観光ルート:世阿弥ゆかりの地をたどる(ぜあみゆかりのちをたどる)

内容概要

醍醐寺(清瀧宮、三宝院)-今熊野神社-観世稲荷-金閣寺
前半生の華々しい活躍と後半生の重なる悲劇。醍醐寺はその両方をしのぶことのできる場所である。今熊野神社は将軍義満との出会いの場所。観世稲荷は観世屋敷跡であり、有名な観世水の井戸がある。義満に寵愛された世阿弥は金閣寺でもしばしば能を演じた。70歳を過ぎて佐渡に配流された世阿弥が京の都に戻れたかどうかは不明である。
所要時間約5時間。

観光ルート路線リスト

醍醐寺

  

  

  

金閣寺(鹿苑寺)