保昌山

内容概要

丹後守平井保昌(たんごかみひらいやすまさ)と和泉式部(いずみしきぶ)の恋物語に取材し、保昌が式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる姿をあらわしている。御神体(人形)は緋縅(ひおどし)の鎧(よろい)に太刀をはき、梨地蒔絵(なしじまきえ)の台に紅梅を一杯にもってこれをささげている。頭は明応9年(1500)、胴は文政元年(1818)町内に住んでいた彫刻師勇祐の作であるという。前掛の緋羅紗地(ひらしゃじ)に蘇武牧羊図、胴掛の張騫巨霊人(ちょうけんきょれいじん)に鳳凰虎を配した刺繍は円山応挙(1733~95)の下絵である。下絵は別に屏風に仕立て保存している。見送(みおくり)は福禄寿、弁財天に唐子を配した綴錦で寛政10年(1798)の作、水引は雲龍波涛文に鳳凰鶴虎を配し、特に孔雀の羽根を縫込んだ刺繍の逸品である。山の故事にちなみ宵山(よいやま)には「縁結び」の御守りが授与される。

【正式名称】
保昌山(ほうしょうやま)
【住所】
下京区東洞院高辻上ル
地図表示
交通案内 巡行前数日
 地下鉄 四条
 阪急電鉄 烏丸

関連情報

和泉式部 平安中期の女流歌人。父は大江雅致。橘道貞と結婚し、小式部内侍を生むが、為尊、敦道両親王とも愛し合う。中宮彰子に仕えた。藤原保昌と再婚。奔放な生き方と、情熱的な歌で有名。『和泉式...
円山応挙 江戸後期の画家。円山派の祖。丹波穴太村(亀岡市)生まれ。京都で狩野派の石田幽汀に師事。写生重視の新画風で、京都の画壇を風靡した。国宝の「雪松図」、重文の「保津川図屏風」、祇園祭...

周辺情報

朝日神明宮  社伝によれば、貞観年間(858~876)に丹波国桑田郡穴生村(現在の亀岡市)に造営され、元亀3年(1572)に現在地に遷座されたといわれている。

 天照大神を祭神とし、かつて...
大政所御旅所  祇園会(ぎおんえ)の神輿(みこし)三基のうち、素盞嗚尊(すさのおのみこと)(牛頭(ごず)天王)と八王子との二基を大政所とよび、妃神奇稲田(くしなだ)姫の一基を少将井とよんだ。
...
大行寺  長谷山(ちょうこくざん)北ノ院と号する真宗佛光寺派の寺である。

 寺伝によれば、文政4年(1821)学頭信暁(しんぎょう)僧都の創建と伝え、当初、佛光寺高倉の月見御殿(豊臣秀吉...
長講堂 もと後白河法皇(ごしらかわほうおう)が仙洞(せんとう)御所に営まれた持仏堂で、正式名を「法華長講弥陀三昧堂(ほっけちょうこうみださんまいどう)」といい、法華経を永遠に讃し、阿弥陀仏...
平等寺(因幡薬師)  この寺の起りは、「因幡堂縁起(いなばどうえんぎ)」(現東京国立博物館蔵)にくわしい。すなわち、長徳3年(997)因幡国司橘行平が、任終って帰洛の途中、夢告によって因幡賀留津(いなば...
本覚寺  山号を佛性山(ぶっしょうざん)といい浄土宗の寺で、開祖は團譽(だんよ)上人玉翁(ぎょくおう)和尚である。ここは嵯峨天皇の皇子・源融(みなもとのとおる)の河原院塩竃(しおがま)...
仏光寺  佛光寺は、越後流罪に遭われた親鸞聖人が赦免された翌年建暦2年(1212)に京都に帰られ、山科の地に草案を結ばれたことを起源としている。

 親鸞聖人在世当時、真宗の教えは関東を...
神明神社 当地は平安時代末期,近衛(このえ)天皇(在位一一四一~一一五五)がしばしば皇居としたと伝わる藤原忠通(ただみち)(近衛天皇妃の養父)の屋敷跡で,「四条(しじょう)内裏(だいり)」または...
上徳寺  塩竈山(えんそうざん)と号し、浄土宗に属する。  寺伝によれば、慶長八年(1603)に、徳川家康によって、上徳院殿(阿茶の局)が開基となり、伝誉蘇生(でんよそせい)上人を開山に招...
新善光寺  来迎堂(らいこうどう)と号する浄土宗の寺である。  本尊の阿弥陀如来像は、善光寺(長野県)の創建者である本田善光の子、義助によって善光寺の阿弥陀如来像の分身像として造られたもの...
明王院不動寺 青蓮山と号し、真言宗東寺派の寺で、俗に「松原不動」という。
持統天皇5年(691年)に、道観大徳が開基した法相宗の寺であったが、のち弘法大師が自作の「石仏不動明王」を安置してか...
俊成社 この社は平安時代(七九四年~一一八五年)末期から鎌倉時代(一一八五年~一三三三年)初期にかけ,当代一の歌人といわれた藤原俊成卿を祀る。
元久元年(一二〇四年)一一月三〇日,九一...
繁昌社 繁昌社の祭神は宗像三女神、田心姫命、市杵島姫命、湍津姫命である。三女神は、海上交通の神で、商品流通の守護から「市の神」として信仰されている。江戸時代には、功徳院と号し、真言宗の...
尚徳諏訪神社 祭神は建御名方神と八重事代主神。
延暦16年(797)、桓武天皇より蝦夷平定のため征夷大将軍を拝命した坂上田村麻呂は、かねてより信州の諏訪大明神を深く進攻しており、そのおかげで...
上徳寺 平安貴族たちが詩歌管弦を楽しんだ平安京河原院跡。1603年(慶長8)徳川家康の帰依を得て伝誉一阿が開創。家康側室阿茶の局開基。墓地に阿茶の局の墓。天明、元治の大火で焼失、現在の本堂は...
平等寺 真言宗。因幡堂縁起(重文)によれば、997年(長徳3)橘行平が任を終え帰国の途中、夢告により海中から薬師如来を引き上げ、祭ったのが当寺の起こりという。歴代の天皇も厄年には勅使を派遣...
佛光寺 真宗佛光寺派の本山。1212年(建暦2)越後に流罪になっていた親鸞聖人が一時帰洛されたとき、高弟源海上人が山科に創建した寺院を起源とする。7世了源上人のときに東山渋谷に寺基を移転する...
命婦稲荷社 命婦稲荷社の主祭神は正一位命婦稲荷大明神で、寛文8(1668)に伏見の稲荷本宮に勧請してお祀りしたのが始まり。御鎮座以来、鍛冶屋町の守護神として又家庭円満、商売繁昌を加護される神様と...
大行寺 真宗佛光寺派(宗祖、親鸞聖人)に属し、佛光寺の山内寺院。1821年(文政4)権少僧都信暁学頭が、佛光寺高倉西奥之町の月見御殿(豊臣秀吉が月を賞した御殿)跡に創建。1853(嘉永6)に現在...
大善院 真宗佛光寺派。佛光寺の塔頭。本尊・阿弥陀如来。南北朝期の建武年間(1334~38)武田明信が東山今熊野に創建し南坊と称していた。1583年(天正11)本山に移転して塔頭となり、1634年(寛永1...
長香寺 浄土宗。山号常照山。本尊阿弥陀如来は恵心僧都の作と伝えられる。慶長13年(1608)徳川家康の側室おこちゃの本願により、信誉称阿を開山として創建。寺名はおこちゃの法号長香院に因んでい...
般若心経法供養会 11月23日(祝)上徳寺。12時半より般若心経総供養会、2時から水子総供養法要。また、お昼には粗飯供養として、ちらし寿司とおつゆが無料で振舞われる。(11時30分~15時頃まで)市バス/河原...
八坂神社大政所御旅所 八坂神社のかつての御旅所で神輿の渡御があった。現在は小祠が建っているのみ。天延2年(974)に東洞院高辻に住していた秦助正の夢に神人が現れ、「汝の家を影向の地とせん速やかに朝廷に奏...
世継地蔵尊功徳日大祭 2月8日、上徳寺。1億日分の功徳が授かるとされる「一億劫日功徳日」にあたる2月のこの日に、子を授け、福を授けてくれるという世継地蔵尊の功徳を讚え、ご利生を祈念する法要。十種福祈願法...
烏丸通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は今宮通から南は十条通南まで。平安京の烏丸小路に当たる。1877年(明治10)の東海道本線開通で駅正面の大通りとして拡幅。市電走行、廃止を経たが、1981...
五条通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は清水寺近辺から西は右京区西京極の葛野西通まで。平安京の六条坊門小路に当たる。豊臣秀吉が五条通(現松原通)の五条橋を六条坊門に移し、五条橋通と呼...
四条通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は東大路通の祇園石段下から西は桂川の松尾橋近辺まで。新京極通から天神川東べり近辺までは平安京の四条大路に当たる。中世から商業地として栄え、鴨川東...
京都市学校歴史博物館 京都市の中心部・四条河原町から徒歩約10分。京都市の学校に遺された歴史資料、学校に寄贈された美術工芸品を展示し、京都の教育の伝統・学校の運営と創設に力を注いだ町衆の情熱を発信する...
大丸ミュージアム<京都> 買い物ついでに高質で新鮮な展覧会が気軽に楽しめるミュージアム。H26年10月8日リニューアルオープン
綾傘鉾 長柄のついた綾傘を人が手に捧げもって巡行する古態をもつ鉾である。応仁の乱以前からあった古い鉾の一つで、他の山鉾の華麗さや趣向の巧妙さはないが特殊な傘鉾なので洛中洛外図などにも描...
岩戸山 天の岩戸(あまのいわと)を開いて天照大神(あまてらすおおみかみ)の出現される日本神話から取材している。山とはいえ鉾と同じ車をつけた曳山(ひきやま)である。江戸中期曳山に改造され...
大政所御旅所 祇園会(ぎおんえ)の神輿(みこし)三基のうち、素盞嗚尊(すさのおのみこと)(牛頭(ごず)天王)と八王子との二基を大政所とよび、妃神奇稲田(くしなだ)姫の一基を少将井とよんだ。江...
函谷鉾 鉾の名は中国戦国時代(前403~221)斉の孟嘗君(もうしょうくん)が鶏の声によって函谷関(かんこくかん)を脱出できたという故事にちなんで付けられている。鉾頭(ほこがしら)の月と山型...
菊水鉾 室町時代の末、町内に茶祖、千利休の師、武野紹鴎(たけのじょうおう)の大黒庵があり、邸内にあった菊水井(きくすいい)にちなんで名付けられた。鉾先は金色の十六辯菊華(べんきくか)を...
月鉾 鉾頭に新月型(みかづき)をつけているのでこの名で呼ばれる。真木のなかほどの「天王座」には月読尊(つきよみのみこと)を祀る。屋根裏の金地著彩(きんじちゃくさい)草花図は天明4年(17...
長刀鉾 鉾先に大長刀(おおなぎなた)をつけているのでこの名で呼ばれる。長刀は疫病邪悪をはらうといわれ、三条小鍛冶宗近作の大長刀を飾ったことにはじまるが、現在は鉾頭(ほこがしら)は軽い木...
鶏鉾 中国の史話「諌鼓(れんこ)」より取材、昔、堯(ぎょう)の時代に天下がよく治まり訴訟用の太鼓(諌鼓)も用がなく苔がはえ、鶏が宿ったという故事により、その心をうつしたものという。鉾...
白楽天山 唐の詩人白楽天が道林禅師(どうりんぜんじ)に仏法の大意を問うところから取材している。道林禅師は緞子地(どんすじ)の紫衣(しえ)を着け、藍色羅紗の帽子(もうす)をかぶり手に珠子と...
船鉾 神功皇后(じんぐうこうごう)をめぐる説話によって鉾(ほこ)全体を船の形にし、舳先(へさき)には金色の鷁首(げきす)、艫(とも)には黒漆塗(くろうるしぬり)螺鈿(らでん)の飛龍文...
放下鉾 鉾の名は真木のなかほどの「天王座(てんのうざ)」に放下僧の像を祀るのに由来している。鉾頭(ほこがしら)の日・月・星三光が下界を照らす形を示し、その型が洲浜(すはま)に似ているの...
孟宗山 「笋山(たけのこやま)」ともいう。山に飾る御神体(人形)は中国の史話二十四孝から取材。病身の母を養う呉の国の孟宗が、雪の中で筍(たけのこ)を掘りあてた姿をあらわしている。人形は...
京都伝統産業工芸会 着物全般のアフターケアー(汚れ直し、洗い張り、丸洗い、染め替え、仕立て)ホームページ http://www.kyo-kougei.com
京扇子とくの 京扇子の手描き体験ができる。体験前には社員による京扇子の製造工程の説明が聞ける。また、京扇子の歴史の説明も聞く事が出来る。ホームページ:http://www.tokuno.co.jp/contents.php?id=5
四条繁栄会商店街振興組合 四条通は平安京造営時(794年)に造られた四条大路を元とし、当時から三条とともに繁華な街であった。その幅員や盛衰にも変化があったが、以来、都の中心地として続いてきた。祇園商店街とと...
からすま京都ホテル ・室数242室(和室4室・洋室238室)・宿泊料金(税・サービス料込) シングル 最低13,068円~最高14,256円ツイン  最低20,196円~最高51,084円その他(ダブル)26,136円 (和室)26,1...
中島家 ・室数6室(和室6室)・宿泊料金(税別・サービス料込)家族風呂2ヶ所あり素泊 御1人様 7,000円(税別)より
ホテル日航プリンセス京都 ・室数216室(洋室216室)・宿泊料金(税込・サービス料込)  シングル    23,760円~26,136円ツイン     41,580円~49,896円ダブル     41,580円~49,896円トリプル   ...
金波樓 ・室数36室(和室36室)・宿泊料金(1泊2食・税込・サービス料込) バス付個人 最低12,960円~最高23,760円(2名/1室利用時)*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフ...
ホテル サン・クレイン ・室数52室(洋室52室)・宿泊料金(税込・サービス料込)  シングル  最低 5,400円~最高17,280円ツイン   最低 9,720円~最高28,080円トリプル  最低14,040円~最高35,640円ダブ...
権太呂本店 ◎料理種別-麺類 ●おすすめコース ・権太呂鍋 4,200円 ・てんぷらそば 1,350円 ●その他 ・そば点心 1.800円~ ・おすすめ宴会パック 5,000円  ・お昼のそば御膳   1....