平野国臣以下三十七士の墓(竹林寺)(駒札)

内容概要

 竹林寺(ちくりんじ)内すぐ右方にある。  平野国臣は、もと福岡藩士で京都において同志とともに尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に奔走したが捕えられ、元治元年(1864)7月19日、蛤御門(はまぐりごもん)の変のとき戦火に乗じて六角獄舎(ろっかくごくしゃ)で、生野(いくの)挙兵の同志、天誅組(てんちゅうぐみ)の水郡(にごり)善之祐以下16名、池田屋事件の古高俊太郎(ふるたかしゅんたろう)以下8名ら勤王志士とともに斬首された。「憂国十年、東走西馳、成否在天、魂魄帰地」と辞世の詩をよみ37歳の生涯をおえた。  明治10年(1877)西の京刑場(西大路太子道一帯)あとから姓名を朱書した瓦片と多数の白骨が発見され、調査の結果、これらは六角獄舎で斬首された国臣ら勤王志士三十七名の遺骨であることがわかり、あらためて当寺に移葬された。上京区下ノ下立売通西大路東入行衛町

【正式名称】
平野国臣以下三十七士の墓(竹林寺)
【住所】
下ノ下立売通西大路東入行衛町455
地図表示

周辺情報

法輪寺(達磨寺)  この寺は、臨済宗妙心寺派に属し、達磨寺の名で親しまれており、享保12年(1727)大愚和尚を開山とし、開基荒木宗禎に帰依を受けた万海和尚が創立した。

 十六羅漢木像、徳川時代...
四之保社跡 威徳水  この地は、北野天満宮七保社のうち四番目に当る四之保社があったところである。

 七保社とは、菅原道真が、大宰府で薨(こう)じた後、随徒の人々が帰京して、右京の地に建てたと言わ...
御殿医奥渓家下屋敷跡  この茅葺(かやぶき)の門は長屋門(ながやもん)といい、かっては間口11間(約20メートル)もあった江戸時代中期の建物である。  持主の奥溪家は、九州大友氏ゆかりの家で、江戸時...
法輪寺<上京区> 1727年(享保12)万海が創建。臨済宗妙心寺派。達磨(だるま)堂に三国随一という起き上がりだるまを中心に全国から集まった千変万化のだるまがずらり。キネマ殿には日本の映画関係者800人を...
華開院 浄土宗。開基は後深草天皇皇子、光岸法達親王とし、後深草天皇の意を受けて創建されたと伝える。当初は安居院大宮(大宮通寺之内下る花開院町・樋ノ口町あたり)の地にあり、守良親王の遷御...
五台山 法泉院 竹林寺 浄土宗西山禅林寺派・永観堂の末寺。1279年(弘安2年)、顕意道教上人(時宗の一遍上人が一歳年下の兄弟僧)の開基以来730年余の歴史を持つ古刹。本尊、阿弥陀如来。乾第十五番札所で藤原時代...
選仏寺 臨済宗建長寺派。仏日が洛西の念仏寺を譲り受けて改宗、1761年(宝暦11)に現在地に移転し、選仏寺とした。重要文化財指定の絹本著色中峰和尚像は、中国元時代の禅僧中峰明本の頂相画で、現...
御前通 京都市街地西部の南北路。北は寺之内通から南は十条通までで北区から南区まで市内を貫く。一条通から南は平安京の西大宮大路に当たる。通り名は北野天満宮の前を通るため。なお正面通の東、...
仁和寺街道 市街の北西部にある道。上京区浄福寺通中立売下ル菱丸町から下竪町まで800メートル西行し、御前通を北上して一条通に出て妙心寺の北を通って仁和寺門前に至る。明治以降、下竪町から西へ馬代...
奥渓家住宅  大友宗麟(桃山期のキリシタン大名)の孫奥渓以三を先祖にもち、後水尾天皇の中宮(東福門院)の御典医を務めた。東福門院様崩御の後は家禄を返上して当屋敷(別荘)に移り住み、仁和寺宮門...
島津アリーナ京都 府民のスポーツ振興を図り、あわせて行事・催物にも利用できる機能を備えた施設。第一競技場と第二競技場に分かれている。他に健康体力づくりのためのトレーニングルームを備えている。また...
平野国臣以下三十七士の墓 竹林寺(ちくりんじ)内すぐ右方にある。平野国臣は、もと福岡藩士で京都において同志とともに尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に奔走したが捕えられ、元治元年(1864)7月19日、蛤御門(は...
四之保社跡 威徳水 この地は、北野天満宮七保社のうち四番目に当る四之保社があったところである。七保社とは、菅原道真が、太宰府で薨(こう)じた後、随従の人々が帰京して、右京の地に建てたと言われている...
あかりデザイン工房 オーダーを受けてオリジナルの照明器具を制作する専門工房で和紙照明(あかり)の手作り体験をしていただけます。2名~6名様までの少人数制で、ゆっくりとした時間の流れる中、癒しのあかりを...
天神御旅商店会 商店街の東には北野中学校、西には山城高校などがあり、朝夕は通学する生徒の姿が目立つ。昭和2年には商店会が発足、毎年恒例の夏祭りは商店街内にある北野天満宮の御旅所で行われ、屋外ラ...