瓜生山

内容概要

左京区北白川の北東にあり、標高294メートル。勝軍地蔵山とも。播磨国からこの山に現われた牛頭天王がキュウリを好物としたことから山名が生まれたと「雍州府志」に記す。応仁の乱後、将軍足利義晴がこもった古城跡でもある。山頂に勝軍地蔵を安置。市バス一乗寺木ノ本町下車東へ1.3キロ。

【正式名称】
瓜生山(うりゅうざん)

関連情報

北白川 左京区・銀閣寺の北に広がる地域の名。閑静な住宅地で文化人や学者が多く好んで住んでいる。古来から京と近江を結ぶ山中越えの街道筋として開けた集落。白川石(花崗岩)の産地でもある。191...