梅ケ畑

内容概要

右京区北部の、御室から高雄を経て中川に至る周山街道(国道162号)沿いに点在する、広大な集落の総称。高雄も地名は梅ケ畑。承久の乱で後鳥羽上皇が北条氏に追われ、梅ケ畑に避難された際、村人が、仮御所を設けてかくまった歴史がある。1931年(昭和6)京都市に編入。JRバス平岡八幡・以北一帯。

【正式名称】
梅ケ畑(うめがはた)

関連情報

周山街道 京都から丹波への道の一つ。一条通の延長で仁和寺前から御室川の谷をさかのぼり高雄・槙尾・栂尾から清滝川の谷を北上、中川・小野・笠峠・栗尾峠を京北町周山に至る街道。国道162号に結び、...
御室 右京区の仁和寺門前を中心に広がる地域の名。平安時代、宇多天皇が仁和寺を造営するなど古くから開けた。中世の陶匠・仁清がこの地に居を構えた。現在も2カ所に窯跡がある。京福電車御室仁和...
高雄 右京区梅ケ畑。都心から15キロ。高雄山(428メートル)のふもと、清滝川に沿った一帯の地名。高尾とも書き、付近の栂尾、槙尾とも合わせて「三尾」といわれる。京都屈指の紅葉の名所。南北朝...
中川 北区の北部。都心から20キロ、周山街道(国道162号)沿いの山間の集落。北は小野郷、南は高雄と接する。北山杉磨き丸太の主産地。集落の中を清滝川が流れているのが地名になった。古くから林...