平岡八幡宮(駒札)

内容概要

当社は梅ヶ畑(うめがはた)八幡宮とも呼ばれ、応(おう)神(じん)天皇を祭神とする右京区の梅ヶ畑一帯の産土社(うぶすなしゃ)である。大(だい)同(どう)四年(八○九)に神護寺の鎮守として空海が大分県の宇佐八幡宮から勧請したのが起源であり,応(おう)永(えい)十四年(一四○七)の焼失後には足利義満が社殿を再建している。  現在の本殿は、文政(ぶんせい)九年(一八二六)に造営されたもので、大工は上嵯峨の宗兵衛と室町の中川常右衛門藤原忠寛である。この本殿は市内に現存する数少ない切妻造(きりづまづくり)本殿の一つであり、平成十二年に京都市の有形文化財に指定されている。本殿天井には極彩色の花卉(かき)図が四十四面描かれており「花の天井」と呼ばれ、更に内法(うちのり)長押(なげし)には熨斗(のし)に包まれた梅や椿が描かれるなど装飾性の強い空間になっており,これら彩色画を描いたのは綾戸鐘次郎藤原之信である。  また,毎年十月の祭礼「三役(さんやく)相撲(京都市無形民俗文化財)」は地元の子供と大人が取り組み,神の加護を受けた子供が勝つという古くから伝わる神事である。

【正式名称】
平岡八幡宮(ひらおかはちまんぐう)
【住所】
梅ケ畑宮ノ口町23
地図表示

周辺情報

大龍寺 1586年(天正14)都に疫病が流行し、然誉上人がうすさま明王の法力にすがり建立。「うすさま堂」は後年、信者が材木を持ち寄り建立した。もと中京区の裏寺町にあって花街のきれいどころのお...
平岡八幡宮 弘法大師が神護寺の守護神として自ら描いた僧形八幡神像を御神体として創建された山城国最古の八幡宮である。本殿は室町時代に焼失したが、足利義満により再建され、現建物は文政9年の修復。...
創祀祭・お火焚き祭 11月23日、平岡八幡宮。当社は大同4年(809)12月10日、空海が神護寺鎮護のため宇佐八幡を勧請、自ら描いた僧形八幡神像を御神体として創建された。創祀祭は弘法大師の当社創建を祝う祭り。...
椿を愛でる会 平岡八幡宮。境内の樹齢300年を超える紅椿や、樹齢200年の白玉椿などの他約200種類の椿が観賞できる。市バス/平岡八幡前、徒歩5分。問合先:平岡八幡宮075-871-2084。見学無料。H30年は3/9~...
花の天井特別拝観 平岡八幡宮。江戸時代に描かれた、神殿天井の極彩色の花絵44枚が公開され、個人・団体に係らず説明をしてくれる。また、拝観者には大福茶の無料接待がある。11月下旬からは高雄もみじが見頃...
例祭<平岡八幡宮> H30年10月7日、平岡八幡宮。同社の秋の祭礼で、豊作を祈る。祭典の後、三役相撲が行われる。これは、子どもも努力すれば、八幡神の加護で大人に勝てると諭すもので、小学3年生と青年達が対戦...
「花の天井」特別拝観 本殿内陣天井に描かれた44種の花の絵は、江戸期のものと伝えられます。