大将軍神社(駒札)

内容概要

 素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祭神とし、相殿には関白藤原兼家(かねいえ)公を祀る。  桓武天皇は、平安京造営にさいし、大内裏(だいだいり)鎮護のため四方四隅に神を祀り、四方に和魂を祀って天王ととなえ、四隅に荒魂として素盞嗚尊を祀って大将軍と称したと伝えられ、当社は東南隅の大将軍社の由緒を伝えている。ただし、社殿はたびたびの戦火によって廃絶し、文政12年(1829)朝議大夫(ちょうぎたいふ)陸奥守千葉正胤(ちばまさたね)がここに再興した。大将軍神社の由緒に加えて、この地は平安京三条口の交通の要地にあたり、悪神の侵入をふさぐため荒魂を奉祀することは中世以来の長い伝統をもっていたと考えられる。  境内の東三條社は東三條殿(ひがしさんじょうでん)の故地で平安中期、藤原兼家・道長らの邸宅として景勝の美をうたわれた屋敷のことである。その故地は現在の釜座(かまんざ)三条あたりと推定されるが、この附近一帯の地名によって当社にその名跡をとどめているのである。北区西賀茂角社町

【正式名称】
大将軍神社
【住所】
西賀茂角社町
地図表示

周辺情報

神光院  放光山(ほうこうざん)と号する真言宗の寺である。

 寺伝によれば、建保五年(1217)に上賀茂神社の神主、賀茂能久(よしひさ)が、「霊光の照らした地に一宇を建立せよ」との神託を受...
西方寺  来迎山(らいごうざん)と号する浄土宗の寺である。  承和年間(834~848)に円仁(えんにん)(慈覚大師)が創建したと伝え、もとは天台宗山門派に属していたが、正和年間(1312...
神光院 ‘西賀茂の弘法さん’として親しまれている。真言宗。1217年(建保5)の創建。本尊弘法大師像は、空海(弘法大師)42歳の時の自刻の木像と伝え、厄除け大師として信仰を集めている。境内に幕末...
一様院 山号を白毫山と号する黄檗宗の寺院。本尊は薬師如来。1711年~1716年(正徳年間)近衛基熙公が開基となり、隠巌禅尼を迎えて開山とする。その後30余人の尼僧の道場として塔頭10余ヶ寺があっ...
浄土宗西山深草派 日照山 法雲寺  法雲寺は天正19年(1591)、長翁玉春上人によって開創された。天正15年聚楽第に戻った豊臣秀吉は、洛中の区画整理を行っていた。その折母大政所からの請願により、聚楽第から近い四条大...
大宮交通公園 子どもが楽しみながら交通に関する知識や、正しいルールが学べる。市電(車内は図書室)、蒸気機関車の展示や足踏式ゴーカート、三輪車等もある。交通ルールや安全知識を子供たちが楽しく学...