平成から未来へ(1994~)3

内容概要

●21世紀への礎づくり
梅小路公園は、フェア終了後も再び整備されて市民の憩いの場としてオープンする。全面完成は3年ほど先の予定だが、京都の造園家がその技術を結集して造り上げた日本庭園を初め、公園一帯が「緑のオアシス」として随時開放される。一方、京都コンサートホールも平成7年に完成。昭和53年に宣言した「世界文化自由都市」の理念を音楽の分野で具体化した施設で、音楽を通した国際交流の場。「クラッシック音楽の殿堂」として、1800人を収容できる大ホールには、西日本最大級のパイプオルガンも設置され、新たな音楽文化を創造する発信基地として期待されている。

【正式名称】
平成から未来へ(1994~)3(へいせいからみらいへ(1994~)3)

関連情報

京都コンサートホール 平成7年10月オープン。クラシック音楽の殿堂として、国内屈指の音響効果と設備を誇っており、外観も京都の町並みと調和した芸術性の高いデザインとなっています。オーケストラ用の大ホールと...