広沢池(駒札)

内容概要

 この池は宇多天皇の孫、寛朝(かんちょう)僧正が、永祚元年(989)ここに遍照寺を建立したときに造られたものと伝えられるが、一説にはこの付近一帯の用水池として掘られたものともいわれる。遍照寺は、池のほとりに釣殿・月見堂などを設けた美しい風景を前にした大寺であったが、早く荒廃し、いまはここから南の方へ約300メートルのところに遍照寺の名を伝える寺院があって、遍照寺創建当時の遺像といわれる十一面観音立像(重要文化財)と不動明王座像(重要文化財)を安置している。  この池は、古くより月の名所として有名で、多くの歌人によって数多くの歌が詠まれている。  いにしへの人は汀に影たえて  月のみ澄める広沢の池  源三位頼政  あれにける宿とて月はかわらねど  昔の影はなほぞこひしき    薩摩守平忠度(たいらのだたのり)  また、池の南堤は桜の名所として 西方の大沢池と並び称せられる。右京区嵯峨釣殿町(兒神社境内)

【正式名称】
広沢池
【住所】
嵯峨釣殿町(兒神社境内)
地図表示

周辺情報

遍照寺  廣澤山(ひろさわざん)と号する真言宗御室派の準別格本山である。

 当寺は、永祚元年(989)宇多(うた)天皇の孫にあたる寛朝(かんちょう)僧正が円融上皇の御願により広沢池北...
式内阿刀神社  式内阿刀神社は阿刀家の祖霊社である。 阿刀家は、かつてここで鎮魂伝を相承していた。また、阿刀家はここで嵯峨天皇の御作と言う天照大神のお木像をおまつりしていた。  昔は、この社...
遍照寺  989年(平安時代中期)宇多天皇の孫,寛朝僧正が広沢池畔の山荘を改めて寺院にしたものである。嵯峨富士と云われる端麗な遍照寺山を映す広沢池には金色の観世音菩薩を祀る観音島があっ...
春季大祭<遍照寺> 4月29日、遍照寺。屋外に炉を組み、供物を献じ、不動明王に供養する柴燈護摩を焚く。家内安全、交通安全、無病息災、当病平癒、良縁成就、健康増進、除災招福、商売繁盛、学業成就、合格祈願...
嵯峨グレースホテル ・室数32室(和室31室・洋室1室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人 最低15,000円~最高22,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン...
民宿わらびの里 ・室数10室(和室10室)・宿泊料金(税別)  1泊2食付 最低 6,000円~最高 8,000円1泊朝食付 最低 5,000円~最高 5,500円1泊素泊り 最低 4,000円~最高 5,000円*宿泊料金は、客室...