松ヶ崎大黒天(駒札)

内容概要

 松崎山妙圓寺と号し、日英上人の開基にかかる日蓮宗の寺である。  本尊の大黒天は伝教大師の作、日蓮聖人が開眼したものといわれている。当寺は京都の表鬼門に位置するところから、古来、福運を授ける神と信ぜられ、昭和44年(1969)の火災にも無事で「火中の大黒さま」と呼ばれて、正月初子の日を始めとし、甲子の日には参詣者が多い。  当寺は京都・都七福神の第一番で、背後の山では毎年8月16日孟蘭盆会の行事として「妙法」二字の送り火を点ずる。左京区松ヶ崎東町

【正式名称】
松ヶ崎大黒天
【住所】
松ヶ崎東町31
地図表示

周辺情報

涌泉寺  日蓮宗の寺である。大正7年(1918)本涌寺と妙泉寺で合併して涌泉寺と改名した。妙泉寺は、はじめ天台宗に属して歓喜寺といったが、永仁年間(1295頃)日像上人が関西に日蓮宗を...
妙円寺 「妙法」の送り火で知られる松ヶ崎東山「法」の下にある。1616年(元和2)日英上人が創建の際、法華経の守護神として別棟にまつったのが大黒さん。「松ヶ崎の大黒さん」として全国より参拝あ...
京都工芸繊維大学美術工芸資料館 京都工芸繊維大学のキャンパスのほぼ中央に位置する美術工芸資料館の収蔵品は、前身校の一つである京都高等工芸学校の創立以来の収集品が中心となっています。京都高等工芸学校は明治35(190...
アピカルイン京都 ・室数52室(和室27室・洋室21室・和洋室4室)・宿泊料金(税・サービス料込)   シングル 7,560円~  1泊2食付 12,960円~  10畳和室(定員4名)6,480円~ 1泊2食付 11,880円~...