新日吉神宮(駒札)

内容概要

 永暦元年(1160)後白河法皇が、その御所法住寺内に比叡山東坂本の日吉山王(ひえさんのう)七社(日吉大社)を勧請されたのが当社のはじまりである。  創立当初の社地は今の市立美術大学付近の地で、その後元和元年(1615)豊国廟社の破毀とともに旧廟前に移り、さらに明治30年(1897)この地に移った。  祭神は後白河法皇の他、大山昨命(おおやまくいのみこと)など山王七柱を主神とし、相殿に素戔鳴尊(すさのおのみこと)、大年神(おおとしのかみ)を祀っている。  社殿は応仁の兵火で焼け、その後しばしば増改築が行われたが、現在の本殿は、天保6年(1835)の改造で、大きな流造(ながれづくり)である。  古くから朝廷の崇敬厚く上皇の御幸(ぎょうこう)は108度に及んだといわれ、また数多く天皇の遺物、宸筆を蔵している。  なお江戸後期の小沢蘆庵(おざわろあん)をはじめ多くの文学者の稿本など近世文学の資料を蘆庵文庫の名で宮司家が保存していることは名高い。東山区法院前側町

【正式名称】
新日吉神宮
【住所】
妙法院前側町
地図表示

周辺情報

烏寺  熊谷山専定寺(くまがいざんせんじょうじ)と号し、浄土宗西山禅林寺派に属する。

 寺伝によれば、昔、専定(せんじょう)法師という旅僧がこの辺りの松の木の木陰で休んでいると、2羽...
豊国神社  豊臣秀吉を祀り、一般に「ホウコクさん」の呼称で人々に親しまれている神社である。

 慶長3年(1598)に63歳で亡くなった秀吉は、後陽成天皇より正一位の神階と豊国大明神の神号...
三島神社  祭神として天津日高彦火瓊々杵尊(あまつひたかひこほのににぎのみこと)・大山祇命(おおやまつみのみこと)・木之花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る。

 後白河天皇の中...
養源院  豊臣秀吉の側室淀君が父浅井長政の追善のため文禄3年(1594)成伯法師(長政の従弟)を開山として建立した。寺号は長政の法号養源院をとったものである。もとは天台宗であったが、今...
青葉まつり 6月15日、智積院。宗祖弘法大師、中興の祖興教大師両祖の誕生を祝う慶祝法要。法要のほか、大峰山入峰の修験者による柴灯大護摩供、嵯峨御流の献花式があり、講堂では茶席接待がある。障壁画...
新熊野神社  後白河上皇は紀州の熊野権現を深く信仰され、しばしば御幸(ごこう)されて、御参籠になったので、世に熊野御幸として知られている。永暦元年(1160)熊野三山をこの地にあった仙洞御...
智積院  真言宗智山(ちさん)派の総本山で全国に3000余の末寺がある。もと紀州根来山(ねごろ)の学頭寺智積院であったが、豊臣秀吉にせめられたとき、京の学頭玄宥(げんゆう)僧正は、難を...
蓮華王院(三十三間堂)  現在は天台宗妙法院の管理になるお堂で、正式には蓮華王院と言い、長寛2年(1164)鳥部山麓(現・阿弥陀ヶ峯)にあった後白河上皇・院政庁「法住寺殿」の一画に平清盛が造進した。一...
専称寺  この寺は、もと天台宗の末寺であったが、いまは浄土宗西山禅林寺派に所属している。  境内には醍醐三宝院の開山たる理源(りげん)大師が大峯山をきりひらかれたときの自作念持仏「馬頭...
新熊野神社 平安後期、熊野詣盛んな頃、後白河上皇が平清盛に命じ、熊野の神をここに勧請するため、熊野より土砂材木等を運び社域を築き社殿を造営、神域に那智の浜の青白の小石を敷き霊地熊野を再現し...
新日吉神宮 1160年(永暦1)後白河法皇が法住寺殿を造営し、近江日吉山王の神を勧請したのが始まり。社地は転々とし、明治期に現在地へ。酒造、医薬、縁結びの神として信仰がある。5月第2日曜は「新日吉...
義士会法要 12月14日、法住寺。三十三間堂の東側にある、後白河法皇の法住寺殿ゆかりの寺で、大石良雄が仇討ちを祈願した身代り不動尊がある。本堂にて舞妓による献茶式、島原の太夫による太夫道中があ...
三十三間堂の通し矢 通し矢の起りは諸説であるが、本堂の縁の上で矢をとばして、その矢数によって優劣を競った競技とも。その故事にならい、全国から弓道の有段者が集まって三十三間堂全国大的大会が開かれ、本...
大谷本廟 浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗祖・親鸞聖人の廟所(祖壇)。徳川幕府の命により1603(慶長8)年、現在の東山五条に移転。明著堂、佛殿(本堂)、無量寿堂、総門などの建物が並び、参道正面...
楊枝のお加持 楊枝のお加持大法要は、午前9時から境内が無料開放され、妙法院門主をはじめ、高僧が参詣者の頭に柳の枝でお加持された浄水を降りそそぎ、功徳を分け与える。古来より頭痛平癒にご利益がある...
専定寺 1200年の初期に専定法師開創。寺伝では、専定という僧が木陰で休んでいると、松の枝で二羽の烏が「きょうは熊谷蓮生坊が極楽往生する日」と話すので、みると、烏が南の空へ飛び去り、同時刻...
智積院 真言宗智山派総本山。末寺約3000。南北朝のころ創建された紀州根来山の学頭寺院が起こり。1585年(天正13)兵火に遭い、難を京都に避けた。大坂城落城後、豊臣秀吉の愛児鶴松の菩提を弔うた...
豊国神社 豊臣秀吉は没後、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ、壮麗な豊国社に祀られたが大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊された。現在の社殿は1880年(明治13)に再建のもの。唐門(国宝)は伏見城の遺構で桃...
例大祭 市バス/今熊野、徒歩すぐ。問合先:新熊野神社075-561-4892。見学自由。
大樟祭 28年9月22日(秋分の日)、新熊野神社。社頭の巨樹「大樟さん」は後白河上皇が当社草創の際、紀州熊野より移植、お手植された。熊野大神のご降臨になる「影向(ようごう)の大樟」で、健康長...
左義長祭 H27年1月12日(成人の日)、新熊野神社。左義長は正月用品を焼納する宮中の正月神事。青竹3本を束ねて立てた左義長を燃やして、天下泰平・五穀豊穣・氏子崇敬者の安全と繁栄を祈念する。実施...
茅の輪くぐり 6月30日、新熊野神社。茅(かや)の葉で直径2メートル程の輪を作り、社頭に飾り、その輪をくぐる。延命長寿、病ぬけのご利益がある。「母の分 も一つくぐる 茅の輪かな」 一茶。市バス/今...
綱掛祭 12月23日、新熊野神社。東大路通に堂々とした枝ぶりを広げる樟は、後白河法皇お手植えといわれ、健康長寿・病魔退散、特にお腹の神様として信仰されている。この樟に氏子達が来る年の幸多き...
新日吉祭 5月第2日曜日、新日吉神宮。神仏混淆の珍しい行事。神幸出立祭の後、馬場御供の儀、妙法院門跡法楽の儀が行われる。鳳輦を中心に幸御鉾、稚児武者などの行列が氏子域を巡行する。市バス/東山...
火焚祭<新日吉神宮> 11月14日、新日吉神宮。後白河法皇の院御所法住寺殿の鎮守として近江日吉社から勧請され、御所の北東に祀られたのが始まりという。祭典・神楽奉納の後、湯立て神楽が奉納され、また災厄祓の...
例大祭<新日吉神宮> 10月16日、新日吉神宮。新日吉神宮の創祀された日であり、また後白河法皇の合祀された日でもあることを記念して行われる。東山七条の妙法院が、長らく当社の別当寺院であった名残を伝える神...
妙法院 天台宗の門跡寺院。妙法院という名称は、平安後期、比叡山西塔本覚院の快修がこの別号で呼称されたことに始まる。幕末まで代々法親王が住持。庫裏(国宝)は1595年(文禄4)頃の建築で、本瓦...
養源院 1594年(文禄3)淀殿が父浅井長政追善のため創建。のち焼失。1621年(元和7)徳川秀忠夫人崇源院が伏見城の遺構を移し再建。廊下の天井は、伏見城落城の際、自刃した武将たちの血のりのしみ...
蓮華王院 南北に120メートル。内陣の柱と柱の間数が33あり、木造建築では世界でも類稀な長さ。1164年(長寛2)後白河上皇が発願し、平清盛が寄進して創建。堂内には、中尊千手観音坐像(国宝)を中心...
法住寺 <平成28年度>○元旦~1月7日 新年護摩祈祷会○1月の15日に一番近い日曜日 無病息災大根焚き(護摩供奉修) ※三十三間堂通し矢と同じ日に行ないます(年によって日が変わ ります)○2月3日 節...
今様合 10月第2日曜、法住寺。後白河法皇が愛好したといわれる「今様」の保存と復興のために開催される行事。阿弥陀堂法皇像御宝前にて法要が行われる。続いて雅やかな平安貴族の姿で今様を再現する...
無病息災大根焚き 1月15日の最寄の日曜日、法住寺。1年の無病息災を願って行われる新春の恒例行事。大釜で大根が焚き上げられ、参拝者に配られる(団体の場合は要予約)。午前10時、正午、午後2時に分けられ、...
後白河法皇御木像御開扉 25年度、通常通り5月1日~7日、法住寺。後白河法皇にゆかりの深い同寺にて、3日の後白河法皇忌にあわせて、運慶作とされる法皇像の御前立(本像は宮内庁管理)が年に一度公開される。3日の法...
採燈大護摩供 11月15日、法住寺。本尊の身代わり不動尊に家内安全、無病息災諸願円満を祈願する。笛や琴などの芸能が奉納された後、稚児行列。本堂前護摩段の周りを、天狗を先導に赤・青・黒の3匹の鬼が拍...
大般若経会 1月、5月、9月の各21日、養源院。家運隆盛商売繁盛祈念に行われる。伏見桃山城で豊臣秀吉(太閤さん)が信仰していた大聖歓喜天(お聖天さん)の御宝殿で大般若経600巻が要約・転読される。...
豊国神社例祭・献茶祭 9月18日~9月19日、豊国神社。例祭は招待者以外は祭典に参列できないが、舞楽奉納などは唐門下賽銭箱前より見ることができる。また、18日には境内でフリーマーケットも開催される。献茶祭は...
伏見街道 東山区五条大橋東の本町一丁目を南下して、伏見に通じる本町通の街道筋。本町二十二丁目で伏見区の深草稲荷榎木橋町に接する。江戸期は本町二十二丁目以北が京都奉行所、以南が伏見奉行所の...
大和大路通 東山区西部の南北路。北は三条通から南は塩小路通までだが、現在、四条通から南を大和大路通、三条通と四条通間を縄手通と称する。伏見を通り大和への連絡路になるため大和大路通の名がある...
河井寛次郎記念館 世界的な陶芸家・故河井寛次郎の遺邸(寛次郎自らの設計による)。河井寛次郎の作品、デザイン画、蒐集品、住居の公開展示。寛次郎の初期から晩年に至る陶器、木彫や奔放な書を展示。重厚な...
京都国立博物館  千年の都京都を中心に、文化財の展示・保存・研究を進める国立博物館。 2014年9月にオープンした平成知新館では、随時展示替えを行っており、館収蔵の名品の数々をご覧いただけます。開館...
豊国神社宝物館  豊国神社境内の奥にある桃山風造りの建物。大正14年(1925)12月に開館。豊臣秀吉の業績、遺徳を広く伝える為に、太閤ゆかりの品々が展示されている。 なかでも、慶長9年(1604)に行なわれ...
智積院収蔵庫 智積院は日本の壁画を代表するものとして世に知られている国宝「桜図」と「楓図」をはじめとして、「松に秋草図」、「松に立葵図」などの障壁画が鑑賞できる。いずれも、長谷川等伯とその一...
智積院名勝庭園 智積院の庭園は、細長い池の北端からの景色は池と滝と築山とが一体となって遠近感が強調され印象的な視覚効果をもたらしている。池泉廻遊式庭園。五月から六月にかけてツツジやサツキがいっ...
窯元西村菰軒 窯元での体験教室の草分け的存在。三代目西村源治氏の指導のもと、実際にプロが使用するものと同じ粘土を使って作陶することができる。作陶して頂けるものは、マグカップ、茶碗、花瓶、壷、...
陶芸高木岩華 清水焼の窯元で焼きあがった状態の器に5色の絵の具で絵を描く上絵付の技法が体験できる。失敗してもすぐに拭い取り描き直せるので気軽に楽しめる。作品は800度の高温の窯で焼くため色も鮮や...
法住寺<写経> 赤穂浪士の大石内蔵助が討ち入り前、本尊身代不動明王に参拝したといわれ、堂内には四十七士の木像が安置されている。お堂や庭園を拝観したあと、写経ができる。
京町屋 体験工房 和楽 築117年の京町家で、古きを感じ、古きを育てる体験工房です。京都の思い出を手づくりしてください。伝統工芸の京友禅、お香。竹細工では、かんざし、おはし、耳かき等。他にも、糸巻きあんど...
京菓匠 七條甘春堂<京菓子手作り体験教室> 三十三間堂前に本店を構え京菓子を作り続けて150年のお店。町屋の風情を感じながらの体験教室は他にはない趣。一般3種類4個お作りいただきます。(1種類2個のうち1個を当且坐喫茶でご自身で...
今熊野商店街振興組合 東大路通七条を南下して九条通りに折れ曲がる手前に集積する商店街。南端に京都第一日赤病院があり、東に坂を登れば泉涌寺、日赤病院の南に入れば東福寺がある,東大路通りに面して新熊野神社...
七条鴨東商店街 市電七条線撤去後の昭和52年に結成。平成元年に七条通車道の修復工事が行われ、歩道はインターロッキングブロックによるカラー舗装がなされた。平成5年には街路灯が新しく建て替えられた...
馬町商店会 保元物語・太平記などに登場する場所。また、鎌倉幕府の六波羅探題もこの地にあった。昭和51年に統一看板、52年には街路灯の設置をし、「お楽しみ手帳」を発行して証紙事業にも取り組ん...
ホテル東山閣 ・室数131室(和室37室・洋室44室・和洋室50室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  最低12,000円~最高25,000円バスなし個人 最低12,000円~最高25,000円*宿泊料...
沖よし 寿司・仕出し ◎料理種別-京料理・鍋もの・寿司・天ぷら・うなぎ ●おすすめコース ・京会席 7,500円~ ●サービスメニュー(PM0:00~PM1:00) ・日替定食 1,350円 ●その他 ・ちらし弁当(2段...