壬生京極会商店街

内容概要

壬生狂言や新撰組で有名な、壬生寺の西方に位置にし、周辺は京友禅の中心的産地で、大正~昭和20年代頃までは、歓楽地として栄える。
 その後、近隣型商店街へと変化。昭和42年隣接する西新道商店街と協同事業に取り組む。
近年は「カタログ外商」ICカードによる「エプロンカード」「FAXネット」等の事業実施。

【正式名称】
壬生京極会商店街(みぶきょうごくかいしょうてんがい)
【住所】
中京区仏光寺通中新道~千本通・中新道通上ル下ル
地図表示
交通案内 市バス四条坊城下車徒歩5分 
京福電鉄嵐山線四条大宮徒歩10分
阪急四条大宮徒歩10分
JR嵯峨野線丹波口徒歩5分

関連情報

壬生寺 律宗の寺。延命地蔵菩薩が本尊。991年(正暦2)三井寺の僧快賢が創建。中興の祖・円覚上人が悪疫駆除のため壬生狂言を始めたことから地蔵信仰が盛んになった。新選組隊士の墓所(壬生塚)があ...
京友禅
京友禅 白生地に、花鳥風月などの模様を染め上げる京友禅。その華やかさは京友禅の大きな特徴です。手描友禅と型友禅に大別されますが、手描友禅は、江戸時代中期(17世紀後半)に京都の宮崎友禅斉...
狂言 もとは能会で、能と能の間に演じられた芸能で、笑いの要素が洗練された鎌倉・室町時代のせりふ劇。例外として京都の壬生狂言などの無言劇もある。江戸初期に大蔵流・鷺流・和泉流が確立。明...
壬生 中京区の西南部一帯の地域の名。古くからわき水が多く、水生(みぶ)と書かれたことも。昔は京都近郊の農村地帯で、江戸期には壬生菜の産地として知られた。壬生狂言で有名な壬生寺もここに...

周辺情報

新撰組発祥の地跡  ここは、幕末の頃、京都の浪士取締りや治安維持に活躍した新選組の宿所があったところである。

 文久3年(1863)春、将軍家茂の上洛警護のため、清河八郎(きよかわはちろう)の率...
梛神社(元祇園社) 素戔鳴尊(すさのおのみこと)を主神とし、宇賀御魂命(うがのみたまのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)、誉田別尊(ほんだわけのみこと)などを配祀する。

 貞観(じょうがん)1...
壬生寺  鑑真和上ゆかりの律宗・壬生寺は、正暦2年(991)創建された。本尊の延命地蔵菩薩(重要文化財)をはじめとする多数の地蔵菩薩を祀っている。古来よりの地蔵信仰とともに、厄除・開運...
壬生狂言 4月29日~5月5日、壬生寺。正式名称は壬生大念仏狂言と呼ばれる。重要無形民俗文化財。わが国でも珍しい仏教パントマイムで700年の歴史を持つ京の代表的民俗芸能。30番の演目があり、毎日5番...
元祇園 梛神社 スサノオノミコトほかを祭り疫病除けの神で知られる。貞観年間、京の悪疫退治のため祭神を東山八坂に祭る前いったんこの地の梛の森に神霊を仮祭祀したのが起こり。このため元祇園とも。祇園...
壬生寺 律宗の寺。延命地蔵菩薩が本尊。991年(正暦2)三井寺の僧快賢が創建。中興の祖・円覚上人が悪疫駆除のため壬生狂言を始めたことから地蔵信仰が盛んになった。新選組隊士の墓所(壬生塚)があ...
中堂寺六斎念仏<壬生寺> 8月16日、壬生寺にて開催される。8月9日から16日まで催される壬生寺うら盆会の精霊送りの行事として行なわれる。20:30~21:30。市バス/壬生寺道、徒歩3分。問合先:壬生寺075-841-3381。見...
氏神祭 5月第3日曜、梛神社(元祇園)。貞観年間(859~877)、都に疫病が大流行した際、播磨国広峰の元祇園社から牛頭天王を勧請し、当地に祀り、のち八坂神社に移したことにちなみ「元祇園」とも...
壬生六斎念仏 8月9日、壬生寺にて開催される。壬生六斎念仏は芸能色の強い空也堂系の踊り念仏で、鉦、太鼓、笛の囃子にあわせて踊る。また、獅子舞などの芸もある。20時から21時まで。市バス/壬生寺道、徒...
新撰組遺跡 1863年(文久3)3月、新撰組は、初め中京区壬生に今も残る八木家を芹沢鴨や近藤勇ら13人の宿舎とした。新撰組発祥の地・壬生屯所。2年後の4月、壬生から下京区の西本願寺集会所に移り、1865...
朱雀院跡 平安時代寝殿造りの代表的な宮殿。はじめ嵯峨天皇の離宮の一つ、のち宇多天皇が後院として使用、その後朱雀天皇も譲位後ここを御所に。950年(天暦4)焼失。中京区四条消防出張所前に「朱雀...
西新道錦会商店街振興組合 明治から大正にかけて現在の街区が形成される。友禅を中心に発展してきた街。食料品を中心に地域に密着した商店街。全国的にも有名なエプロンカード事業等、地域密着事業を年間30項目程展開...