観光ルート:出雲阿国ゆかりの地をたどる(いずものおくにゆかりのちをたどる)

内容概要

四条河原-北野天満宮-大徳寺高桐院
四条河原は慶長8年、出雲の阿国率いる一団が現在の歌舞伎のルーツといわれる踊りをおこなったところ。歌舞伎の殿堂、南座の西面にはその発祥を伝える石碑が建つ。阿国一座はその後、北野天満宮に定舞台を設けて興業した。境内には阿国のパトロンともいわれた松梅院禅昌の燈籠が見られる。大徳寺高桐院には阿国とその恋人の墓がある。
所要時間約3時間。

観光ルート路線リスト

  

北野天満宮