桃山御陵

内容概要

伏見区桃山町古城山にあり、1912年(明治45)7月30日崩御の明治天皇を葬る。1912年(大正1)9月11日陵墓工事完了。陵墓位置は旧伏見城本丸跡で墳丘は天守閣南にあたり上円下方墳。御陵は東西127メートル、南北155メートルと拡大。東側の名護屋丸跡に昭憲皇太后の桃山東陵がある。近鉄電車桃山御陵前1.5キロ、京阪電車桃山南口500メートル。

【正式名称】
桃山御陵(ももやまごりょう)
【住所】
伏見区桃山町古城山
地図表示
交通案内 京阪電車 桃山南口
近鉄電車 桃山御陵前

観光ルート情報

淀君ゆかりの地をたどる 妙教寺(淀古城跡)-桃山御陵(伏見城跡)-方広寺-養源院妙教寺境内には淀君が住んだ淀城の跡を示す石碑がある。秀頼とともに移り住んだ伏見城は現在は明治天皇の桃山御陵となっている。...

関連情報

明治天皇 第122代。孝明天皇の第2皇子。1867年(慶応3)天皇位継承。同年12月、王政復古となり、翌年3月に五箇条の御誓文を発布。1869年(明治2)3月、京都から東京に移り、事実上の遷都となった。旧...
桃山 伏見区の中南部、桃山丘陵(標高100メートル余)南部一帯の地域の名。古くは伏見山といい、1623年(元和9)伏見城が落城後、山一帯に桃の木が群生したことから名付けられた。明治初年には山...

周辺情報

乃木神社 日露戦争で武功をあげ、明治天皇に殉死した乃木希典・静子夫人を祭る。社殿は1916年(大正5)建立。境内には将軍の書画、武具など遺品百数十点を保存する宝物館。旅順攻撃の司令部に使った中...
京都橘中学校・高等学校資料室 京都橘学園創立85周年を記念して昭和60年(1985)に開館。展示物は、学園関係のものと、移転時の発掘調査で出土した遺物とに分類されている。学園関係の展示物は、明治35年(1902)の創立以...
乃木神社宝物館 大正5年(1916)乃木神社の創建と同時に建てられた土蔵様式の宝物館には、乃木大将直筆の書を始め、大将や静子夫人が日常的に使用した品々や同時代の雑誌、写真など百数十点が展示されている...