京都市青少年科学センター

内容概要

楽しみながら「科学する心」を育む施設。展示品や標本の多くは、入館者が体験を通じて学ぶことができるようセンター所員が開発している。プラネタリウムでは季節の星座や最新の天文情報を盛り込んだ番組を自主制作し、生解説をおこなっている。沖縄のチョウが見られる「チョウの家」もある。土・日祝日、夏休み等には「楽しい実験室」や「サイエンスタイム」なども開催。
開館:1969(昭和44)年5月



ホームページ http://www.edu.city.kyoto.jp/science/

【正式名称】
京都市青少年科学センター(きょうとしせいしょうねんかがくせんたー)
【住所】
伏見区深草池ノ内町13
【電話番号】
075-642-1601
【FAX】
075-642-1605
地図表示
交通案内 京阪電車藤森下車徒歩約 5分/市バス 青少年科学センター前下車徒歩約 1分/地下鉄・近鉄竹田下車徒歩約15分
駐車場情報 あり(普通車約30台)
なるべく公共交通機関をご利用下さい
車椅子による見学
車椅子用トイレ3ヶ所あり。
スロープ、エレベータあり。
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約2時間
休日・休館 木曜日(木曜日が祝日の場合は翌平日)春・夏・冬休みの木曜日は開館
年末年始 12/28~1/3
料金 一般 510円・中高校生200円
小学生 100円・団体(30人以上) 1割引
障害者(要手帳)免除 
*プラネタリウム観覧料は別途必要です
一般 510円・中高生200円
小学生 100円
※4月以降料金改正の可能性あり
予約方法 団体(30人以上)の場合要予約(電話)
備考 9:00~17:00(入館は16:30まで)

観光ルート情報

稲荷から藤森へ 京都で毎年初詣客の一番多いところは? 伏見稲荷大社が正解。商売繁盛、五穀豊穣の神として昔から信仰を集める、全国4万稲荷社の総社である。本殿の裏につづく鳥居と石段、稲荷山御山参道は...
親子でのんびりしたい 小学生(伏見)編 京都市青少年科学センターではプラネタリウムなどをはじめ親子で学べるものがたくさん。JR稲荷駅ランプ小屋は旧国鉄最古の建物で準鉄道記念物。当時の時刻表、運賃表、汽車の尾灯などを展示...
プラネタリウムと普茶料理 京都で唯一のプラネタリウムがある科学センターは子供も大人も楽しめる。藤森神社には競馬の必勝祈願に訪れる人も多い。欣浄寺の本尊は伏見の大仏で知られる丈六の大仏。海宝寺では予約をす...

周辺情報

此付近深草弥生遺跡  この付近は、弥生式文化時代の重要な遺物が出土した所である。戦前、陸軍練兵場であったこの付近は、戦後になって数度の学術調査が実施され、弥生式中期時代(今から約二千年前)の人々の...
西岸寺  ここはもと関白藤原忠通(ただみち)が建てたと伝えられる法性寺小御堂(ほうしょうじこみどう)のあったところで、忠通の子九条兼実(かねざね)もことのほかこの地を愛したので花園御殿...
藤森神社  素盞鳴命(すさのうのみこと)を主神とし、あわせて神功(じんぐう)皇后、日本武尊(やまとたけるのみこと)など十二柱に及ぶ神々を奉祀し、洛南深草の産土神として崇敬されている古社で...
藤森神社 平安期以前、神功皇后が軍旗を樹て兵具を納め塚を造り神まつりしたのが始まりと伝える。桓武天皇も平安京遷都に際し、弓兵政所とした。5月5日の「藤森祭」は、朝からみこし3基が氏子(区域)...
藤森神社 紫陽花苑 開苑期間は6月上旬より約1ヶ月(開花状況により変化)紫陽花苑は境内2ヶ所1,500坪に約3,500株、色とりどりの紫陽花が咲く。期間中の土日には蹴鞠や太鼓、雅楽などの奉納行事がある。
秋季大祭並火焚祭 11月5日、藤森神社。氏子より奉納された各家々の火焚木を焼納し、1年間の家内安全・無病息災を祈願する。JR/藤森駅、徒歩5分又は京阪/墨染駅、徒歩7分。問合せ先:藤森神社075-641-1045。見...
藤森祭・駈馬神事 5月1日~5月5日、藤森祭。別名深草祭とも呼ばれ貞観5(863)年摂政藤原良房が天皇の長寿と国家の安穏を祈念し、清和天皇臨幸のもと始められた祭事。5月5日の13時と15時には迫力満点のアクロ...
師団街道 下京区の塩小路橋東詰から琵琶湖疏水西岸に沿って南下し伏見区京町通に続く道。1945年(昭和20)8月終戦までの俗称。1905年(明治38)日露戦争中、深草に第16師団設置で兵舎、兵器支廠などが...
京都市環境保全活動センター 子どもから大人まで、環境について楽しく学ぶことが出来るセンターです。環境に配慮した3階建ての建物の中に、話題の地球温暖化や身近なごみ問題についての展示があり、環境ボランティアによ...
深草商店街振興組合 昭和20年までは近隣の軍隊基地にかかわる商店を中心に商店街的な要素をもつ地域として発展してきた。戦後は軍隊基地跡地にできた住宅や学校等により新興住宅地として発展してきた。平成5年...