京都鉄道博物館

内容概要

伝統を重んじながらも常に革新を続ける京都の地に平成28年4月に開業した「京都鉄道博物館」では、「地域と歩む鉄道文化拠点」をコンセプトとし、JR西日本現役社員が鉄道のの魅力を全力でお伝えする「鉄道おしごと体験」や、本物のSLが牽引する客車に乗車することができる体験展示「SLスチーム号」などを中心に「見る、さわる、体験する」ことで誰もが楽しむことができる「学びの場」となることを目指します。

ホームページ:http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

【正式名称】
京都鉄道博物館(きょうとてつどうはくぶつかん)
【住所】
京都市下京区観喜寺町
【電話番号】
0570-080-462
地図表示
交通案内 京都駅下車徒歩20分
駐車場情報 なし
車椅子による見学 あり(一部除く)
拝観・開館時間 10:00~17:30
見学所要時間 約1時間30分
休日・休館 毎週水曜日(祝日を除く)、年末年始等
料金 一般    1,200円
大学生高校生1,000円
中学生小学生 500円
幼児(3歳以上) 200円
予約方法 不要(団体見学は要、詳細はHPをご確認下さい)
備考 入館は17:00まで
SLスチーム号乗車体験は別途乗車料金が必要です(大人300円、中学生まで100円)

周辺情報

六孫王神社   この神社は清和源氏(せいわげんじ)の祖と仰がれる六孫王源経基(みなもとのつねもと)を祀っている。神社の伝えでは、この地は経基の邸宅のあった場所で、その子源満仲(みつなか)が応和年...
六孫王神社 清和天皇の孫、六孫王源経基を祭る。経基の子満仲が邸宅跡に霊廟を建て六の宮と称したのが起こり。その後源実朝夫人がここに寺を建て、その鎮守社となった。本殿の背後に経基の墓石があり、...
朱雀松尾總神社 松尾大社の神輿が還幸祭の巡幸途中に立ち寄られる社。
例祭・宝永祭 体育の日、六孫王神社。氏子の安泰を祈る祭り。5代将軍綱吉が神社を再興して宝永4年に行った盛大な祭を今に受け継ぐ。神幸祭が営まれた後、神幸列では四方向を表わす赤・青・白・黒の面を着...
梅小路公園 梅小路公園は、市街地の中心にあって緑と花で人が憩える空間として,また災害時には市民の皆さんが避難できる場所として、平成7年4月に開園した面積約13.7ヘクタールの都市公園です。公園内...
七条中央サービス会 丹波街道沿いに発展、戦後まもなく七栄会を結成。その後、立地条件などにより分かれた商店街の一つ。昭和36年、全国に先駆けて京都中央卸売り市場ができ、生鮮食品を扱う商店が増えた。新...
京・朱雀 すし市場 ◎中央市場仕入ネタの回転すし(にぎり他・セットメニュー・一品お勧めメニュー)○ランチ限定  まぐろ三昧鉄火丼・まるごと海の幸ちらし○セットメニュー 1200円~  コースメニュー 3000円...