高台寺 霊屋

内容概要

高台寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。開山堂から臥龍廊と呼ばれる長い廊下を経て東の山腹に位置する。小さな建物ではあるが、朱塗りや黒塗りの柱には、彩色を施し、飾り金具をちりばめてある。左右の厨子には秀吉と北政所の座像を安置し、床下は北政所の墓所となっている。須弥壇や厨子には華麗な蒔絵が施され、世に高台寺蒔絵と称され、桃山時代の漆工芸美術の粋を集めている。

【正式名称】
高台寺 霊屋(こうだいじ おたまや)

関連情報

高台寺 1606年(慶長11)豊臣秀吉の正室北政所が秀吉の菩提を弔うため創建。臨済宗建仁寺派。伏見城の一部を移築、壮観を極めたが、火災に遭い、今は表門、開山堂、霊屋と茶室傘亭・時雨亭(いずれ...