観光ルート:川端康成ゆかりの地をたどる(かわばたやすなりゆかりのちをたどる)

内容概要

清滝-室町-八坂神社-御旅所-祇園-円山公園
川端康成の小説『古都』に描かれる場所を訪ねるコース。北山杉が美しい清滝は京都市の西の郊外にある閑静な山里。『古都』の碑が立っている。呉服問屋が並ぶ室町は祇園祭を支える山鉾町でもある。川端は「日本のふるさとをたずねるような小説を書きたい」という思いで京都の風物を丹念に織り込んだ小説を完成させた。
所要約5時間。

観光ルート路線リスト

清滝

  

  

  

  

円山公園