源光庵(駒札)

内容概要

 鷹峰山(ようほうざん)と号する曹洞宗の寺である。  当寺は、貞和2年(1346)大徳寺の徹翁義享(てつとうぎこう)によって創建され、当初臨済宗に属していたが、元禄7年(1694)加賀国(石川県)大乗寺の卍山道白(まんざんどうはく)が再興し、曹洞宗に改められた。道白は、当時の曹洞宗の改革に努め、自ら復古道人と称した。  本堂には、本尊釈迦牟尼仏及び霊芝観世音像を祀る。廊下の天井は、鳥居元忠が自刃した時の伏見城の遺構と伝え、俗に「血天井」と呼ばれている。また、内部の丸窓は「悟りの窓」、角窓は「迷いの窓」と呼ばれ、いずれも仏教の真理を表わしている。  境内の「稚児井戸」は、創建の頃、水に窮した徹翁が、童子に教えられて得たもので、いかなる旱にも涸れたことがないといわれ、現在も清水が湧き出ている。北区鷹峯北鷹峯町

【正式名称】
源光庵
【住所】
鷹峯北鷹峯町47
地図表示

周辺情報

光悦寺  大虚山(たいきょざん)と号する日蓮宗の寺である。  当地は、元和元年(1615)徳川家康によりこの地を与えられた本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が、一族、工匠等と移り住み、芸術...
常照寺  当山は、元和2年(1616)本阿弥光悦の土地寄進を受け、寛永4年(1627)その子光瑳の発願により日蓮宗総本山身延山久遠寺第21世寂照院日乾上人(じゃくしょういんにちけんしょ...
源光庵 1346年(貞和2)大徳寺2代徹翁義享国師によって開創。1694年(元禄7)卍山道白禅師により臨済宗から曹洞宗に改められた。現在の本堂はその年の建築。丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」が...
光悦寺 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの...
常照寺 1616年(元和2)日乾上人が開創、鷹峰檀林(学寮)と称された。寛永(1624-44)のころ、六条三筋町の2代目吉野太夫が帰依し、朱塗りの山門を寄進した。これが現存の吉野門で、吉野太夫の墓や...
吉野太夫花供養 4月第2日曜、常照寺。島原の名妓・吉野太夫の墓がここにあることから、1953年(昭和28)から行事を始めた。近くの源光庵から常照寺本堂まで太夫の道中があり、太夫献茶や太夫墓前祭がある。...
春華の宴 3月11日~20日、しょうざん北庭園で、咲き頃をうかがう白梅・紅梅を愛でる会を開催します。お茶席では舞妓によるお点前や接待の他、舞妓と一緒に写真を撮ることもできます。通常非公開の迎賓...
清雲山 圓成寺 日蓮宗本満寺末。清雲山圓成寺と称する。1630年(寛永7)日任上人が岩戸妙見大菩薩現出の霊夢を感じ、北辰尊星玄武神を鎮安する霊地として開山、その際に平安時代より妙見大菩薩を祀ってい...
しょうざんリゾート京都 光悦寺の南西、紙屋川(かみやがわ)ぞいの史跡御土居(しせきおどい)に隣接した広大な敷地内には、有料の北庭のほか、山野草や盆栽の展示販売がある茶花園、体験工房では友禅染めの型染体...
しょうざん庭園 北山台杉と紀州青石とを贅沢に使い、梅や楓を巧みに配した北庭園は、自然と人工とが見事に調和を見せる変化に富んだ造りで、台杉の林をそぞろに歩くことができる回遊式庭園です。庭園内には...
源光庵庭園 源光庵には、北山杉を配した唐風の山門がある。入母屋造りの本堂には「迷いの窓」と「悟りの窓」。角窓と丸窓で風景を切り取って見せる。本堂裏の庭園は北山を借景とし、四季を通じで趣があ...
光悦寺庭園 光悦寺は本阿弥光悦晩年の居。参道は鷹ヶ峰の山並みを背後に控える。茶室大虚庵を囲むユニークな竹垣は「光悦垣」と呼ばれる。
源光庵(体験) ・座禅と法話-毎月第1日曜、朝7時~9時。 (1月・8月・11月・12月はすべて休会です。)*「座禅と法話」  1.定例会ー個人,団体とも可。詳細は事前に問い合わせること    ...
四季育む宿 然林房 ・室数49室(和室49室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス・トイレ付個人 最低14,000円~最高32,500円/人*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理・人数、シーズン・オフシー...