等持院(駒札)

内容概要

 山号を万年山といい、もと仁和寺の一院であったが、南北朝時代の暦応4年(興国2年・1341)に足利尊氏が夢窓国師を開山として中興し、三条高倉の等持寺の別院とした。延文3年(正平13年・1358)尊氏の歿後この寺に葬り、その法名をとって等持院と名づけ、のち、等持寺を合併して臨済宗天竜寺派に属するようになった。  足利氏の菩提所として堂塔伽藍は衣笠山麓に威容を誇ったが、長禄年間(1457~60)以来、しばしば火災にあって荒廃し、現在の建物は江戸・文政年間(1818~30)の建立である。  方丈は、元和2年(1616)福島正則が建立した妙心寺海福院の方丈を移建したものと伝えられ、霊光殿には尊氏の念持仏といわれる利運地蔵像を安置し、左右壇上には足利各将軍と徳川家康の衣冠等身の木像を安置する。境内には尊氏の墓と伝える高さ5尺の宝筐印塔があり、芙蓉池畔の清蓮亭茶室及び夢窓国師作庭と伝える池泉回遊式庭園などがある。北区等持院北町

【正式名称】
等持院
【住所】
等持院北町63
地図表示

周辺情報

六請神社  北山と号する臨済宗相国寺派の別格本山で、足利義満が応永4年(1397)に営んだ山荘・北山殿を、その死後、禅寺に改め、義満の法号をとって鹿苑寺と名付けたものである。

 金閣(舎...
天球院  臨済宗妙心寺派に属する禅寺である。

 当院は、岡山藩主池田光政(みつまさ)兄弟が、大伯母天久院(てんきゅういん)のために、寛永8年(1631)から同12年(1635)にかけ...
桂春院  慶長3年(1558)に美濃の豪族石河壹岐守貞政(いしこいきのかみさだまさ)が桂南和尚(けいなんおしょう)を請じて創建した妙心寺の塔頭の一つで、東海派に属している。  庭園は方丈...
桂春院 妙心寺塔頭。慶長年間(1596-1615)美濃の豪族石河壱岐守貞政が父の菩提を弔うため、桂南和尚を請じて創建した。庭園(名勝・史跡)は江戸時代の作庭で、方丈南庭、東庭、書院前庭の三つに分...
天球院 妙心寺塔頭。1631年(寛永8)岡山藩主池田光政が伯母天球院のため建立。開山は江山景巴。本堂(重文)は玄関をつけた大型方丈形式で、江戸時代方丈建築の典型とされている。内部の襖絵と杉戸...
等持院 足利将軍家の菩提寺。暦応4年(1341)年足利尊氏が等持寺の別院として夢窓国師を開山として創建。尊氏の死後、その墓所となり、等持院と改めた。庭園は東西に分かれ、西の庭は芙蓉池と...
隣華院 妙心寺塔頭。1599年(慶長4)、脇坂安治が南化玄興を開山に迎えて創建。客殿には長谷川等伯筆の山水図襖(重要文化財)・狩野永岳筆の西園雅集図襖(市指定文化財)などがある。また豊臣棄丸...
きぬかけの路 金閣寺から仁和寺までの2.5キロ。市道衣笠・宇多野線沿道には両寺のほか龍安寺、衣笠山など寺院・名勝が楽しめるルート。また京都府立堂本印象美術館や等持院にも立ち寄ることができる。道名...
末川記念会館 立命館大学キャンパス内にある。昭和58(1983)年に故末川博立命館名誉総長の偉業と遺徳を顕彰し、その精神の継承発展を図るため、建設された。故末川名誉総長の学問的・社会的業績ならびに...
立命館大学国際平和ミュージアム 「一五年戦争」の実相を、被害・加害の両面にわたって展示するとともに、冷戦後の世界構造の変化と、そこで引き起こされる紛争・戦争についても展示しています。また、展示室「平和をもとめ...
桂春院庭園 桂春院の南庭は皐月の刈込と椿、楓の「真如の庭」。東庭はうっそうと茂る樹間に打たれた飛石が茶室既白軒に通じる外露地も兼ねる「思惟の庭」。
等持院庭園 足利将軍家の菩提寺。暦応4年(1341)年足利尊氏が等持寺の別院として夢窓国師を開山に創建。尊氏の死後、その墓所となり、等持院として改めた。庭園は東西に分かれ、西の庭は芙蓉池と称...
京象嵌の館 川人ハンズ ・京象嵌製品展示、販売。・体験-京象嵌教室(2700円/税込 1回4名以上) 所要時間 約1時間30分,午後12時~1時休憩(携帯ストラップ製作/要予約)
西一条商店街 昔からの周山街道で、交通量の多かった一条通に昭和初期から並んでいた商店が、昭和26年に西一条繁栄会を結成。さらに昭和30年に協同組合を設立。西一条商店街の一条通りは周山街道の起...
第107回ミニ企画展示 熟覧Ⅱ―メディア資料室への誘い― ミュージアム学生スタッフとハワイからの短期留学生が選んだおすすめの収蔵資料や図書などから、同館の持つ豊富な教育・研究資源を紹介します。
春季特別展 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展 世界の出来事やいのちの一場面をとらえたフォトジャーナリズムの作品展。