九条山

内容概要

山科区日ノ岡の南部にある丘陵。旧国道1号(府道四ノ宮・四ツ塚線)がここを越え京都市街に入る交通の要衝。また東山ドライブウェイも蹴上と九条山の間を南下する。山麓近くには江戸期、道路や石橋を造った木喰正禅上人の碑がある。

【正式名称】
九条山(くじょうやま)

関連情報

蹴上 東山区の北東部、京都市蹴上浄水場付近一帯の地名。牛若丸の奥州くだりにまつわる騒動が地名の起こりと伝える。昔は京都の東玄関口で、多くの茶店が軒を連ねていた。1890年(明治23)疏水の...
東山ドライブウェイ 京友禅染を使い自分だけのオリジナル作品を作って持って帰ることができる。再生した町家の中で京都体験。・体験料金ハンカチ 1,300円、スマートフォンデジカメケース 1,700円、巾着 2,700...