尊攘堂

内容概要

京都大学構内。1903年(明治36)完成。煉瓦造、漆喰塗、平屋建。1887年(明治20)品川弥二郎が吉田松陰の遺志に基づいて自邸内に創設したもの。弥二郎の没後、京大に寄付された松陰の遺墨類を修めるため新築された。1989年(平成1)以来、尊攘堂は埋蔵文化財研究センター(現在は文化財総合研究センター)の資料室(松陰の遺墨など尊攘堂旧蔵資料は京大附属図書館に保管されている)として大学構内で見つかった埋蔵文化財の保存・展示に活用されている。1998年(平成10年)に国の登録有形文化財として登録された。

見学希望者は事前に同センター事務室まで問い合わせ(075-753-7691)。
ホームページ http://www.kyoto-u.ac.jp/maibun/

【正式名称】
尊攘堂(そんじょうどう)
【住所】
左京区吉田本町 京都大学内
【電話番号】
075-753-7691
【FAX】
075-753-7699
地図表示
交通案内 京阪鴨東線、叡山本線 出町柳駅下車 徒歩約10分
市バス 百万遍、京大正門前下車 徒歩約2~3分
駐車場情報 なし
車椅子による見学 不可(階段有り)
拝観・開館時間 9:00~16:00
休日・休館 原則、土・日・祝
予約方法 見学希望者は要予約(電話あるいはメールにて)
備考 通常一般公開していないため、見学希望者は事前に必ず連絡のこと。

周辺情報

光福寺  正しくは、干菜山(ほしなざん)斎教院安養殿光福寺と号する浄土宗知恩院派の寺院で、俗に「ほしな寺」と呼ばれている。

 寺伝によれば、寛元年間(1243~47)に道空上人が西山安...
百万辺知恩寺  長徳山功徳院と号し、浄土宗四本山の一つである。もと賀茂社の社領とされた今出川の北(今の相国寺の辺)に賀茂社の神宮堂あるいは賀茂社の河原屋(かわらや)と呼ばれる草庵があって、法...
百萬遍知恩寺 浄土宗大本山の一つ。法然上人の弟子 源智上人が師の遺跡であり下賀茂神社の神宮寺であった『功徳院』(今出川釈迦堂または賀茂のかわら屋とも)を師の恩徳を偲び『知恩寺』とした。元弘元年(...
百萬遍知恩寺 十夜法要 秋の集い 毎年11月1日に開催される十夜法要では大殿(御影堂)内にて午後1時から法話があり、午後1時半より声明による古式法要が勤修され、回向師による諷誦回向もされます。また外陣にて百萬遍大念珠...
百萬遍知恩寺除夜法要 毎年12月31日には除夜の鐘を撞きます、京都市内の寺院では珍しく、どなたでも梵鐘を自分で撞けるのが特色です。午後10時15分からの開扉のあと、午後10時30分より堂内にて108番までの整理券を...
東大路通 京都市街地東部の南北路。北は北大路通から南は九条通までで、東山通とも呼ばれる。この通り沿いには、神社仏閣をはじめ博物館、美術館などがつらなり、散策の好適地としても知られる。東山...
京都大学総合博物館 京都大学が開学以来100年以上にわたって収集してきた貴重な学術標本資料約260万点を保管・管理し、第一線の研究・教育活動に活用するとともに、その先端の成果の紹介に重点を置く、日本初の...