東寺宝物館

内容概要

鉄筋コンクリート3階建ての切妻造り。38年(1963)に完成。40年(1965)10月に一般公開を開始。弘法大師空海以来の密教芸術の宝庫といわれ、国宝や重要文化財指定のものだけでも約25,000点にのぼる寺宝があり、宝物館ではこれらの文化財が公開されている。
館内1・2階が展示スペースで、平安京の玄関口羅城門にあったといわれる国宝「兜跋(とばつ)毘沙門天」、約6mもある重文「千手観音立像」などの彫刻、国宝「風信帖」、経典文書などの書跡・典籍・古文書を収蔵している。また、絵画では「伝真言院曼荼羅」や「真言七祖像」、「五大尊像」(いずれも国宝)もあり、未調査の古文書は5万点以上といわれ、これらの寺宝の中から折々のテーマに沿った展観を春秋2回行っている。

【正式名称】
東寺宝物館(とうじほうもつかん)
【住所】
南区九条町1
【電話番号】
075-691-3325
【FAX】
075-662-0250
地図表示
交通案内 近鉄電車 東寺駅下車 徒歩約10分/市バス 東寺東門前下車すぐ/JR京都駅下車 徒歩約15分
駐車場情報 自家用車50台分 2時間600円
※毎月21日は使用できません
車椅子による見学 不可
見学所要時間 約30分
休日・休館 11月26日~3月19日 
5月26日~9月19日
料金     一般 団体割引 障害者      (30人以上) 割引
大人  500円 400円  300円
大学生 500円 400円  300円
高校生 500円 400円  300円
中学生 300円 240円  100円
小人  300円 240円  100円
6歳以下無料
備考 拝観時間:9:00~17:00
(16:30受付終了)

観光ルート情報

世界遺産を巡るコース 親鸞によって開かれた浄土真宗本願寺派の本山、西本願寺。広大な境内には国宝や重文の伽藍が建ち並び圧巻。京都のシンボルであり、日本最古の五重塔のある東寺は、弘法大師ゆかりの寺院。ま...
五重塔と密教美術にふれる 創建当時は羅城門をはさみ東に東寺、西に西寺が造られたが、今は空海が真言密教の根本道場とした東寺のみが残る。日本一の高さを誇る五重塔や金堂は全て国宝。弘法大師の命日である毎月21日...
仏像めぐり 吉祥院天満宮は、朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した初の天満宮である。道真のへその緒を埋めたと伝わる塚もある。弘法大師が創建した東寺は、仏像・仏画など密教美術の宝庫。京都のシン...

関連情報

空海 平安初期の僧。日本真言宗の開祖。弘法大師。三筆の一人。讃岐(香川県)生まれ。入唐し、密教を究めて帰国。京都の高雄山寺(現神護寺)に入住、のち高野山を開創。東寺を真言道場とし、庶...
教王護国寺 東寺真言宗の総本山。794年(延暦13)の平安京造営に際し、その2年後、国家鎮護のため羅城門の東に創建。823年(弘仁14)空海(弘法大師)に下賜された。講堂(重文)には大日如来を中心に国...
羅城門 794年(延暦13)に建設した平安京の正門。東西4.5キロ、南北5.3キロの京域中央部の南端に羅城門がそびえ、北端の朱雀門と相対していた。門は正面33メートル、奥行8メートル。二重閣瓦屋根造...
平安京 794年(延暦13)、桓武天皇により長岡京から平安京への遷都が発せられ、新京を東西約4.5キロ、南北約5.2キロのやや南北に長い長方形に区画し、その中央北部に大内裏、その南面中央の朱雀門か...

周辺情報

粟嶋堂(宗徳寺)  当堂は、西山浄土宗に属する宗徳寺の一堂で、堂内に粟嶋明神を祀ることから粟嶋堂の名で知られている。

 寺伝によれば、応永年間(1394~1428)南慶和尚が紀伊国(和歌山県)淡嶋か...
教王護国寺(東寺)  真言宗の総本山である。平安京遷都とともに延暦15年(796)羅城門の東に左京、東国の鎮護のため建てられたのが当寺の起りで、弘仁14年(822)空海(弘法大師)に下賜され、名を教王...
大通寺(遍照心院)  清和天皇の第6皇子貞純親王の御子、六孫王経基(ろくそんのうつねもと)の子満仲(みつなか)が父の墓所に一宇を建立したのが大通寺の起こりといわれる。その後、260余年を経た貞応(...
六孫王神社   この神社は清和源氏(せいわげんじ)の祖と仰がれる六孫王源経基(みなもとのつねもと)を祀っている。神社の伝えでは、この地は経基の邸宅のあった場所で、その子源満仲(みつなか)が応和年...
綜芸種智院跡  綜芸種智院は、「空海(くうかい)(弘法大師(こうぼうだいし))」が天長5年(828)に創設したもので、平安初期の私立学校として注目される。  当時の大学・国学(国立学校)への...
観智院  教王護国寺(東寺)の塔頭(たっちゅう)(小院)の第一で、別格本山である。延慶元年(1308)後宇多法皇が東寺西院に3年間参籠され、21院を建立されたうちの一つで杲宝(ごうほう)を開基...
教王護国寺 東寺真言宗の総本山。794年(延暦13)の平安京造営に際し、その2年後、国家鎮護のため羅城門の東に創建。823年(弘仁14)空海(弘法大師)に下賜された。講堂(重文)には大日如来を中心に国...
三弘法詣 正月3日、弘法大師と最もゆかりの深い南区の東寺(教王護国寺)右京区御室の仁和寺、北区西賀茂の神光院の3ヵ所を巡拝する風習。無病息災を祈る。四国八十八ヵ所霊場巡りに行く人が、事前や...
終い弘法 12月21日、東寺。1年最後の弘法さんの縁日。縁日は毎月21日に催されるが、特にこの日は正月用品を売る店や葉ボタン、松竹梅の鉢植えなどを買い求める人々でにぎわう。
初弘法 1月21日、東寺。弘法大師(空海)の命日が21日。東寺境内一帯で大きな縁日が開かれる。植木、食べ物、衣類、こっとう品、古道具など1,000以上の露店が並ぶ。なお、弘法市は毎月21日に開かれる。
宗徳寺 宗徳寺は応永年間(1394~1428)、行阿上人によって創建された西山浄土宗の寺であるが、宝徳年間(1449~1452)、南慶和尚が紀伊より淡島神を勧請し、境内に粟神明神を祀った(粟嶋堂)。「...
大通寺 源実朝の夫人・本覚尼が夫の菩提を弔うために建立。北条政子も寺領を寄進し、足利氏も源氏ゆかりの寺として保護につとめ、豊臣、徳川氏もこれらにならったという。現在、本堂に本尊宝冠釈迦...
六孫王神社 清和天皇の孫、六孫王源経基を祭る。経基の子満仲が邸宅跡に霊廟を建て六の宮と称したのが起こり。その後源実朝夫人がここに寺を建て、その鎮守社となった。本殿の背後に経基の墓石があり、...
弘法大師降誕会 6月15日、東寺。大師堂にて弘法大師の稚子像をまつり甘茶が献じられる。境内では幼稚園児たちが参加する音楽法要などがある。市バス/東寺東門前、徒歩すぐ。問合先:東寺075-691-3325。
後七日御修法 1月8日~1月14日、東寺。真言宗の宗祖・弘法大師が、五穀豊穣、国家安泰などを願ってはじめた新年の祈祷。勅使が、天皇の御衣を納めた唐櫃をその年の大阿闍梨に渡す「御衣伝達式」を行なった...
観智院 東寺真言宗。東寺塔頭・別格本山。開山は杲宝僧正。1308年(延慶1)東寺に帰依した後宇多法皇が、西院に参籠中、二十一ヶ院の建立を予定されたうちの一つと伝える。代々学僧をもって住持とし、...
小子房 東寺境内にあり。鎌倉時代、後宇多天皇が真言密教の修行道場として建てた庵。建武年間(1334~1338)には北朝の光厳上皇がここで政務を執り行った。現在の建物は昭和8年の再建。水墨画の襖絵は...
万燈会法要・盆踊り 8月15日、東寺。法要の後には江州音頭の音頭とり4~5名の囃子に合わせて近隣を中心に多くの人が訪れる盆踊りが行なわれる。市バス/東寺東門前、徒歩すぐ。問合先:東寺075-691-3325。見学自...
例祭・宝永祭 体育の日、六孫王神社。氏子の安泰を祈る祭り。5代将軍綱吉が神社を再興して宝永4年に行った盛大な祭を今に受け継ぐ。神幸祭が営まれた後、神幸列では四方向を表わす赤・青・白・黒の面を着...
綜芸種智院跡 空海が庶民の教育施設として828年(天長5)現南区西九条の藤原三守の九条邸に開校。大学・国学に入れない者のために儒書・仏書を講義した。835年(承和2)空海没後は後継者なく衰退し廃止。...
宗徳寺 石造弥陀板碑 西山浄土宗。応永年間(1394-1428)に行阿上人によって創建された寺院。後に宝徳年間(1449-1452)南慶和尚が紀伊より粟嶋明神を勧請した。古来より、婦人病、安産子授けに効験がある。近年...
教王護国寺庭園 弘法大師ゆかりの寺、教王護国寺(東寺)にある庭園。国宝五重塔の北に池泉廻遊式の瓢箪池があり、初夏には宝蔵廻りには蓮の花が水面に映えて目にも鮮やかである。
梅小路公園 梅小路公園は、市街地の中心にあって緑と花で人が憩える空間として,また災害時には市民の皆さんが避難できる場所として、平成7年4月に開園した面積約13.7ヘクタールの都市公園です。公園内...
東寺洛南会館 ・室数29室(和室29室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込) バス付個人  15,750円~*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフシーズン、平日・休前日などに...