高台寺 時雨亭

内容概要

高台寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。霊屋より東の山の上に位置する茶室。その北側にある、もうひとつの茶室、傘亭とは土間廊下でつながっている。二階建で、開け放った階上からは、西南方面を眺望できる。傘亭とともに伏見城から移されたといわれている。

【正式名称】
高台寺 時雨亭(こうだいじ しぐれてい)

関連情報

高台寺 1606年(慶長11)豊臣秀吉の正室北政所が秀吉の菩提を弔うため創建。臨済宗建仁寺派。伏見城の一部を移築、壮観を極めたが、火災に遭い、今は表門、開山堂、霊屋と茶室傘亭・時雨亭(いずれ...