光雲寺(駒札)

内容概要

 霊芝山(れいしざん)と号し、臨済宗南禅寺派に属する。南禅寺北ノ坊とも呼ばれる。もと摂津(大阪府)にあったが、寛文年間(1661年頃)後水尾天皇及び中宮東福門院(徳川家康の孫娘和子)が南禅寺の英中禅師に深く帰依され、当寺をこの地に移して再興された。  本尊には、東福門院(とうふくもんいん)の釈迦如来と観音菩薩を賜って安置した。歴代皇室の尊崇あつく、元久邇(くにの)宮家の菩提所となっている。もと境内は広大であったが、火災に遭い、また明治の初めの変革により縮小された。  本堂には、本尊のほか左右に阿難(あなん)、迦葉(かしょう)の二尊者東福門院の坐像を安置する。書院南の庭園は、昭和の初め造園家小川治兵衛が作庭した。疏水の水を引き、背景の山を借景とした池泉廻遊式の名園となった。朝鮮伝来の碼碯(めのう)の手洗鉢が庭の東北隅にあって有名である。寺の背後には後水尾天皇々女顕子内親王の墓、門前北には久邇宮家の墓がある。左京区南禅寺北ノ坊町

【正式名称】
光雲寺
【住所】
南禅寺北ノ坊町59
地図表示

周辺情報

安楽寺  住蓮(じゅうれん)山と号し、浄土宗の寺院である。

 鎌倉時代の初め、現在地より東1キロメートルばかりのところに、法然上人の弟子住蓮房・安楽房二僧が念仏道場を建てて人々に念仏を...
永観堂(禅林寺)  聖衆来迎山禅林寺と号する浄土宗西山(せいざん)派の総本山で、通称永観堂と呼ばれている。

 斉衡2年(855)空海の弟子真紹(しんしょう)が藤原関雄(せきお)の山荘を寺院とした...
熊野若王子神社  祭神として、国常立神(くにとこたちのみこと)、伊佐那岐神(いざなぎのみこと)、伊佐那美神(いざなみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る。

 当社は、永暦元年(1...
日吉神社  この地には、九百数十年前に一條天皇の母后東三條女院離宮があった。女院はこの離宮に比叡山の常行堂に安置されていた阿弥陀仏を移して寺院とし、真如堂を創建された。

 そして、同じく...
霊艦寺(谷御所)  円成山と号し、臨済宗南禅寺派の禅尼寺である。

 承応3年(1654)後水尾(ごみずのお)上皇が円成寺址に、皇女浄法身院宮宗澄尼(じょうほっしんいんのみやしゅうちょうに)を開基...
大豊神社 この社は少彦名(すくなひこなの)命(みこと)・応神天皇・菅原道真(みちざね)を祀っている。社伝によると、仁和三年(887)、宇多天皇の病気平癒のため尚侍藤原淑子が勅命を奉じた勅願所で...
安楽寺 法然の念仏道場。後鳥羽上皇の女御松虫と鈴虫が、法然の弟子住蓮と安楽の説法に感化され、ひそかに出家して上皇の怒りをかい、二僧は断罪に、法然も流された。寺は二僧の菩提を弔うため1681...
カボチャ供養 7月25日、安楽寺。同寺の開山・真空上人が夢で「夏の土用に鹿ヶ谷カボチャを食べると中風にかからない」とのお告げを受けたのが始まりとされている。当日、参拝者にはカボチャがふるまわれ、...
熊野若王子神社 1160年(永暦1)後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して創祀した永観堂の守護神としての神社である。京都三熊野のひとつ。明治期4社殿を修築したが、1978年(昭和53)に一社相殿に改築された。...
禅林寺 正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年(仁寿3)空海の弟子真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置、真言宗の道場としたのが始まり。承暦年間(1077-81)第7世永観が...
霊鑑寺 臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として創建。谷御所、鹿ヶ谷比丘尼御所ともいう。御所人形200点など皇室ゆかりの寺宝が多い。石組に特徴のある江戸時代中...
念佛行道会 2月14日~2月15日、禅林寺(永観堂)。今から約900年前の2月15日未明、中興の祖、永観律師が本堂において念佛行道中、いつのまにか阿弥陀様が壇上から降りて律師とともに行道された。念佛行...
大豊神社 鹿ケ谷・南禅寺一帯の産土の神、氏神様枝垂紅梅、椿、四季折々の山野草が心を慰めてくれます。社伝によると、仁和3年(887)宇多天皇の御悩平癒祈願のために、贈正一位尚侍藤原淑子が勅命を奉...
桜花祭 4月第1日曜日、熊野若王子神社。10時~10時40分に桜花祭典が行われ、その後は16時まで、大正琴を観賞することができ賑わいを見せる。境内裏山には桜花苑があり、売店では、弁当なども販売す...
哲学の道 東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。春は...
住友コレクション 住友コレクションとして世界的に知られる中国古代の青銅器と鏡鑑を中心に、住友家収集の東洋の美術工芸品約3000点を収蔵・展示する美術館。館の名称は江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と900年...
野村美術館 野村證券、旧大和銀行などの創業者・野村徳七(号得庵)が、茶道を基本に収集した美術工芸品を展観。絵画、墨蹟、茶道具、能面、能装束などあり。(重要文化財 7件)立礼席での呈茶あり(有...
俊寛山荘跡 左京区鹿ケ谷霊鑑寺の東方山中。平安末期、法勝寺の執行俊寛僧都が平家の横暴に憤慨し、同志とひそかにクーデターの策を練った山荘跡。ゆえにこの付近を談合谷ともいう。密告により計画が発...
安楽寺庭園 安楽寺の侘びた風情の茅葺きの山門をくぐると、庭いっぱいに皐月の刈込が施されている。ピンクと緑の鮮やかなコントラストに息をのむ。
霊鑑寺庭園 霊鑑寺の庭園は杉苔が地面を覆い、立石を多く用いた大胆な石組の庭に、多種に及ぶ珍しい椿の花が優雅な風情を。般若寺形燈籠も目を引く。
叶匠壽庵 京都茶室棟 銀閣寺へと続く哲学の道沿いにある、和菓子「叶匠壽庵」の茶室で、格式ある裏千家のお抹茶を体験。簡単なお抹茶の作法を教えてもらえる。抹茶の飲み方などは教えますが、お点前は見ていただ...
秋季企画展 うるしの彩り ―漆黒と金銀が織りなす美の世界― 住友家に伝わった日本、琉球、中国の漆工芸品の中から、茶道具や香道具、華やかなおもてなしのうつわを中心に紹介します。