吉祥院天満宮(吉祥院の天神さん)

内容概要

朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した初の天満宮。また遺唐使だった道真の祖父が船で唐へ向かう途中、海上で霊験を得たという吉祥天女を帰国後自ら刻みまつったのがはじまりといわれている。本殿、舞楽殿のほか吉祥天女堂がある。春季大祭の4月25日・夏季大祭の8月25日には六斎念仏が奉納される。
建立:934(承平4)年

【正式名称】
吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)
【通称名称】
吉祥院の天神さん(きっしょういんのてんじんさん)
【住所】
南区吉祥院政所町3(西大路十条西入ル北)
【電話番号】
075-691-5303
【FAX】
075-691-2205
地図表示
交通案内 JR 西大路駅下車 徒歩約15分 市バス 吉祥院天満宮前下車 徒歩約3分
駐車場情報 広場にバス、自家用車可。
車椅子による見学
見学所要時間 約15分
休日・休館 無休
予約方法 不要
備考 自由拝観

観光ルート情報

南区の史跡を訪ねて  JR京都駅の近辺で、南の方には観光施設がないと考えられがちであるが、案外そうではない。平安京の玄関口とも言うべき羅城門のあった辺りには古い時代のものが多い。京都駅から南西へ10分...
仏像めぐり 吉祥院天満宮は、朱雀天皇が菅原道真を尊崇して勅祀した初の天満宮である。道真のへその緒を埋めたと伝わる塚もある。弘法大師が創建した東寺は、仏像・仏画など密教美術の宝庫。京都のシン...
京の十四社朱印めぐり 熊野神社-岡崎神社-熊野若王寺神社-粟田神社-豊国神社-新熊野神社-藤森神社-御香宮-吉祥院天満宮-六孫王神社-市比売神社-わら天神宮-春日神社-長岡天満宮昭和51年にスタート。...
西大路七社めぐり (安産)わら天神宮-(開運)平野神社-(延命長寿)熊野神社衣笠分社-(建築方除)大将軍八神社-(厄除)春日神社-(開運)若一神社-(知恵・学問)吉祥院天満宮西大路通の両側にある...
菅原道真ゆかりの地をたどる 北野天満宮-菅原院天満宮(菅公御初湯の井)-菅大臣神社(白梅殿)-北菅大臣神社(紅梅殿)-鴻臚館跡-吉祥院天満宮(菅公胞衣塚)菅原道真のたたりを鎮めるために建てられた北野天満宮...

周辺情報

吉祥院天満宮  祭神として菅原道真を祀り、洛陽天満宮25社の一つに数えられている。

 社伝によれば、道真の祖父清公(きよきみ)が、邸内に一宇を建立し、吉祥院と名付けて菅原家の氏寺としたのが、...
吉祥院六斎念仏 8月25日午後8時、吉祥院天満宮(約1時間)。鉦(かね)や笛に合わせて太鼓の曲打ちや獅子舞を演じる。(4月25日春季大祭日にも同様な奉納がございます。)発願に始まり、つゝて、お月さん、...
春季大祭<吉祥院天満宮> 4月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、神楽「浦安の舞」が奉納される。前祭りとして25日の前の土曜日の昼過ぎからは(4月22日)子供神輿の巡行がある。午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれ...
三善院 菅原道真御帰依の十一面観世音菩薩安置。平安時代の文章博士三善朝臣清行卿が創建した寺。清行の八男浄蔵貴所が初代住職である。平成14年に二年掛けて改築し、浄土の楽土即ち佛の三千世界・...
夏季大祭<吉祥院天満宮> 8月25日、吉祥院天満宮。本殿神事の中で、巫女舞「豊栄の舞」が奉納される。地域の小中学の図画展が終日催され、午後8時から吉祥院六斎念仏が行なわれる。昼頃から午後9時すぎまで露店が立ち...
西国街道 南区四ツ塚町の東寺口から西へ向かい、唐橋川久保町で九条通と分かれ南西にとり久世橋、向日市の中心街、長岡京市神足、大山崎を経て西国へ向かう古道。長岡宮と平安京羅城門を結ぶ道筋のた...
手づくり工房 京都屋 漆器は、日本の伝統工芸の中で、唯一japanと云われています。加飾の職人さんと同様の作業工程で「加飾」を体験していただきます。体験を始める前に、「漆器について」の話をさせて頂きますの...