豊臣秀吉

内容概要

安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造を行った。伏見に築いた伏見城で没。墓は東山区阿弥陀ヶ峰、豊国廟。東山区、豊国神社に祭られる。1536(天文5)~1598(慶長3)

【正式名称】
豊臣秀吉(とよとみひでよし)

関連情報

織田信長 戦国大名。尾張(愛知県)、美濃(岐阜県)で勢力を張り、足利義昭を奉じて入京。義昭を将軍職にし、のちに追放。京都では禁裏を修復したが、上京を焼き打ち。中国地方へ出陣のため入京、止...
豊国神社 豊臣秀吉は没後、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ、壮麗な豊国社に祀られたが大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊された。現在の社殿は1880年(明治13)に再建のもの。唐門(国宝)は伏見城の遺構で桃...
御土居 豊臣秀吉が都市改造の一つとして1591年(天正19)京都の周囲に築いた土塁(堤)。その跡10ヵ所が史跡。東は鴨川、西は紙屋川まで、北は鷹峯、南は九条まで総延長24キロにおよぶ高さ5メートル...
聚楽第 豊臣秀吉が1587年(天正15)京都に造営した華麗壮大な城郭風の邸宅。東西600メートル、南北700メートルという。二条城より一回り大きい規模で、周囲に堀をめぐらす。1595年(文禄4)秀次を謀...
伏見 伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良...
阿弥陀ヶ峰 東山区東山七条の東方にあり、標高196メートル。山名は天平年間(729-49)に行基が阿弥陀如来を安置したことに由来。古くは葬送の地で京の街を一望できる戦略の要衝。山頂に豊臣秀吉を祀る豊...