御香宮神社(駒札)

内容概要

 御祭神は神巧(じんぐう)皇后、仲哀(ちゅうあい)天皇、応神天皇など九柱を祀る。  社伝によれば、貞観4年(862)境内から清泉が湧き出て、その香気が漂い、その水を飲むとたちまち病が癒えたので、「御香宮」を賜った。  以後、伏見の産土神として人々の信仰を集めたが、度々の兵乱や天災により荒廃した。文禄年間(1592~96)豊臣秀吉は、当社を伏見城内に移し、鬼門の守護神としたが、慶長10年(1605)徳川家康により旧地である当地に戻され、現在の本殿(重要文化財)が建立された。表門(重要文化財)は、旧伏見城の大手門と伝えられている。  宝物として、秀吉の寄進した金熨斗付太刀(きんのしつけたち)(重要文化財)を蔵する。境内には、伏見義民文殊九助らの顕彰碑がある。  毎年、10月の神幸祭は、伏見祭・花傘祭とも呼ばれ、神輿や花傘、獅子などが出て、盛大に行われる。伏見区御香宮門前町

【正式名称】
御香宮神社
【住所】
御香宮門前町
地図表示

周辺情報

此付近伏見銀座跡  これより北方の銀座町は江戸時代のはじめ、徳川家康によってはじめて銀座がおかれたところである。銀座とは、鋳を加工して一定の品位をもつ丁銀、小玉銀などの銀貨とする独占鋳造所のこと...
伏見義民事蹟  天明5年(1785)、時の伏見奉行(ぶぎょう)小堀政方(まさかた)の悪政を幕府に直訴し、伏見町民の苦難を救い、自らは悲惨な最期を遂げた文珠(もんじゅ)久助ら7人を伏見義民とい...
「黒田節」誕生の地 「黒田節」は「酒は飲め飲め飲むならば 日の本一のこの槍を 飲みとる程に飲むならば これぞまことの黒田武士」の歌詞が特に有名な福岡県の民謡で、酒席には欠かせぬ名歌である。 この歌詞...
御香宮神社 平安期、境内から病気に効く香水がわき出たので清和天皇からこの名を賜ったという。桃山期の特色ある建築物のうち表門や極彩色彫刻の本殿は重文。神功皇后ほかを祀り、豊臣秀吉は伏見城の守...
西運寺 1596年(慶長1)の開創。幕末のころ、住職が裏山「指月の森」に住みついたタヌキにエサを与えて手なづけた。近くの俳人、歌人、画家も見物に訪れ、京焼の名工高橋道八がタヌキの焼物を寄進し...
御弓始神事 2月中卯の日、御香宮神社。秋の神幸祭に猿田彦命、天鈿女命のニ柱の神の役に当たる本役が、烏帽子・狩衣姿で、拝殿南側に立てられた「左鬼」の大的を射て、この一年の氏子区域内の平穏無事厄...
御香宮献茶祭 4月の内の1日、御香宮神社。三千家家元(持ち回り)により献茶式が行なわれ、境内各所にお茶席が設けられる。また、点心席では伏見の銘酒を飲むことができる、市バス/御香宮前、徒歩すぐ。問...
茅の輪神事 7月31日、御香宮神社。神事の後、宮司のお祓いを受けた後、本殿前に設けられた茅の輪をくぐる。夏の悪病払いを祈願するもの。茅萱を抜き取って、頭に巻くと知恵がつくとされている。午後3時...
七草粥接待 1月7日、御香宮神社。本殿にて七種神事が執行され、その神饌に使われた七草をお粥にして接待する。七草は氏子等農家よりお供えされ、餅・お米は氏子が正月に供えたもの。水は名水「御香水」...
春の例祭 4月17日、御香宮神社。祭神の神功皇后の命日に因む。祭典では、舞楽、仕舞等の奉納が行なわれる。市バス/御香宮前、徒歩すぐ。問合先:御香宮神社075-611-0559。見学自由。
御火焚祭<御香宮神社> 11月15日、御香宮神社。室町時代より行われている行事で、当日拝殿の南面両側に新穀の稲藁を立て、忌火で点火し、五穀の豊穣と火を生業にする諸産業の弥栄とを祈願した後、氏子崇拝者が願い...
伏見義民祭 5月18日、御香宮神社。伏見奉行・小堀政方の暴政を直訴した文殊九助と、審問のため捕らえられた町人7名が獄死、客死した。この7人は「天明義民」と称され、その義民の子孫や地元関係者らが集...
伏見大手筋 昔の伏見城の南を東西に貫く、伏見区の代表的な商店街。豊臣秀吉の城下町で、城の大手門に通じる道。かつてこのあたり、南北通がメインのため家の正面は南北通に面し、従って大手筋は横壁が...
桃山温泉 月見館 宇治川にかかる観月橋畔の旅館「月見館」の玄関先に江戸初期三十石船と同サイズのものが展示されている。展示されている船は20数年前、宇治川を巡っていた木造船を引き上げ当時の資料から復...
伏見城跡出土遺物展示室 伏見城跡出土遺物展示室は御香宮神社の社務所の一画に設けられ、下水道工事や伏見城の発掘調査で出土した瓦の一部を公開している。展示されているのは、大名屋敷の家紋入りの軒丸瓦や伏見城...
伏見義民の碑 伏見区御香宮神社内。1785年(天明5)伏見奉行小堀政方の暴政に対し、身をかえりみず江戸幕府寺社奉行に直訴した伏見の町人文殊九助、丸屋九兵衛ら7人は、4年にも及ぶ厳しい詮議のすえ漸く訴...
伏見銀座跡 伏見区銀座町1・2・3・4丁目。徳川家康が関ケ原合戦に勝利し翌年の1601年(慶長6)5月、伏見に設けた銀貨鋳造発行所。当時伏見は日本最大の城下町であり、中央政治都市。現在、両替町5丁目か...
伏見奉行所跡 江戸幕府の遠国奉行の一つ。伏見の民政・御所の警護・西国大名を監視。1666年(寛文6)水野忠貞が初代奉行。鳥羽伏見の戦の際、新撰組がここで薩長軍と激戦をかわす。明治期から終戦まで陸軍...
伏見義民事蹟 天明5年(1785)時の伏見奉行(ぶぎょう)小堀政方(まさかた)の悪政を幕府に直訴(じきそ)し、伏見町民の苦難を救い、自らは悲惨な最期を遂げた文珠(もんじゅ)九助ら7人を伏見義民とい...
御香宮神社石庭 御香宮神社は樹木に囲まれた神聖な境内。庭園は社務所内にある。江戸時代初期小堀遠州公が旧伏見奉行所内に作った庭園を戦後神社に移築した。形式は鶴亀式の枯山水で枯滝の三尊を連続させた...
伏見大手筋商店街振興組合 豊臣秀吉が築城した伏見城の表門にあたる大手門に続く道として誕生した大手筋通りは、大正12年に「すずらん灯」を設置したおしゃれな商店街としてスタートし、時代とともにその姿を変えてき...
桃山いろは旅館 ・室数10室(和室10室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バスなし個人 最低12,000円~最高14,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、平...
桃山温泉月見館 ・室数13室(和室13室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  最低23,100円~最高31,500円バスなし個人 最低18,900円~最高24,150円*宿泊料金は、客室の設備・広さ...
魚三楼 ◎料理種別-京料理・鍋もの(しゃぶしゃぶ・沖すき) ●おすすめコース ・京料理会席 10,000円~30,000円  ・季節膳   8,000円 ●サービスメニュー(AM11:30~PM2:00) ・花籠御...
くれたけ ◎料理種別-中華料理 ●おすすめメニュー ・坦々麺750円 春巻き630円 ギョーザ320円 やきめし630円 ●サービスメニュー(平日A.M.11:30~P.M.3:00) ・日替わりランチ 750円  ・ラ...