鳥辺野

内容概要

東山区南部、阿弥陀ケ峰北麓の五条坂から南麓の今熊野にいたる丘陵地、鳥辺山のふもと一帯を総称。平安期から墓地、葬送の地として知られる。現在は東山区清水寺の南西、大谷本廟東方の山腹にある墓地を指す。広さは、約4万平方メートルにもおよぶ。京阪バス池田町一帯。

【正式名称】
鳥辺野(とりべの)

関連情報

清水寺 北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。現在の主な堂塔は、16...
浄土真宗本願寺派本願寺大谷本廟 浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗祖・親鸞聖人の廟所(祖壇)。徳川幕府の命により1603(慶長8)年、現在の東山五条に移転。明著堂、佛殿(本堂)、無量寿堂、総門などの建物が並び、参道正面...
今熊野 東山区の智積院から南、泉涌寺付近までの広い地域の名。1160年(永暦1)、後白河上皇が熊野神を勧請して新熊野(いまくまの)神社を鎮座したのが地名の起こり。JR東海道線や新幹線の東山トン...
五条坂 東山区五条通の大和大路から東大路、清水寺にかけてのなだらかな坂道。付近は伝統産業・清水焼の中心地で陶磁器の卸・小売店や陶工の家が多い。江戸時代には野々村仁清、清水六兵衛ら名工が...