オープンデー/メインホール
 日時:平成30年8月15日(水)10時~17時 出入り自由
◆料金 〈無料・申込不要・年齢制限なし〉
★徹底解説!ロームシアター京都建築ツアー/全館
 日時:平成30年8月15日(水)10時30分~12時30分、15時30分~17時30分
◆料金 〈1,000円(当日受付精算)・要申込・先着順・未就学児不可〉
======================
《ワークショップ・体験》
★COOL☆こどもディスコ/ノースホール
 日時:平成30年8月14日(火)・15日(水)
・ジャングル?!探検ミニツアー
・こどもDJ体験
・こども向けダンスワークショップ
◆料金 〈いずれも無料・申込優先・5歳以上対象〉
・みんなでディスコタイム!
◆料金 〈無料・申込不要・年齢制限なし〉

第16回 大文字送り火能~蝋燭能~
平成30年8月16日(木) 17時30分~

開催場所:金剛能楽堂


休館日:毎週月曜日(催しの開催に合わせて変更あり) 年末年始



市民狂言会
平成30年8月22日(水) 14:00
演目:(狂言)鬼瓦・悪坊・寝音曲・首引

能楽チャリティ公演 ~被災地復興、京都からの祈り~/サウスホール
平成30年8月23日(木) 第1部10時30分~ 第2部18時30分~

開催場所:ロームシアター京都



FREE TIME, SHOW TIME『君の輝く夜に』
平成30年8月3日(金)~26日(日)


京都市交響楽団 第626回 定期演奏会/大ホール
平成30年8月26日(日) 14時30分~ プレトーク(14時頃~)

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



京都観世会例会
平成30年8月26日(日) 11時
演目 能「自然居士」「楊貴妃」「熊坂」/狂言「左近三郎」

驚異のセッション ~山下洋輔、日野皓正、藤舎名生による即興演奏~/大ホール
平成30年8月27日(月) 19時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



よしもと祇園花月 本公演 8月
①12時30分~  ②15時30分~ 1日2回  8月7日・8日・9日は①のみ
※8月10日~15日はお盆特別興行 8月31日休館



ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』
月・水・金・土・日・祝 ※第2水曜は休演
月・水・金・土 14:00~、19:00~ 日・祝 12:00~、17:00~


開催場所:ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』


休館日:チケット電話受付・お問合せ:平日10:00-19:00 土日祝日9:00-19:00



ALTI芸術劇場 vol.41 二人の名演奏家と古(いにしえ)の楽器で紡ぐ不滅の名曲
ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会

(日にち注意:合計3日の演奏会)平成30年4月28日(土)、6月30日(土)、9月29日(土) 14時~

開催場所:京都府立府民ホール


休館日:第1、3月曜(祝日の場合は翌日),12月28日~1月4日

[出演]豊嶋泰嗣(ヴァイオリン) 上野 真(ピアノ)
4月28日 ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第1番、第6番、第9番「クロイツェル」
6月30日 ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第2番、第8番、第4番、第5番 「春」
9月29日 ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第3番、第7番、第10番