京都絞り工芸館

内容概要

二条城近くに位置する絞り染め専門の美術館。京都の絞り染めの洗練された技術、美しさは洋装、額、屏風等の美術工芸品としても評価が高く、それらの大作を特別に公開。人気の絞りスカーフ染めは全国で唯一、絹の布を絞り、染めまで体験できる。英語での対応も可能。

ホームページ http://shibori.jp/

【正式名称】
京都絞り工芸館(きょうとしぼりこうげいかん)
【住所】
中京区油小路通御池南入
【電話番号】
075-221-4252
【FAX】
075-221-4253
地図表示
交通案内 地下鉄東西線 二条城前駅 徒歩3分
駐車場情報 有り
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~17:00
休日・休館 不定休
料金 入館料 500円
体験料 3000円(税別)(入館500円はサービス)
予約方法 電話及びFAX
E-Mail<mail@shibori.jp>
備考 見学所要時間:入館のみ約30分
入館体験約30~60分

今月のイベント情報

絞り歌舞伎名作展 2017年10月3日(火)~12月24日(日)
 9時~5時

休館日 11月1日、11月22日~25日、12月1日

約400年前、阿国が京都にて「念仏踊り」を舞い、歌舞伎の礎を築いて以降、多くの人の手によりこの歌舞伎は継承されてまいりました。
歌舞伎と同様に日本の伝統的工芸品「京鹿の子絞り」も千...

周辺情報

福井藩邸跡  この油小路二条下る西側(現京都国際ホテル)の一帯には、江戸時代後期、福井藩の藩邸があった。藩邸が置かれたのは比較的新しく、天保2年(1831)の「京大絵図」に描かれている。藩...
豊臣秀吉妙顕寺城跡  この付近は、豊臣秀吉の妙顕寺城の故地である。妙顕寺とは、鎌倉後期、日像がはじめて京都に建立した日蓮宗寺院であり、たびたび場所は移ったが、戦国時代にはこの地にあった。天正11年...
閑院址  ここから北西に当る西洞院通、押小路通、油小路通、二条通に囲まれた地域は、平安時代から鎌倉時代の初期にかけて藤原氏の邸があった所である。当初は、藤原冬嗣(ふゆつぐ)の邸であった...
空也堂  空也を本尊とするため空也堂と呼ばれるが、正しくは紫雲山光勝寺極楽院(しうんざんこうしょうじごくらくいん)と号する、天台宗の寺。天慶2年(939)、空也上人の開創といわれ、当初...
此付近南蛮寺跡  織田信長の時代に、ヤソ会によって建てられた南蛮寺は、この北側、姥柳町の地にあったと推定される。戦国末期、京都でのキリスト教布教は、永禄2年(1559)から本格化し、永禄4年に...
神泉苑  延暦13年(794)、桓武天皇が平安京の造営に当たり、大内裏(だいだいり)の南の沼沢を開いて設けられた苑地(えんち)で、常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名づけられた。

 その境...
中山神社  延暦13年(794)に桓武天皇の勅命により、素戔鳴尊(すさのおのみこと)を主神とし、朝夕、内裏の門を守護するという櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ...
二条陣屋(重要文化財 小川家住宅)  豊臣秀吉に仕えて伊予今治7万石の城主となった小川土佐守祐忠は、関が原の合戦に破れて出家し、その長男千橘が、萬屋平右衛門と名乗って、この地で米、両替を商ったが、この建物は、その...
橋本左内寓居跡  橋本左内(さない)は福井藩士で幕末の志士。安政5年(1858)2月から4月まで、この地にあった福井藩邸に居住して、活躍した。

 左内の号は景岳(けいがく)。福井城下に生まれ、...
高松殿址  高松殿は、醍醐天皇の皇子、西宮左大臣と呼ばれた源高明(たかあきら)(914~982)の邸宅で、「拾芥抄(しゅうがいしょう)」に「姉小路北 西洞院東 高明親王家」と記 されてい...
東三条院址  東三条院の址はこの辺りを中心として二条通、御池通、新町通、西洞院通に囲まれた東西約130メートル、南北約280メートルに及ぶ細長い地域をいい、平安時代に隆盛を極めた藤原氏の邸...
神泉苑大念仏狂言 神泉苑大念仏狂言は、念仏の妙理や世の道理を、身振り手振りで、説法されたものが起源であると伝えられている。面をつけ無言劇で行われ、カネ・太鼓・笛などの囃子に合わせて演じられる。30...
来ぬか薬師(薬師院) 織田信長が美濃の斎藤道三の意をくみ天下統一にただ一つ、伝教大師が彫った薬師如来が現存するのは比叡山延暦寺と同院のみである。当時の住職の夢枕に「一切の病苦を取り除こう。来ぬか、来...
高松神明神社 当社は「高松殿の旧跡にして、御鎮守の御社なり」と古記録にある。平安初期、醍醐天皇の皇子高明親王が七歳の時、源朝臣の姓を賜り、左京区の一条一坊に源高明公の御殿として高松殿を造営、...
姉小路通 京都市街地中央部の東西路。東は木屋町通から西は御前通までだが、西へ延びて佐井通まで姉小路通の俗称がある。平安京の姉小路に当たる。文明年間(1469-87)から荒廃していたが、天正年間(...
御池通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は川端通から西は佐井通まで。平安京の三条坊門小路に当たる。神泉苑の前の通りで江戸期からこの名称がつくという。1912年(明治45)から1918年(大正7)ま...
小川通 京都市街地中央部の南北路。北は上立売通から南は錦小路通までで「こかわ」「こがわ」ともいう。この通りの上立売通から一条通まで堀川に流入する小川(こかわ)が流れていたのが名称の由来...
押小路通 京都市街地中心部の東西路。東は木屋町通から西は千本通までで、二条通と御池通にはさまれる。平安京の押小路に当たる。平安期には大内裏に近く、貴族らの多くの邸宅があった。1902年(明治3...
三条通 京都市街地中心部の東西路。平安京の三条大路に当たる。東は蹴上、西は右京区の嵐山近辺まで延びる。豊臣秀吉の三条大橋架橋をはじめ、東海道の西の起点となり、京都の中心部として繁栄。寺...
蛸薬師通 京都市街地中央部の東西路。東は木屋町通から西は右京区西院の佐井通西近辺までで、坊城通と御前通間で中断。平安京の四条坊門小路に当たる。新京極の蛸薬師(妙心寺)が通り名の由来という...
西洞院通 京都市街地中央部の南北路。北は武者小路通から南は十条通南までだが、JR線で中断。平安京の西洞院大路に当たる。付近を流れていた西洞院川からの通り名という。川筋には古くから染色・製紙...
六角通 京都市街地中央部の東西路。東は新京極通から西は右京区西院の佐井通までだが、工場地区のため後院通と御前通の間で中断。平安京の六角小路に当たり、通りに六角堂(頂法寺)があるためこの...
二條陣屋 江戸初期建築の町家で、西国大名の宿舎にも使用。土蔵造の防火壁、防火井戸のほか天井の武者隠し、落し階段、釣梯子など敵の侵入を防ぐ工夫が各所に。2階13室、階下11室もあり、陣屋建築、数...
京都生活工藝館・無名舎 京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。店舗、住居、土蔵とそれらを結ぶ2つの庭と、通り庭から成っている。数々の生活工芸...
京のじゅばん&町家の美術館 ・祇園祭の屏風飾…年間を通して、町家の祇園祭の雰囲気が感じら れます。・長襦袢資料室…錦紗・古浜ちりめんなど、明治から昭和初期の長 襦袢や下絵を展示しています。<見どころ> 一階...
大西清右衛門美術館 京都・三条釜座にて約400年にわたり、茶の湯釜の伝統と技を守り続ける千家十職の釜師・大西家に伝わる茶の湯釜と茶道具類を公開。展覧会の会期中には茶会や講演会、親子で参加の「観賞会」、...
南蛮寺跡 安土桃山期、キリスト教宣教師が京都に建てた教会。1560年(永禄3)六角通室町西の民家を会堂とし、のち四条烏丸に移り再びここに1576年(天正4)教会を完成させ南蛮文化の中心に。1588年(...
本能寺跡 織田信長が明智光秀に襲われ自害・焼失した本能寺は現在地の寺町御池ではなく、1582年(天正10)ごろは堀川四条の近くにあり寺域は東西150メートル、南北300メートル。本能寺の変後、豊臣秀...
役行者山 山の御神体(人形)として役行者(えんのぎょうじゃ)と一言主神(ひとことぬしのかみ)と葛城神(かつらぎのかみ)の3体を安置している。この組合せは役行者が一言主神を使って葛城と大峯(...
閑院址 ここから北西にあたる西洞院通、押小路通、油小路通、二条通に囲まれた150メートル四方の地域をいい、平安時代から鎌倉時代の初期にかけて藤原氏の邸があった所である。はじめ、藤原冬嗣(ふ...
北観音山 「上(のぼ)り観音山」ともいわれ、後の祭の山鉾巡行の先頭にたつ。山の上には楊柳観音像(ようりゅうかんのんぞう)と韋駄天立像(いだてんりつぞう)を安置する。もと舁山(かきやま)で...
教諭所(宣教館)跡 幕末、京都の庶民教育機関であった教諭所は、天保4年許可開校したが、数年後衰退、中絶した。天保8年(1837)の飢饉に救済活動に従事した心学(しんがく)講社の援助を得て、翌9年7月東洞院...
黒主山 謡曲「志賀」にちなみ大伴黒主(おおとものくろぬし)が桜の花をあおぎながめている姿をあらわす。御神体(人形)は寛政元年(1789)作の銘を持つ。山に飾る桜の造花は粽と同様に戸口にさす...
鯉山 鯉山は中国黄河の難所である龍門の滝を登り切って龍となった鯉が出世開運の神としてまつられたという中国の故事(登龍門)にちなんで作られた山である。御神体の鯉は全長1メートル50センチに...
高松殿址 高松殿は、醍醐天皇の皇子、西宮左大臣とよばれた源高明(たかあきら)(914~982)の邸宅で、高明の娘明子は、当所に住して高松殿(どの)と称された。その後、焼失したが、久安2年(1146)...
八幡山 町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請(かんじょう)したもので、通常は町会所(ちょうかいしょ)の庭にお宮を祀っている。山の上の小祠は総金箔(きんぱく)の美麗なもので天明年間(178...
東三条院址 東三条院の址はこの辺りを中心として二条通、御池通、新町通、西洞院通に囲まれた東西約130メートル、南北約280メートルに及ぶ細長い地域をいい、平安時代隆盛を極めた藤原氏の邸があったと...
南観音山 「下り観音山」ともいわれ、江戸時代は北観音山と隔年交代で巡行していたが、明治以来毎年出ることになり、後の祭の山鉾巡行の最後をしめくくる曳山である。お祀りしてある楊柳(ようりゅう...
神泉苑 平安京造営の時に設けられた宮中附属の禁苑で、大池には天皇や公家が船を浮かべ、歌や花、音楽を楽しみ、御池通の由来にもなった。弘法大師空海が祈雨の修法をし、祇園祭の発祥地でもある。...
二条城二の丸庭園 二条城二の丸庭園の多くの名石で形造られた池には蓬莱島など3つの中島。島に架けられた石橋、二段の滝の石組、ユニークな蘇鉄の植栽が景色に変化を。
京友禅体験工房 丸益西村屋 京友禅染を使い自分だけのオリジナル作品を作って持って帰ることができる。再生した町家の中で京都体験。・体験料金ハンカチ 1,300円、スマートフォンデジカメケース 1,700円、巾着 2,700...
和詩倶楽部 ・体験-簡単な説明後、自分で和紙を造り持ち帰れる。(要予約)○和紙手漉き体験 1時間 500円+税ホームページ http://www.washiclub.jp・体験時間①10:00~11:00 ②13:00~14:00 ③15:00~...
クラフトやまむら 友禅染のテーブルセンターを作ることができる。お店の人の指導のもと、9種類の下絵から好きなものを選んで彩色する。模様のない部分には防染糊を施してあるため、柄から色がはみだしても大丈...
京の黒染屋 家紋工房「柊屋新七」 家紋に特化した京町屋工房で型染友禅体験が楽しめる。自分の家紋のほかに、戦国武将、新撰組、坂本龍馬など、有名な歴史上の人物の家紋や、誕生日の紋「366日の花個紋」、アニメとのコラ...
におい袋 ゆりの<体験・見学> 京の町家で「ぞうりの根付」と「金襴におい袋」の製作体験ができます。○ぞうりの根付 型紙にお好みの小さなちりめんの布を貼り、鼻緒をつけて最後に 紐を結んで仕上げます。 ○金襴のにお...
蒔絵 梅仙 二条城の前の蒔絵師の工房で蒔絵でオリジナルのお箸・盃・お椀製作することができます開始時間:10:00~、13:00~、15:00~製作所要時間:お箸・盃 蒔絵体験 1時間30分       お椀...
三専会 共商会(堀川~油小路)が大正年間からあり、当時は二条駅で下車する人々で賑わった。戦後、商栄会と合同して共商会として運営し、昭和29年に三専会と改称した。東には六角堂がある。
京都ガーデンホテル ・室数129室(洋室129室)宿泊料金(税抜) シングル8,800円/ダブル13,000円/スタンダードツイン14,000円その他のお部屋のタイプもご準備しております。詳しくは下記のアドレスからどう...
ANAクラウンプラザホテル京都 ・室数291室(和室3室・洋室288室)・宿泊料金(税・サービス料別)  シングル 13,000円から(1/1~)ツイン  最低23,000円~最高38,000円その他(スィート) 最低38,000円~最高150,0...
ヴィアイン京都四条室町 鉾町の1つである山伏山町に平成19年春に開業。平成27年7月1日リニューアルオープン。総客室数は239室。シングルルーム(219室)は全室に120~140cm幅のセミダブルベッド。全室から高速イ...
本家尾張屋 ◎料理種別-麺類 ●おすすめコース ・宝来そば 2,160円  ・季節の野菜天せいろ 1,620円 ・せいろ   864円 ・利休そば 1,188円◎営業時間 11:00~19:00      オーダ...
平成29年秋季企画展 「燈火に親しむ茶の湯釜」 三条釜座で四百年、十六代にわたり茶の湯釜の伝統と技を守り続ける千家十職の釜師・大西家に伝わる茶道具を公開します。
絞り歌舞伎名作展 約400年前、阿国が京都にて「念仏踊り」を舞い、歌舞伎の礎を築いて以降、多くの人の手によりこの歌舞伎は継承されてまいりました。
歌舞伎と同様に日本の伝統的工芸品「京鹿の子絞り」も千...