大歳神社

内容概要

創建養老2年(718)と伝えられ、式内社である。
大歳神 相殿に石作神、豊玉姫を祀ってある。
大歳神は農耕生産厄除を司る神である。
石作神は代々石棺を造っていた豪族の祖神であり、垂仁天皇の后、日葉昨姫おかくれの時石棺を献上し、石作大連公の姓を賜った。
昭和49年愛知県岡崎市石工団地神社に分神する。
例祭は10月21日であるが、10月第3日曜日を氏子祭と定め、江戸中期より引き続き金剛流家元による奉納舞あり。
境内は栢の森と称し、杜を栢の杜とも云う。
平成7年京都市の史蹟となる。

拝観自由

※問合せは長岡天満宮です。TEL 075-951-1025

【正式名称】
大歳神社(おおとしじんじゃ)
【住所】
京都市西京区大原野灰方町575
【電話番号】
075-951-1025
【FAX】
075-951-2859
地図表示
交通案内 JR「向日町」駅、阪急「東向日」駅より阪急バスに乗り「灰方」で下車、徒歩5~7分
駐車場情報 観光バス 不可(短時間路駐可)
普通車  10台
車椅子による見学 正面より入れる
見学所要時間 約10分
料金 無料
予約方法 不要
備考 駐車必要の場合は連絡を。