朱雀松尾總神社

内容概要

松尾大社の神輿が還幸祭の巡幸途中に立ち寄られる社。

【正式名称】
朱雀松尾總神社(すじゃくまつおそうじんじゃ)
【住所】
下京区朱雀裏畑町40
地図表示
交通案内 ○JR嵯峨野線
丹波口駅 徒歩15分
駐車場情報 なし
見学所要時間 約10分
備考 問合せ先:075-871-5016(松尾大社)

周辺情報

島原  豊臣秀吉が京都を再興するに当たり、二条柳馬場に柳町の花街を公許したが、これが後に六条坊門(現在の東本願寺の北側)に移され、六条三筋町として栄えた。その後、京の町の発展に伴い、寛...
六孫王神社   この神社は清和源氏(せいわげんじ)の祖と仰がれる六孫王源経基(みなもとのつねもと)を祀っている。神社の伝えでは、この地は経基の邸宅のあった場所で、その子源満仲(みつなか)が応和年...
角屋  島原は、我国最初の廓で、当初は二条柳馬場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永18年(1641)にこの地に移された。急な移転騒動が、当時の九州で起こった島原の乱に似てい...
六孫王神社 清和天皇の孫、六孫王源経基を祭る。経基の子満仲が邸宅跡に霊廟を建て六の宮と称したのが起こり。その後源実朝夫人がここに寺を建て、その鎮守社となった。本殿の背後に経基の墓石があり、...
綱敷行衛天満宮 もともとこのあたりにあった「綱敷天満宮」と西にあった「行衛天満宮」が合併され「綱敷行衛天満宮」と呼ぶようになりました。「綱敷天満宮」は道真が筑紫に左遷され博多仁上陸されたとき船...
西蓮寺 時宗。松尾山。939年(天慶2)空也上人が、市で布教し、また、松尾の神に法施したことから、松尾大社西七条御旅所社頭の地に創建したと伝えられる。本尊地蔵菩薩。住職は西蓮寺創建以後御旅...
松尾大社西七条御旅所 御祭神は松尾大神。松尾祭の神輿の御旅所。平安時代末期の史料にすでに記されているが、創建の詳細は不明。江戸時代までは二百余石の朱印地が与えられていたという。かつては西七条地区に三...
例祭・宝永祭 体育の日、六孫王神社。氏子の安泰を祈る祭り。5代将軍綱吉が神社を再興して宝永4年に行った盛大な祭を今に受け継ぐ。神幸祭が営まれた後、神幸列では四方向を表わす赤・青・白・黒の面を着...
七本松通 京都市街地西部の南北路。北は寺之内通から南は十条通までだが、JR線で中断。通りに1株から7本に分かれる松があり、通り名になったという。南部は平安京の皇嘉門大路に当たる。第2次大戦末に...
角屋もてなしの文化美術館  角屋は島原開設当初の寛永18年(1641)から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定...
京都鉄道博物館 伝統を重んじながらも常に革新を続ける京都の地に平成28年4月に開業した「京都鉄道博物館」では、「地域と歩む鉄道文化拠点」をコンセプトとし、JR西日本現役社員が鉄道のの魅力を全力でお伝...
島原大門 わが国最古の公許遊廊島原の正門で、花屋町通にある。一間幅、本瓦ぶき、切妻の高麗門。門内は通りの左右に格子造りの古い揚屋、置屋が整然と並んでいたという。門前に通称「出口の柳」「さ...
梅小路公園 梅小路公園は、市街地の中心にあって緑と花で人が憩える空間として,また災害時には市民の皆さんが避難できる場所として、平成7年4月に開園した面積約13.7ヘクタールの都市公園です。公園内...
七条中央サービス会 丹波街道沿いに発展、戦後まもなく七栄会を結成。その後、立地条件などにより分かれた商店街の一つ。昭和36年、全国に先駆けて京都中央卸売り市場ができ、生鮮食品を扱う商店が増えた。新...
湯の宿 松栄 ・室数34室(和室34室)・宿泊料金(1泊2食・税込・サービス料込) バス付  最低13,000円~最高20,000円 (1人当たり)*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理、人数、シーズン・オフ...
きんせ旅館 ・一日一組限定(10名以上は要相談)・20,000円/2名(1名追加ごとに+5,000円)・食事はオプション・曜日、シーズンによって価格に変動があります。
京・朱雀 すし市場 ◎中央市場仕入ネタの回転すし(にぎり他・セットメニュー・一品お勧めメニュー)○ランチ限定  まぐろ三昧鉄火丼・まるごと海の幸ちらし○セットメニュー 1200円~  コースメニュー 3000円...
平成29年 春季企画展 「角屋の障子と明かり展」 約300年を経ても斬新さを失わない角屋オリジナルの障子と燭台などの照明器具からもてなす、座敷の明るさと雅趣を味わいください。