西方寺(駒札)

内容概要

 当寺は入逢山と号し、浄土宗西山派粟生光明寺に属する。この常盤の地は嵯峨野の入口に当たり、王朝時代から多くの貴族の別業が営まれた所である。  三條天皇の長子・敦明親王は後一條天皇の皇太子であった。しかし、この頃は摂政藤原道長の全盛時代であり、道長は一條天皇の中宮、彰子(道長の長女)の第三子敦良親王(のち後朱雀天皇)を春(とう)宮(皇太子)とするため圧力を加えた。そのために親王は寛仁元年(1017)八月、皇太子を辞し、太政天皇に準じ、小一條院の名を与えられて、この地に隠棲し、のち出家した。親王の没後、ここは寺となっていたが、鎌倉時代、法然の弟子、宇都宮頼綱入道蓮生が寺内に念仏堂を建て、西方寺と称するようになった。応仁の乱の頃、仁和寺が焼失し、寛永11年に再建されるまで170年の間、仁和寺の寺基がここなどに移してあったという。  敦明親王御歌   雲居まで立昇るべき煙かと    みえしに思いのほかにもあるかな 右京区常盤出口町

【正式名称】
西方寺
【住所】
常磐出口町
地図表示

周辺情報

源光寺 当初は仁和寺の末寺であったが、現在は臨済宗天龍寺派の末寺で常盤山源光寺といい、本尊に地蔵菩薩を祀っている。創建は嵯峨天皇第三皇子である左大臣源常(みなもとのときわ)の山荘を寺に...
法雲院 臨済宗永源寺派。山号は龍臥山。烏丸(光廣)家、彦根井伊(直滋)家、勘解由小路家、裏松家、櫻野家、七條家の菩提寺。1661年(寛文1)烏丸資慶が祖父光廣の法号をとり、永源寺の仏頂国師を...
京都太秦美空ひばり座 京都太秦美空ひばり座・映画文化館●美空ひばり座。多くのファンに親しまれた「京都嵐山美空ひばり座」の展示物に加え、映画女優としてのひばりの魅力を伝える、東映出演映画全93作品に関す...
株式会社東映京都スタジオ 進化する映画村で、夢の世界にワンダートリップ!!江戸や明治時代などの町並みを再現したオープンセットでは、映画やTVの撮影が行われることも。忍者ショーやちゃんばら辻指南などのイベン...