浄住寺(駒札)

内容概要

 葉室山に号し、黄檗(おうばく)宗に属する。  寺伝によれば、弘仁年間(810~824)嵯峨天皇の勅願によって円仁が開創した。弘長年間(1261~1263)葉室定嗣が西大寺の叡尊(えいそん)を請じて中興してのち、葉室家の菩提寺となって盛えた。正慶2年(1323)の絵図によれば、本堂・鐘楼・舎利殿など多くの堂宇がたちならんで威容を誇っていたさまが描かれている。  しかし、南北朝時代以後たびたび兵火にあい荒廃していたが、元禄2年(1689)葉室孝重は鉄牛禅師に深く帰依し、禅宗の寺として本寺を再興した。  本堂には本尊釈迦牟尼仏坐像を安置し、本堂背後の開山堂には鉄牛禅師像を安置する。  寺宝には、葉室氏及び叡尊関係のものが多く、なかでも叡尊自叙伝の古写本である「感身覚正記」が有名である。西京区山田開キ町

【正式名称】
浄住寺
【住所】
山田開キ町9
地図表示

周辺情報

西芳寺(苔寺)  山号を洪隠山といい、禅宗に属する。

 この寺の由緒はきわめて古く、奈良時代、聖武天皇の詔により行基(ぎょうき)が開創。平安時代初期には弘法大師も一時住し、鎌倉初期には法然上人...
地蔵院  衣笠山(きぬがさやま)と号する臨済禅宗の寺で、通称、谷の地蔵、又は、竹の寺とも呼ばれている。

 この地には、もと歌人の衣笠内大臣藤原家良(ふじわらのいえよし)の山荘があったが...
華厳寺 1723年(享保8)学僧鳳潭上人が最福寺跡地に華厳宗の再興の為に当寺を創建。19世紀初頭臨済宗に改宗。八代目住職 台巌和尚が鈴虫の音に開眼し研究を始め、今では年間5万匹を育て一年中鈴虫...
西芳寺 奈良時代に行基が開創。1339年(暦応2)に夢窓疎石を迎えて再興。臨済宗。心の字を形どる黄金池を囲む池泉回遊式庭園(史跡・特別名勝)は120余種の苔でおおわれ、幕末に岩倉具視が隠れ住ん...
地蔵院<西京区> 1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆...
田畑らんぷ館 庭火から始まったあかりの歴史、庶民の暮らしの中で使われてきた各種灯火具を中心に江戸時代から昭和初期頃までの灯火具の移り変わりをわかりやすく展示している。珍しいものに東大寺二月堂...
西芳寺 影向石 庭内にあり、松尾明神降臨の地という。一説に夢窓疎石の説法を松尾明神が岩上に坐して聞いたという。注連縄が張られている。
西芳寺 夢窓疎石坐禅石 単立(臨済系)。夢窓国師ゆかりの坐禅石が庭内に。
西芳寺庭園 西芳寺(苔寺)の庭園は、豪快な三段構成の枯滝石組も、大和絵のような池泉廻遊式の庭園も、すべてが百余種を越える緑苔で覆われた幻想的な静寂の世界。*当寺における「参拝」とは本堂で行...
地蔵院庭園<西京区> 1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆...