観光ルート:高浜虚子ゆかりの地をたどる(たかはまきょしゆかりのちをたどる)

内容概要

奥嵯峨-高山寺-三千院-勝林院-宝泉院-寂光院-八瀬
小説家を目指したこともある高浜虚子に『時雨をたづねて』という紀行文がある。文字どおり時雨を求めて紅葉の名所を逍遥したもので、洛北大原の里、寂光院に向かう田んぼのあぜ道で出会った時雨に少年のように嬉々とする様が描かれている。大原の里は今もその当時と変わらぬ風情を保っている。
所要時間約8時間。