妙心寺 浴室

内容概要

妙心寺にある江戸時代建築の重要文化財建造物。天正15年(1587)建立、明暦2年(1656)再建。明智光秀の叔父、密宗和尚が光秀の追善菩提のために建立したとされ、「明智風呂」と呼ばれる。内部は蒸風呂と洗い場になっている。法堂雲龍画と共に常時公開

【正式名称】
妙心寺 浴室(みょうしんじ よくしつ)
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:10~16:40
見学所要時間 約30分
休日・休館 年中無休
料金       一般 団体割引
  (30人以上)
高校生以上 500円 450円
中学生   300円 270円
小人    100円 100円
※団体引率者無料
※障害者、付添共無料
(拝観料は法堂に含まれる)
備考 見学所要時間:法堂と浴室の両拝観で約30分 ガイドによる20分おきの案内。9:10~11:50、12:30、13:00~16:40(11~2月は15:40まで)

関連情報

妙心寺<右京区> 全国に3400の寺院を持つ臨済宗妙心寺派の大本山。1337(建武4)年花園法皇が関山慧玄を招いて開山。この地にあった法皇の離宮を禅寺に改めた。応仁の乱で多くの堂塔を焼失したが、細川勝元・政...