船岡山

内容概要

標高112メートル、東西200メートル、南北100メートルの孤立丘陵。史跡。頂上から眺望よく京の町、特に西陣一帯が見渡せる景勝地。中世には要衝として戦場となり、応仁の乱(1467-1477)で西陣の山名宗全が城塞を築いて東軍の細川勝元を迎え撃った。その後も山をめぐって争奪戦が展開された。豊臣秀吉は、この山を大徳寺に寄進した。1931年(昭和6)、都市計画により山一帯を船岡山公園とした。市バス船岡山下車100メートル。

【正式名称】
船岡山(ふなおかやま)

観光ルート情報

北野界隈 北野界隈きっての景勝地といえば、やはり船岡(ふなおか)山であろう。山上から京都市街を一望にした後、平安京のメインストリート・朱雀大路であった千本通りを下(さが)ると提灯が数多く...

関連情報

豊臣秀吉 安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造...
細川勝元 室町中期の武将。3度管領となる。将軍家の継嗣や畠山、斯波氏らの家督争いなどで山名宗全と対立、応仁の乱となった。乱では東軍の主将として、宗全が主将の西軍と戦ったが、決着がつかないう...
山名宗全 室町後期の武将。名は持豊。但馬(兵庫県)、備後(広島県)などの守護で、幕政の重職に就く。応仁の乱で西軍の主将として細川勝元と戦い、陣中で没。上京区堀川通上立売下ル西入の邸跡に山...
大徳寺 臨済宗大徳寺派の大本山で龍宝山と号する。鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の...
西陣 市街地の北東部。北区と上京区にまたがる広い地域の名。応仁の乱(1467-77)で、東軍の細川勝元に対して、西軍の山名宗全が堀川上立売付近に本陣を築いたことから地名となった。乱後、機業家...
船岡山公園 建勲神社に隣接する船岡山の西北部一帯が公園で、約56,200平方メートルある。頂上付近からの市街地眺望は抜群。ツツジ、ハギ等、雑木林の中を遊歩道が延び、あずまや、藤棚などがある。開設...