西方寺(駒札)

内容概要

 来迎山(らいごうざん)と号する浄土宗の寺である。  承和年間(834~848)に円仁(えんにん)(慈覚大師)が創建したと伝え、もとは天台宗山門派に属していたが、正和年間(1312~16)に道空(どうくう)上人(しょうにん)が中興して浄土宗に改められ、以後、六斎念仏の寺として知られている。  毎年八月一六日には、五山送り火の一つである船形(ふながた)万燈籠(まんとうろう)が点火され、終了後、境内で六斎念仏が行われる。当寺の六斎念仏は、鉦や太鼓を使って念仏を唱える極めて古風なもので、六斎念仏の古態を今に伝えるものとして知られている。  境内には、皇室制度や神道史の研究家として知られるイギリス人リチャード・ポンソンビーの碑が建てられている。また、背後の小谷墓地には、幕末の歌人太田垣(おおたがき)蓮月尼(れんげつに)や上賀茂神社の祠官賀茂(かもの)季鷹(すえたか)、また著名な料理人で陶芸家でもある、北大路魯山人の墓がある。北区西賀茂鎮守庵

【正式名称】
西方寺
【住所】
西賀茂鎮守庵53
地図表示

周辺情報

神光院  放光山(ほうこうざん)と号する真言宗の寺である。

 寺伝によれば、建保五年(1217)に上賀茂神社の神主、賀茂能久(よしひさ)が、「霊光の照らした地に一宇を建立せよ」との神託を受...
大将軍神社  素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祭神とし、相殿には関白藤原兼家(かねいえ)公を祀る。  桓武天皇は、平安京造営にさいし、大内裏(だいだいり)鎮護のため四方四隅に神を祀り、四方に...
正伝寺 鎌倉時代、東巌慧安禅師が一条今出川に仏殿を構え、1282年(弘安5)今の地に移った。本堂(重文)は承応2年(1652)に伏見城御成御殿を移建。内部の襖絵は狩野山楽筆。廊下に血天井がある。...
神光院 ‘西賀茂の弘法さん’として親しまれている。真言宗。1217年(建保5)の創建。本尊弘法大師像は、空海(弘法大師)42歳の時の自刻の木像と伝え、厄除け大師として信仰を集めている。境内に幕末...
一様院 山号を白毫山と号する黄檗宗の寺院。本尊は薬師如来。1711年~1716年(正徳年間)近衛基熙公が開基となり、隠巌禅尼を迎えて開山とする。その後30余人の尼僧の道場として塔頭10余ヶ寺があっ...
浄土宗西山深草派 日照山 法雲寺  法雲寺は天正19年(1591)、長翁玉春上人によって開創された。天正15年聚楽第に戻った豊臣秀吉は、洛中の区画整理を行っていた。その折母大政所からの請願により、聚楽第から近い四条大...
正伝寺庭園 正伝寺の庭園は、比叡山を借景に白砂の上に石ならぬ皐月の刈込で七五三を表現した枯山水。俗に獅子の子渡しの庭とも。方丈は、もと金地院の書院。ホームページ shodenji-kyoto.jp