物集女街道

内容概要

西京区樫原から向日市鶏冠井町付近まで南北に通じる道。現在の府道西京・高槻線。道名は物集女集落を通ることによる。物集女町までの道路は南北の条里地割線を踏襲し、樫原には畔ノ海道の字名が残る。街道沿いに物集女車塚古墳などがある。

【正式名称】
物集女街道(もずめかいどう)
地図表示

周辺情報

樫原廃寺跡 古代寺院の遺跡。1967年(昭和42)宅地造成に際し発掘調査を行った結果その遺構がわかる。寺名不詳で土地名を冠し樫原廃寺とよぶ。遺構の中心は八角形の瓦積基壇をもつ塔。四天王寺式伽藍で...