観光ルート:小野小町ゆかりの地をたどる(おののこまちゆかりのちをたどる)

内容概要

下御霊神社-補陀洛寺(小町寺)-随心院
下御霊神社には安部清行との逸話が伝わる。補陀洛寺は小野小町臨終の地といわれ、姿見の井戸、小町老衰像などがある。随心院は深草少将の百夜通いの舞台である。境内には晩年の落ちぶれた小町が卒塔婆に座っている姿の木像やラブレター千束を埋めたという文塚や化粧橋が、また近くの小川沿いにはゆかりの榧(かや)の木がある。
所要時間約6時間。

観光ルート路線リスト