円覚寺

内容概要

浄土宗の寺院で、山号は粟田山。本尊薬師如来。平安時代に水尾山寺のあった地。清和天皇は譲位後の元慶4年(880)3月、水尾山寺に入寺、終焉の地と定め仏堂の造営に着手したが、ほどなく病のため洛東粟田の円覚寺へ移り、同年12月4日同寺にて崩御。円覚寺は応永27年(1420)に焼失し、天皇と因縁のある水尾山寺に移され、寺号を併称するうち、円覚寺の名のみが残った。

<水尾自治会バス/250円/木祝運休>
●JR保津峡駅→水尾 8:10、9:10、14:25、16:10、18:00
●水尾→JR保津峡駅 7:45、8:45、14:00、15:40、17:45
運行定休日:木曜日・祝日

【正式名称】
円覚寺(えんかくじ)
【住所】
右京区嵯峨水尾宮ノ脇町58
【電話番号】
075-861-2795
地図表示
交通案内 ○JR嵯峨野線
保津峡駅より4km/徒歩約1時間
又は保津峡駅から水尾自治会バスで水尾下車 徒歩3分
駐車場情報 自治会バス停にあり
町内入口に、自治会駐車場有(1回500円)
車椅子による見学 不可
備考 ・本尊薬師如来は秘仏のため50年に一回御開帳、非公開。
・留守の際は参拝不可。

周辺情報

清和天皇社 清和天皇(八五〇~八八〇・平安時代前期)は文徳天皇の第四皇子で、わずか九歳で即位した。二十七歳のときに、子の陽成天皇(九歳)に譲位し、三十歳で出家した後、仏道修行のため近畿各地...
円覚寺 粟田山と号する浄土宗の寺である。 円覚寺は、もと鴨川の東にあった粟田山荘(現在の平安神宮あたり)内にあり、しばらく清和上皇が住み、亡くなった寺である。室町時代の応永二十七年(一四...