カテゴリー一覧

カテゴリー:寺院・神社一覧へ

清水寺

北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽...

伏見稲荷大社

ご鎮座は和銅4年(711)とされ、全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。古くは食物・蚕桑あるいは諸願成就の神、中世から近世にかけて商業神・屋敷神へと...

慈照寺

臨済宗相国寺派。1482年(文明14)足利義政が営んだ山荘東山殿を寺に改めた。1489年(延徳元3)に上棟した銀閣(国宝)は宝形造り二層の楼閣。上層は潮音閣。...

カテゴリー:観光施設一覧へ

元離宮二条城

1603年(慶長8)徳川家康が造営、3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。東西約500メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。1...

哲学の道

東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけっ...

渡月橋

右京区の史跡名勝嵐山にあり大堰川(桂川)に架かる橋。承和年間(834-48)僧道昌が架橋したのが最初。京福電車嵐山200メートル。

カテゴリー:年間行事一覧へ

壬生狂言

4月29日~5月5日、壬生寺。正式名称は壬生大念仏狂言と呼ばれる。重要無形民俗文化財。わが国でも珍しい仏教パントマイムで700年の歴史を持つ京の代表的民俗...

流鏑馬神事

5月3日、下鴨神社。葵祭(5月15日)の前の儀式として最初に行われる古式神事。武官束帯姿(ぶかんそくたいすがた)の射手が馬を馳せながら3ヵ所の菱形の的を...

曲水の宴

毎年4月29日と11月3日に、神苑・楽水苑内の平安の庭で催される王朝時代を偲ばせる雅やかな行事。琴の音色の中、平安時代の装束を身につけた数人の歌人が庭園...

カテゴリー:食事・宿泊・買い物一覧へ

京都錦市場商店街振興組合

天正年間(約400年前)開設されたといわれ、江戸時代魚問屋「錦之店」として栄えた所。現在は錦小路通の寺町から高倉まで東西約400メートルに130軒余の店が並...

竜馬通り商店街振興組合

坂本竜馬であまりにも有名な寺田屋のすぐ東に蓬莱橋がある。この橋の北詰から北上する幅約3メートル程の通りが竜馬通り商店街である。竜馬の経済人としての...

京都三条会商店街振興組合

大正3年に油小路~大宮間の72店舗で発足、その後大宮より西へ店が広がり千本までを範囲とするようになる。千本三条には丹波からの鉄道や水運を使って物資が...

カテゴリー:文化・歴史・自然一覧へ

嵐山

右京区と西京区にまたがり、渡月橋の西にそびえる山。標高381.5メートル。国の史跡名勝。古くから嵐山は歌枕として多くの歌に詠まれているように、春は桜、秋...

広隆寺 木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)

広隆寺にある飛鳥時代作の国宝彫刻。創建当時の本尊と伝えられる。国宝第1号。赤松の一木造で高さ約124cm。右足を左膝に乗せ、右手をそっと頬に当てて思...

本能寺跡

織田信長が明智光秀に襲われ自害・焼失した本能寺は現在地の寺町御池ではなく、1582年(天正10)ごろは堀川四条の近くにあり寺域は東西150メートル、南北300...

カテゴリー:駒札一覧へ

将軍塚

 将軍塚は、8世紀の末、桓武(かんむ)天皇が平安京造営に際し、王城鎮護のため、高さ8尺(約2.5メートル)の土の人形に甲冑(かっちゅう)を着せ、弓...

妙光寺

 妙光寺花山院師(かさのいんもろ)継(つぐ)が長子忠(ただ)季(とし)の夭折を悼み、別業を寺となし、弘安8年(1285)法(ほっ)燈(とう)国師(こくし)を開山...

吉祥院天満宮

 祭神として菅原道真を祀り、洛陽天満宮25社の一つに数えられている。  社伝によれば、道真の祖父清公(きよきみ)が、邸内に一宇を建立し、吉祥院と名...

カテゴリー:観光ルート一覧へ

鞍馬から貴船へ

鞍馬は鞍馬寺の門前町として、また丹波若狭との交通の要衝として古くから開けた所であり、昔ながらのたたずまいを残す町並みには、名物木の芽煮を煮しめる香...

大原から古知谷へ

大原は比叡山麓下の大原川の流域に開けた山間集落であるが、古来風光明媚の地として隠棲者の心をいやすにふさわしい里でもあった。その後、近世における大原...

哲学の道を南に下る寺社巡りコースA

慈照寺(銀閣寺)から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。