伏見稲荷大社 御茶屋

内容概要

伏見稲荷大社にある御茶屋は、国の重要文化財建造物。江戸時代初期、御所にあった古御殿のひとつで、寛永18年(1641)に、当時、院の非蔵人として仕えていた当社祠官羽倉延次が、後水尾院より賜ったものである。七畳の主室は、床、付書院、違棚を設けた書院造りであるが床柱や漆塗りの框などには数寄屋風の意匠がうかがえる。
(非公開)

【正式名称】
伏見稲荷大社 御茶屋(ふしみいなりたいしゃ おちゃや)

関連情報

伏見稲荷大社 ご鎮座は和銅4年(711)とされ、全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。古くは食物・蚕桑あるいは諸願成就の神、中世から近世にかけて商業神・屋敷神へとご神徳も拡大。本殿(重文)は明...