田中神社(駒札)

内容概要

 祭神として大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。  この付近はもと田中村と呼ばれる村があったが、その産土神(うぶすながみ)として、村民の信仰をあつめてきた神社である。  社伝によれば、弘安年間(1278~88)に祀られたものといわれ、その後、寛永5年(1628)下鴨神社の造替に際し、比良木社の旧殿を寄附せられた。しかし、その社殿は、宝永3年(1706)の田中村の火災により、社蔵の古文書と共に焼失してしまった。その後再建された社殿及び拝殿には、三ツ葉丸葵の紋が付けられ、昔の由緒を伝えている。  末社は四座あり、境内社の玉柳稲荷社は、明治25年に、氏子の要望によって建立されたものである。  例祭は、毎年10月23日に行われ、多くの参詣者で賑う。左京区田中西樋ノ口町

【正式名称】
田中神社
【住所】
田中西樋ノ口町
地図表示

周辺情報

百万辺知恩寺  長徳山功徳院と号し、浄土宗四本山の一つである。もと賀茂社の社領とされた今出川の北(今の相国寺の辺)に賀茂社の神宮堂あるいは賀茂社の河原屋(かわらや)と呼ばれる草庵があって、法...
百萬遍知恩寺 浄土宗大本山の一つ。法然上人の弟子 源智上人が師の遺跡であり下賀茂神社の神宮寺であった『功徳院』(今出川釈迦堂または賀茂のかわら屋とも)を師の恩徳を偲び『知恩寺』とした。元弘元年(...
百萬遍知恩寺 十夜法要 秋の集い 毎年11月1日に開催される十夜法要では大殿(御影堂)内にて午後1時から法話があり、午後1時半より声明による古式法要が勤修され、回向師による諷誦回向もされます。また外陣にて百萬遍大念珠...
百萬遍知恩寺除夜法要 毎年12月31日には除夜の鐘を撞きます、京都市内の寺院では珍しく、どなたでも梵鐘を自分で撞けるのが特色です。午後10時15分からの開扉のあと、午後10時30分より堂内にて108番までの整理券を...
御蔭通 左京区中央部の東西路。東は白川通から西は下鴨本通まで。通り名は下鴨神社の御蔭祭の神幸の道筋に当たるため。西方は高野川に架かる御蔭橋から東へ田中を抜けて白川通から志賀越道につながる。
田中京極商店街振興組合 昭和24年に田中京極繁栄会として発足、昭和57年に法人化する。毎年恒例の納涼まつりには、地域消費者を中心に大勢の人出で賑わう。中元・歳末の売出しには特賞として一泊旅行に招待するなど...