観光ルート:大田垣蓮月ゆかりの地をたどる(おおたがきれんげつゆかりのちをたどる)

内容概要

 知恩院ー神光院(蓮月庵)
 幕末から明治初期にかけての女流歌人である蓮月は、京都に生まれた。結婚したが、夫、子と死別し、出家して知恩院山内真葛庵に住む。その後、京都各地を転々とし、晩年、西賀茂神光院茶所に移り住み、85歳の生涯をこの地で終えた。蓮月のやきものは自詠の歌を彫り付け、蓮月焼と呼ばれて流行した。
 所要時間約3時間

観光ルート路線リスト